グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

「ジオツアーで「楽しく地球を伝える」ために必要なことは?」

2019年06月13日 | 火山・ジオパーク
先月の26(日)に行われた“2019日本地球惑星科学連合大会 ジオパークパブリックセッション”の口頭発表の動画が公開されました。

発表の題名は以下の6つ。
・景色を何倍も面白く見せるガイドの役割
・”ジオ”の理解に難しい説明はいらない。~地質現象はモデル実験で伝えよう~
・外国人スタッフから見た日本のジオパークの魅力と課題
・ジオツアーで「楽しく地球を伝える」ために必要なことは?
・地域住民に地球活動を伝える際に大切なこと ~地球科学系ポスドクから学芸員(補)へ転職して4年間の気づき~
・「ブラタモリ」案内人が大切にする地球活動の伝え方

私はこの中で「ジオツアーで「楽しく地球を伝える」ために必要なことは?」という題名で話をしました。

内容は、ガイドにとって必要な4項目について。

メッセージがあって
あちこちに話が飛ばずシンプルに構成されていて
お客様と関わりのある内容で
楽しいことが大切!

…ということを、できるだけ私自身の体験や実例を交えてお話しした…つもりです😀

例えば、4年前の同じ大会で印象に残ったプレゼンは、4つの項目を満たすものであったこと。

この時の私の発表は内容盛り込みすぎで早口で全然ダメに感じたけれど、何やら本人が楽しそうだと思ったこと(笑)

たまたま9年前に作った「山頂ジオパーク展」用のバーチャルジオツアー を見返したら、お客様と共有したいと思っているメッセージは10年前と変わらないとわかったこと。


明確なメッセージを心に持っていることが、とても大切だと思ったこと。


4項目にそって互いに評価・分析しあうトレーニングが、とても役立つと感じていること。


伊豆大島のジオガイドが、今年の11月に行われる「関東地区大会」のジオツアー に向けて、練習をしていること。


ジオガイド仲間の意見を聴きながら、内容の修正を続けていること。


大切なことが4つに絞られているので、心に留めやすいこと。


11月の「関東地区大会」のガイド分科会で、4項目のトレーニングを行う予定なこと。


学んだら実践し、実践から学ぶことを繰り返す必要があり、そのために全国のプロのジオガイドで「Geo-Biz」というチームを作り、活動を始めたことなどをお話ししました。

30分のつもりで資料を作ったら実際には発表25分+質問5分だったので、かなり早口で聞き苦しいと思いますが(^◇^;)、お時間のある方は聞いてみてください。

今回の発表者は、事務局、専門員、研究者、教員、ガイドと、立場も地域も様々でした。
みんな表現の仕方は違うけれど、ほぼ同じことを語っていたのが嬉しかったです😀

同じ方向を向いて共に歩んでいるたくさんの仲間の存在を感じ、勇気づけられました💕

(かな)
コメント   この記事についてブログを書く
« ホソスジナミシャク | トップ | 雨上がりのツアーは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

火山・ジオパーク」カテゴリの最新記事