台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

玄米茶・そば茶のおすすめ(台湾友人へのおみやげに)

2007年04月24日 | 台湾茶・お茶会のはなし
 近々台湾に出張するたびに、よく兄に頼まれたお買い物がある。それは日本茶だ。でも本人が飲みたいからじゃなくて、義理の姉とそのお姉さんが好きということらしい。姉妹二人でテレビから日本茶の健康効果を知り、最近それにはまったとか。
 
 前回の出張に頼まれたのは、緑茶と玄米茶だった。そして話のネタとして持参したのはそば茶。義理の姉にそば茶を飲ませたら、その甘くて香ばしい香りがたまらなく美味しいという。それが今回のお買い物リストに仲間入りした。
 
 もともと台湾人にとって、同じ緑茶でも釜煎緑茶に慣れているので、日本の蒸した緑茶は青臭くておいしくないと感じる人が多かった。でも最近は日本茶が世界中に進出し、当然日本文化にオープンな台湾でも飲む人がみるみる増えている。

 それでも、やはり玄米茶やそば茶の甘くて香ばしいところが、台湾人のDNA的にいちばん合っているみたい。台湾人の友人に差し上げるおみやげに困っている方は、ぜひ玄米茶とそば茶はいかが?

 ■玄米茶選びのポイント:◎原料:抹茶入りがよりコクがあっておすすめ。成分表示の順が「炒り米、緑茶、抹茶」のものもあるが、「緑茶、炒り米、抹茶」がよいだろう。玄米がやたらに多いものはお茶自体のコクがあまり出ない気がする。◎パッケージの材質:海外に送る場合はなるべく美味しさを長く保ちたいので、アルミ製茶袋のものがいい(厚いほど酸化しにくい)。◎賞味期限:日本茶の賞味期限が半年ほどの短さ、玄米茶も同様。買うときは必ず日付をチェックし、一番新しいものを買いましょう。


 ■そば茶選びのポイント:とにかく鮮度が命。アルミパック包装が一番いいが、市販品の中では見当たらないので、なるべく日付の新しいものを選びましょう。

 最後に注意点一つ。お茶と言っても、玄米茶もそば茶も100%茶葉のものではない。つまり口の中での殺菌力は期待できない。それどころか、飲んだ後にそのまま寝てしまうと虫歯になってしまう。差し上げるときに、ぜひこの一言を添えてください。(「よくご存知ね」といわれますから)


中国語教室のお申込みは台湾人による中国語教室「T-Chinese」
コメント   トラックバック (2)