巨人・ラーメン・相撲と私

人生色々。議論反論も色々。たくさんの投稿お待ちしています。風景写真、競馬予想もやってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

セフコフィールド ~スターバックス~

2007年12月06日 | いいねえ!この風景!
   
   前回紹介したのスコアボードが、左端に小さく写っているのが分かると思いますが、スターバックスって日本でもよく見かけるようになりました。今回はそのスタバのついてふれたいと思います。

   スタバの始まりは、実はこの地シアトルなのです。それだけに「100歩あるけばスタバに当たる」ってぐらいスタバだらけの街です。それゆえ、スタバのコーヒーを飲みながら歩いている人は多数いました。

   さらに私、1号店にも行ってきました。すると、ああビックリ!な、なんとロゴが緑ではなく茶色でした。1号店だけは特別なんですね。ん~これはクイズに出るかもしれませんので、よく覚えておきましょう。
コメント   トラックバック (1)

セーフコフィールド ~スコアボード~

2007年12月02日 | いいねえ!この風景!
   
   スコアボードです。レフトフェンスの上にあります。この裏がブルペンとなっていまして、先発の投手も試合前ここで投げ込んでいました。だからランディージョンソンも目の前で見ることができました。

   さらにシアトルのブルペンを見ると、よく知らない投手が投げていました。しかしその球を受けているのは、あっ・・・なんでいるの?な、なんと城島がマスクをかぶって受けていました。城島がそうしているのか、マリナースの方針なのか分かりませんが、思わぬ事態にかなり驚きました。まさに寝耳にウォーターでした。   

   
コメント (1)

解禁!!セーフコフィールド!

2007年11月26日 | いいねえ!この風景!
   
   イチローが所属するシアトルマリナーズの本拠地です。

   スパイクで踏みつけるのはもったいないくらい見事な天然芝でした。フェンスは怪我防止のため柔らかくできています。この球場まだまだ驚くべき工夫がされています。

   まず第一に、観客席です。普通は規則的に席が並べてありますが、微妙に前後の席がずれているのです。これは設計ミスでこのようになっているのです。って冗談です。その理由はどの席に座ってもホームベースが見えるように工夫されているのです。

   まだあります。1階席の一番上に外周の通路があり、その外側にお店が並んでいます。これは買い物に来たお客が振り向けば試合が見れるようになっています。

   そして最も驚いたのは、観客席の最前列(内野席に限る、)はプラスチックではなく柔らかい素材でできていました。なぜでしょう。VIP用の席だから。ではなく、この球場(メジャー全般)はフェンスが低いので選手が飛び込んでくる可能性がある。そのときの衝撃を和らげるためにこのような工夫がなされているのです。

   う~ん「セーフコフィールド」。なんて選手にも観客にもやさしい球場なんだ。メジャーリーグの中でも指折りの球場だと思います。こんな球場で野球ができたら幸せ者です。

   ちなみのこの日の試合は、対ヤンキース。1打席目のイチローは、先発のランディージョンソンから右中間に二塁打を放つ。このときの打球は今でも鮮明に覚えています。どこまでも伸びていくような、糸を引くような美しいライナーだった。

   なぜ私がグランドにいるのかって?アズマノさんの球場見学ツアーでグランドや球場の中を見学させてもらいました。周りに他の見学ツアーもいましたが、うちと比べて何とも雑な説明がされていました。球場見学するならアズマノインターナショナルを勧めます。説明する人は日本人だし、何よりあのおばちゃんの熱意と愛情がすごかった。

コメント

ナイスブルースカイ!

2007年11月16日 | いいねえ!この風景!
   
   飛行機の中から飛行機をパシャリ!

   
コメント

箱根湯本「あじさい橋」より-part2-

2007年11月10日 | いいねえ!この風景!
   
    今回は下りです。
コメント (1)

箱根湯本「あじさい橋」より

2007年11月05日 | いいねえ!この風景!
   
   早川のせせらぎが聞こえるでしょ?箱根最高!
コメント

WBC日本優勝!

2006年03月22日 | ジャイアンツ愛☆
   やりました。日本、見事勝利の栄冠に輝きました。感無量で言葉が見つかりません。

   今回の勝因は、「勝ちたい」という気持ちと、チームが一つになったことだと思います。また、走力に重点を置いた人選も良かったのではないか。

   例えば、走者に足の速い選手がいるとします。すると投手は打者だけでなく、走者にも気を配らなくてはならない。その効果を改めて認識しました。それがないから巨人は弱いのです。

   また、特にロッテの選手はストライクを振り、ボール球を見送る。当たり前のことですが、そういった基本をしっかり実践していた。そして、追い込まれてからも、簡単にアウトにならない。さらに、初球セーフティーバントの構えをしたり、投手に余計なことを考えさせる。彼らは野球をよく知っているなと、感心させられました。それがないから巨人は弱い。

   せっかく優勝したが、気の毒なことに、間もなくペナントレースが始まります。早く仕上げた分、代表の(特に)投手は8月頃疲れが出るかもしれないが、怪我の無いよう頑張ってほしい。

   また今大会で、パリーグの選手の知名度も上がりました。今後日本の野球人気がもっと出ることを願っています。

   そして、頑張れジャイアンツ!と栃東!
コメント (1)

春場所(九日目を終えて)

2006年03月20日 | 相撲人気復興委員会★
   朝青龍、白鵬が9勝。栃東は早くも2敗。(普天王は7敗)

   今夜のテーマは、「朝青龍の調子の見分け方」です。彼が絶好調の時は、立ち合ってから勝つまでに、相手に何もさせない。言いかえると、相手に絶対に上手を与えずに素早く勝つ。彼はそうやって今まで勝ってきました。彼の長所は、スピードとあの素晴らしい負けん気です。

   九日目までを振り返ってみると、半ばから変わってきました。それは相手に上手を取られながらも勝っています。そう、上手を取られているんです。すなわちスピードのキレが落ちています。初場所もそうでした。

   力士としては大型ではない朝青龍は、まわしを取られると不利になります。まわしを与えると不利になる力士との対戦が、まだまだたくさん残っています。明日の琴光喜戦は分がいいが、琴光喜が左の上手を取ると面白くなる。

   朝青龍のそんな所にも注目してはいかがでしょうか。
コメント

WBC決勝前夜

2006年03月20日 | ジャイアンツ愛☆
   韓国戦は見事に勝ちました。特に上原の投球が良かった。上原の悪い癖である直球がシュートする時もありましたが、それ以上にコントロールが良かった。また、ストライクゾーンを広く使った里崎のリードも良かった。
   
   福留が打った韓国の投手が出てきた時、私は「こんなにキレのある球打てるかよ!」と思いましたが、福留が打ってくれました。気持ちで打った本塁打でした。

   さて、明日はキューバ戦。派手なイメージがありますが、意外と日本的なつないで一点ずつ積み重ね、守り勝つ野球をするそうです。キューバは、一発勝負のトーナメント戦の経験が豊富なので、大振りするよりも、ランナーを進塁させ、一点ずつとってくると思います。

   また、日本の野球は国際大会よりも国内リーグが中心ですが、キューバは国際大会で優勝することが一番の目標で、国内リーグは「半分国際大会の練習」のようなものだそうです。日本もその気迫に負けないで優勝して貰いたい。

   先発は松坂です。メキシコ戦は素晴らしかった。あの調子ならそう簡単には打たれません。七回まで2点以内に抑え、好調藪田‐大塚とつないでほしい。

   また、キューバの投手もかなりの腕前と言われています。ランナーが出た時には、バントや盗塁やエンドランをニオわせて、相手投手の気を散らし、打者に集中させないイヤらしく日本らしい野球をやってもらいたい。

   前に日本のキーマンは、西岡と川崎と書きました。明日ももちろんそうですが、明日の投手は考えられないようなキレのある球を投げてくると思います。そんな時に頼れる男と言えばこの人、イチローです。相手のレベルが高くなればなるほど、燃える。韓国戦のように3番にイチローを置き、ランナーの西岡あたりがちょこちょこプレッシャーーをかけ、甘く入ったボールをイチローがとらえる。そんな様子が目に浮かびます。

   それから、キューバの選手や戦い方も見所です。楽しみ。頑張れ日本!
コメント

WBC(日本対メキシコ)

2006年03月15日 | ジャイアンツ愛☆
   先程終わりました。スコアは6-1。内容も非常に良かった。素晴らしい試合でした。

   松坂は、台湾戦では不安の残る内容でしたが、さすが日本のエース、問題なく仕上げてきました。そして今日は、直球のキレ・コントロール共に良かった。チェンジアップが右に抜ける場面もありましたが、高速スライダーのキレも良く、安心して見ることが出来ました。

   また、私が米国戦で指摘した「捕手のリード」も、非常に良かった。本日も外角低め中心の組み立てだったが、ストライクゾーンを広く使い、内角高めにもたくさん要求していました。無難なリードの谷繁より、強気のリードの里崎の方がいいと思います。

   守備では素晴らしいリードで1失点に抑え、攻撃でも相手に大きなダメージを与えるツーラン本塁打を打った「里崎」に、3泊5日ニューヨークヤンキース観戦ツアー旅行招待券でもプレゼントしたいぐらいです。しかも、本塁打をはなった打席の初球は、セーフテーバントの構えをしていました。相手に余計なことを考えさせる、ゆさぶる野球がとてもいい。里崎といい、西岡といい、ロッテの選手は素晴らしい。野球を知っている。バレンタイン監督にどういう事を教わっているのか、非常に興味深い。

   それから、あのスタジアムは右中間のフェンスがとても高い為、左打者には不利と言われています。あそこに放り込んだ里崎のパワーも素晴らしい。右なのに。

   全員の力でつかんだ勝利なので、褒めたい選手はたくさんいますが、今日はこの辺で失礼します。

   頑張れ日本!
コメント (1)