グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

氷室俳句会の皆さんの吟行ツアー

2019年04月30日 | ツアー
4月27日〜28日、元・日本ジオパーク委員会委員長の尾池先生率いる氷室俳句会の皆さんの、吟行ツアーを案内しました。

27日(土)
皆さんを乗せた船は14時過ぎに到着しました。
海岸沿いのかつての火口のそばで“海と火山が作り出す風景”を見ていただいた後…


椿油工場見学中に、雨が降り出しました。
この時期にしては冷たい雨に、地層大切断面や塩工場見学は最小限で切り上げ撤退^^;

でもこの雨のおかげで、帰り道に、それはそれは美しい景色に出会うことができました。

雨雲と海の間に青空が見えはじめたのです!

晴れている時とはまた違う、幻想的な風景💕


海に見とれていたら「虹が出ている!」という声がしました。

皆さん車から降りて鑑賞😀

しかも、ダブルレインボー💕

「句が詠めないわ。感動しすぎたり完璧すぎると句が出てこないのよ」という声も、聞こえてきました。

海を見ていた尾池先生からは「富士山が2つになっちゃったよ」とのつぶやきが…

確かに…ダブル富士山!?😀

なんだかもう、夢のようでした。

結局みんなで、日没まで見届けました。

刻一刻と変化する美しい地球の風景を、皆さんと共有できて本当にシアワセでした💕

28日(日)
これまた出来すぎのような、素晴らしい青空でした!


この日はのんびり散歩するチームと、火口まで往復してくるチームに別れました。


のんびり散歩チームは足元の草花を観察しつつ歩き、座り心地の良い滑らかな溶岩の上へ。

すかさず溶岩を叩いて「中の密度が違う」と観察する尾池先生。

「音」で見えない地面の下の様子を想像するのって楽しそうです。
今度時間のある時に、あちこち調べてみたくなりました。

そして、眺めの良い場所でシャボン玉飛ばし!

この時、ひとりの女性が歌を歌ってくれました。


シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで こわれて消えた

シャボン玉消えた 飛ばずに消えた
産まれてすぐに こわれて消えた

風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ

すっかり歌詞も忘れていた、幼い頃の歌!
風景にあっていて、とても素敵で感激しました。

火口往復チームが帰ってきて、合流しました。

島ならではの植物観察中。

皆さんすぐにメモをとり、植物名を漢字でどう書くかを気にされるのが、吟行ツアーならではでした。

そういえば今回のツアーで驚いたのは、皆さんの様々な個性でした。
住いは京都、静岡、群馬などなど。年齢は20歳代〜80歳代。職業は(少し伺っただけでも)公務員、大学の先生、プロカメラマン、蛇の研究者の方!

育った年代も、住んでいる場所も、仕事も全く違うのに「俳句」を通して同じように楽しめる…これってすごいことだなぁと感じいりました。
20代の若い女性が「句を詠むと、その時の情景が記憶に残るんです」と語っていたのにも感心しました。

さて、最後に少しだけ『泉津切り通し』に立ち寄りました。

そうしたら…
巨木の根の間を太陽の光が照らす風景に出会いました!

これまたジャストタイミングでした!

美しい一期一会の景色との出会いを、氷室俳句会の皆さんと一緒に楽しめたことを、心から感謝します。

ありがとうございました!

そして、皆さんが伊豆大島ジオパークで、どのような句を詠まれるのか楽しみです!
…いえ実は…私も投句をするよう言われているのですけれど…(^◇^;)

おまけ。
ツアー中に名前を聞かれたのに、思い出せなかったキク科植物ですが…

ジシバリ(イワニガナ)で良いようです😀

(かな)
コメント   この記事についてブログを書く
« ばあばがガイドします | トップ | 私の目覚まし(期間限定) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ツアー」カテゴリの最新記事