グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

生物部合宿…というかカメムシの報告

2019年08月23日 | 
先日カナさんがお伝えした生物部の合宿、2日目は三原山を去年に引き続きガイドさせてもらいました。
去年は火口展望台→表砂漠でしたが、今年は火口→裏砂漠→樹海のフルコースです。

色んな生物に出会ったのですが、その中でもインパクト大だったのが、これ!


山頂の同じ場所に毎夏突如現れるのですが、今年はこの日初めて出会いました…大量に!

セアカツノカメムシです。
この一本だけでなく10本近くにこんな風にビッシリいました。
しかしなんでこんなところに??と思いますよね。カルデラ内から上昇気流に乗って飛ばされてきたと前に詳しい方から聞きました。
数奇な運命のカメたち、ガンバレ!
(しかしカルデラの中はもっと大量のカメムシ??調査に行かなくては!)

樹海の中ではごく一般的なクサギカメムシも見つけました。

「カメムシは臭い」のイメージを作り上げた立役者(⁈)
カメムシのなかでも最も臭気の強い種の一つだそうです。
ま、私は全く臭いと感じない、というかむしろちょっと好きです!

と書いていたら、最近会った他のカメたちも紹介したくなってしまいました。

お庭がステキなとあるカフェで見かけたハリカメムシ(だと思う)。

シュッとしててステキでした。

カナさんがこの前コウモリに突撃された、ナイト候補だった場所では、これもごく一般的なチャバネアオカメムシとの出会い。

こちらも臭気は強いですが、触ったりしなければ無臭です。カワイイ。
去年いたアカスジキンカメムシを期待したのですが、いませんでした。

山頂ではハサミツノカメムシもいなかったし、と思いながらみんなが帰ったあと過去のブログを検索したら両方とも6月の記事でした。
あれ、記憶が…💦
まぁでも異常気象のせいでいなくなっちゃった、とかじゃなくてよかった。

合宿では、カナさんもお伝えしたように、
ショウリョウバッタの産卵やカマキリのダンスなどなどが見れました。
3日目昼には、思いがけないところで思いがけない人気者にも出会った!(売られちゃうらしいので載せませんが)
ナイトで見せられなくて残念に思っていたのでホントによかった!です。
そして何より今年も楽しい3日間をありがとうございました!(あい)
コメント