おみつ便り

ガーデニング.手芸.料理.日常感じたことなど

テーブルクロス&センター

2017-05-01 05:52:21 | 刺繍
春をイメージしたテーブルセンターとテーブルクロスです。

眼鏡を必要としない40代の頃に作ったものです。今となっては、よくこんな手の込んだ作品を作ったと思います。刺繍に対して、極めたい気持ちと根気と時間がこれらを作らせたのでしょう。

115cmx56cmのテーブルセンターです。刺繍のあらゆる技法を取り入れています。横の両サイドは三本の刺繍糸でレース編みをしてあります。





180cmx130cmのテーブルクロスです。パステルカラーで春をイメージしています。縁はレースで囲っています。






いずれの作品も完成まで半年を要しました。

コメント

手作り服に刺繍

2017-04-24 01:15:03 | 刺繍
手作りの服に刺繍を施した作品をご覧いただきます。

自分で作ると、製作過程で刺繍を思いの箇所に入れることが出来ます。

夏の麻のツーピースです。スカートには裾周り全部に刺繍を入れています。




ブラウスの胸ポケットとスカートのポケット二段に刺繍をしました。実はスカートの両サイドにポケットを付けるつもりが、刺繍をした後になって、二つ共、同じ向きになっていることに気づきました。没にするのも忍びなく、二段ポケットにした次第です。




ブラウスの胸ポケットに、鈴蘭を刺繍しました。いつもこのスカートとコーディネートしています。



上質の薄い木綿に、白糸のみで繊細な刺繍をした、後ろボタンのブラウスです。





既製のデニム地のフレアースカートの裾周りと前に、これでもかと、コッテリ刺繍をしました。目と根気がよかったのか、それとも時間があったのか、自分でも驚くほど、手を掛けた作品です。


コメント

刺繍の小物

2017-04-22 03:19:55 | 刺繍
刺繍の小物類を展示してみました。

私はまだ視力がよかった、40代の頃に、約10年間刺繍を習っていました。またその間、大好きな野草を自分でデザインして、刺繍をしていました。

いつでも作品が出来るように、コスモの全ての刺繍糸を持っています。


晩秋の奥多摩の登山途中でみかけた蔓リンドウの紅い実が愛らしくて、セピア色になった野草と組み合わせて
深まっていく秋を表現しました。


これまで目にした早春の野草の数々を、楕円形の中にまとめてみました。
キブシ、マンサク、一輪草、
オオイヌノフグリ、春蘭、ザゼンソウ、鈴蘭、一人静か


次の二点は架空の鳥です。
サイズは小さいですが、手がこんでいます。



短冊仕立てのホタルブクロです。
細いスペースに広がりを持たせる工夫をしました。


同じく短冊仕立て秋の様子です。
細いスペースにキノコをまとめるのに、工夫を要しました。







コメント