豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三つれづれ日記

2016年11月28日 09時31分27秒 | 日記
( Vol 1517 ) 自民党のいう年金改革は 屁理屈 憲法にうたわれている 国民の最低限の生活の保障を無視しているのではないか

自民党政権は 年金改革の答弁で 若い世代が年金受給者を支えている その上で 若い世代との年金受給の不公平を是正するために 年金受給額を変える という

聞いていると 一見 妥当ように聞こえる

しかし じっくりと考えてみると 矛盾を感じる ことに気づく

どこがか

それは 政府としての責任という点だ

憲法にうたわれている 生活の保障

この重みを軽視してはいないか

今までの 自民党政権の福祉政策を 顧みると 場当たりすぎていた

高度成長に頼り切った 場当たり的政策で 遠い未来像を 描いてこなかった

経済成長期では その論理 政策でもよかった

しかし 経済の成長が 鈍化した時代には 場当たり的では だめだ

未来像を描けなければだめだ


慣習に頼ってもだめだ



年金政策を考えるとき いままでの仕組みの 延長線上で物事を考えている 自民党政権


その論理では あっていても 未来を見ると どうだろうか


まず 国として どう 高齢者の人生生活を 安心できるものとするかが 問われる

そこが 軽視されている


いつもいつも 政権の維持に 終始するあまり 未来像が描けないでいる


安心して暮らせる という 単純な未来像を なぜ 描けないのだろうか



場当たりでいこうとするから 屁理屈の論理を使い続けるのだ


不安ばかりを 国民に抱かせていないだろうか


明るい未来を 国民に抱かせてほしいものである



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 豊前善三つれづれ日記 | トップ | 豊前善三つれづれ日記 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事