グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

めいっぱい火山を!

2018年04月03日 | ツアー
昨日は小学校5年生になる男の子(N君)とお母さんの、1日ツアーに行ってきました。

大学時代は火山を学んでいたというお母さんと、温泉ホテル駐車場の地層を見て「すげ〜〜!」と感動するN君。

熱心な観察ぶりに、歩き始める前から何だか楽しくなりました😄

ツアースタート地点で「あそこ登ってきていい?」と、火山灰斜面を駆け上るN君。

お母さんも、海岸の砂サイズの火山灰を観察に行かれていました。

溶岩流を目にした時も、いち早く登り…

とても楽しそうでした💕

お母さんは、溶岩の写真撮影。

スケールを置いて撮っているのが「その筋の人」っぽいです(笑)

先頭をきって坂を駆け上ったN君、避難壕で休憩中なのかと思いきや…

「音が響くよ!」とのことで、休憩&エコーの実験中だったようです😄

面白い形の溶岩観察!


体にぴったり合ったイス発見!


火山観測機器は近づいて、親子で観察!


地面の様子が他と異なる場所で理由を、みんなで考え…

(強風で小石が飛んで、表面下にあった火山灰が出てきたようです)

ジグゾーパズルのような溶岩が、こすれて美しい音を出すのを発見し…


まだ草丈が低い三原山斜面を、登っては…

駈け下り…

「これがやりたかったんだ〜!」と言って、また登っては…

駆け下っていました!(多分4回ぐらい往復していたような?)

裏砂漠での記念写真。

素敵な親子写真ですね〜😄

ジャンプも思いっきり飛んでいました!

なんだか口から湯気を吐いているような写真になりました(笑)

溶岩の上を軽やかに、楽しそうに歩き…


草地にある「植物が生えない場所」を、お母さんと「あ・うん」の呼吸で観察に行っていました。

同じ景色を見て、同じように不思議を感じられる母と子。
素敵ですよね〜!😄

疲れ知らずのN君は、樹海でも先頭を歩き、蜘蛛の巣と戦って(?)いました。

さて、1日コースを歩き終わり、温泉ホテル駐車場に戻ってきました。

地層に駆け寄り「僕の作った道が残ってるよ!」と嬉しそうに歩くN君。

その姿を見て「きっとN君は、人が作った道ではなく、自分で道を切り開いていく大人になるに違いない」と密かに思った私でした😄

とにかく、お2人と一緒に、めいっぱい火山を楽しんだ1日でした💕
楽しい時間を、ありがとうございました!

(かな)
コメント