グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

ヒョウ柄のチョウ

2012年09月21日 | 
先週、サナギをご覧頂いたクロアゲハが羽化したので、
見出しにしました。これは表側。

羽化したばかりの無傷な状態のチョウを標本にする趣味の方もいらっしゃるそうですが、
我が家の場合は、きれいな姿を見せてもらって、放蝶します。

こんな具合↓に写真撮影をさせてもらったりしてから・・・

裏側も失礼して。
何てお美しいのでしょう!

尾状突起が短いのが特徴のひとつ。


今日、島の南部の知人宅へ伺った時に出会ったチョウがこちら↓

似たような色の花に止まってお食事中。蜜を吸っているようでした。

お庭に植えられた花を次々と飛びまわっています。

ツマグロヒョウモンのオスのようです。

ヒョウモンは豹紋。「ヒョウがら」ですが、
模様の似た○○○ヒョウモンは、種類が多いのです。

表と裏の模様が違いますが、
残念ながら裏側の写真は撮れませんでした。

ゆっくり近付いて、そーと後ろから撮らせてもらうのですが、
屋根を越えて飛び去ってしまいそうになったり。


でも、このマリーゴールド(?)の花がお気に入りらしく、
また戻って来てくれたのでした。

幼虫時代の食草はスミレ類です。

幼虫で冬越しするそうですから、
次の冬には、この幼虫を探してみることにします。

(なるせ)


コメント   この記事についてブログを書く
« 一瞬の青空 | トップ | アカボシゴマダラ再発見 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事