豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三つれづれ日記

2017年05月25日 23時03分12秒 | 日記
 ( Vol 1970 ) 前事務次官前川氏の会見から見えてくるのは 加計学園問題は 官邸主導で行われたと 受け取れるのではないか

菅官房長官は 内部告発なしには 問題の追及はありえない と高をくくり

出所のわからないものには 答えられない とかわしているが そうそうかわせない

内部文書問題では 前事務次官 前川氏の 本物であるという 発言は まさしく内部告発に当たる

この状況から 菅官房長官の発言には 信頼性のない発言に映る

国家戦略特区における 基準の緩和は 官邸で行われたのは 前事務次官の記者会見での発言で明らかになった

国家戦略特区についての権限は 官邸にあるということが明らかになった


このことから 菅官房長官は なぜ規制緩和が行われたのか 自らこの経緯を説明する必要があるのではないか

出所の分からないものには 答えられない では かわせるものではない

なぜ 基準が 加計学園に有利になったのか


これは 文科省の権限の範疇ではないことが 明らかになったことから しっかりと国民 国会議員に 官邸が 説明する必要がある

官邸による 官僚への圧力が小泉内閣よりはじまり 安倍内閣により より強まった ということも 前事務次官は話した

これは 森友学園に問題における 財務省官僚の対応にも影響していることを示している


なぜ 氏家副大臣は 内閣側に立った擁護の姿勢をするのか

氏家氏は なぜ 国会議員になったのか

今回の 加計学園問題での 答弁における 非常に不可解な言動には 納得がいかない

もう一度 自分の生い立ち 経験を振り返って 国会議員になる動機を思い出してほしいものである

氏家氏は 国民に向いていないのではないか

自民党幹部 特に官邸にしか向いていない

非常に 残念なことである


自民党に入って 自民党の毒に 侵されてしまったのか


また 前事務管 前川氏の 人格を失わせることを目的としたような 週刊誌にリークするようなやり方は 非常に卑劣なやり方も問題である

問題のすり替えにより 加計学園の問題を 終息さえようという動きにしか見えない


ここのところの 官邸の報道の利用は 非常に作為的に映る

これは 報道の自由を侵しているものではないか


官邸は 森友学園問題 加計学園問題 を 国民の前に 明らかにすることが 必要ではないか


その意味において 菅官房長官の弁明は 妥当性を欠き 国民に対して誠意がない

官房長官としてのお目付け役とう役割が 果たせていないのではないか

また 安倍総理は 真摯に 問題に誠意をもって こたえるべきではないか






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 豊前善三つれづれ日記 | トップ | 豊前善三つれづれ日記 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事