グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

明日葉?穂?

2018年04月23日 | 植物
春になって新芽の季節 
主婦としては島の主婦としては夕食にもう1品天ぷら、おひたし、あえ物、炒め物と活躍してくれる“明日葉”が

おいしそうに芽を出してくれています。基本的には左上のツヤツヤした新芽を食べます

しかし、この明日葉は人によると“あしたぼ”(明日穂)との説も有ります
又ある人による
“明日葉”と“明日穂”は違うもので明日葉は葉がひらいた物 
明日穂は葉が開かない物 だそうだ


これは少し開いています。どちらになるのでしょうか?


新芽が出ています。去年種がこぼれた物(左上の棒が親株)


こちらにはこんなにたくさん。芽生えは次々に新芽を出し続けて3~4年後に花を咲かせ種になって次の世代につなげます(このままにしておくと全てが大きくはなりません)


捜して穂発見(まだ穂にはなっていない?)

★67
あ~遅すぎ?中間のちょうど良い穂がない


穂を捜して近所を歩いていると大きい!1枚の葉が私の手より大きな葉が有りました
八丈明日葉ですね


これが大体通常サイズ

家にも大きな明日葉が生えたことが有りましたが義母に『それは牛や馬が食べる物、人間は食べないよ』とのことでしたが、人も食べることが出来ますよ!明日葉茶の原料もこの大茎です
明日葉・明日穂どちらも美味しく食べたいものです(主婦で食いしん坊のしま)
コメント   この記事についてブログを書く
« 裏砂漠で❤️ | トップ | 春の花のジオツアー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事