「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

素敵によみがえりました

2019年01月07日 | 日記

「記念に頂いた器を割ってしまったんです。どうにかなりますか。」
そう言われてお預かりした器がきれいによみがえりました。
出産祝いのプレゼントということですから、なおさら大切なものですね。

直したのは私ではありません。
社中の金繕いを楽しまれている方にお願いしたのです。
割れ方が不幸中の幸いだったというか、
絵になるちょうどよい継ぎあとですね。

早速依頼主にご連絡しました。
手に取って喜ばれる姿が目に浮かびます。

 

ところで私の膝は、金継ぎのようにはうまく運ばず、
一進一退ですが、薄紙をはぐように良くなっているような気もします。

土・日と初稽古をしましたが、失礼して椅子に座ってさせていただきました。
おかげさまで、気持ちもまぎれ、痛みを忘れる時間も。
普段はどうしても私も動いてしまうので、
何でもお稽古の皆さんにお願いしてみて分かったことは、
自分はやりすぎていたということです。
皆さんには私が動かないほうがずっと勉強になり、
いろいろなことが身に着くとわかっているのですが、改めて納得です。
私自身は運動と思って動いているのですが。
すっかり味を占めて、今後はこの方針で行こうとおもいましたよ。

治療のアドバイスも、いろいろと頂き、
とてもありがたかったです。

今日から本格的に仕事始めの方もいらっしゃるでしょうね。
平成最後の年の、皆さんの滑り出しはいかがでしょうか。


ジャンル:
きいてきいて
この記事についてブログを書く
« 穏やかな三が日でしたが・・・ | トップ | おもいがかのう »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事