ガールスカウト愛知県第56団

一宮市で活動しています。
集会の様子や考えたこと、
日常の楽しかったことをお伝えします♪

防災ラップクッキング大成功!

2018-11-08 17:57:02 | 活動報告

紅葉が始まる爽やかな秋晴れの10月21日。 

尾張西地区・愛知県一斉行事として、私達が行動したことは「パッククッキング」。

まずは、地区リーダー、スカウトが集合して、セレモニーを開始しました。

  

地区長からの言葉は、

「ガールスカウトは、男女の仕事の区別なく行動し、

なにかが足りなくても、あるもので工夫する。

そんなことを心において、今日パッククッキングに挑戦しましょう!」

 「ドレミの歌」でウォーミングアップ。

  

身体の色々な部分が音階です。

自分の身体が楽器になったように、「ドはドーナッツのド♪」とストレッチ演奏していきます。

みんな上手でしたが、

本当に身体が鳴ったら、たまに変な音が聞こえたかも(笑)

 今日の計画書。

  

グループに分かれ、作業開始!

まずは、かまど作りに火起こし班。

リーダーから、火起こしのポイントを伝授。

団扇の仰ぎ方にもコツがあります。

お父さん保護者の協力もあって心強い。

湯が湧いたら、高熱に強いパッククッキング用の袋に米と水を入れ投入。

時々、位置を変えるだけで20分程。

  

チキンハム作り班は、スパイスを練り込んで、袋に入れて、これまた20分程茹でます。

  

火を絶やさないように、追加のマキを割るスカウト。

リーダーが見守る中、安全にじょうずに出来ました。

ジュニア、シニア、レンジャーは、テント設営の練習も行いました。

テントって、ワクワクするね。

「ここで泊まりたい」と言っているスカウトもいました。

  

尾張西地区の各団のリーダー、スカウト達は、

団を越えて仲良し。

  

地区集会時のグループは、仲良しになるために、

一年間は ほぼ一緒のグループで行動しています。

スカウト達は、久しぶりの友だちに会ったように楽しそうです。

出来上がったご飯をおにぎりに。

アツアツと言いながら、上手な三角形。

他団のスカウトが56団のリーダーといっしょ。

世界中のスカウトはみんな姉妹ですから、垣根はありません。

みんなで握ったおにぎりは絶品でした。

チキンハムも美味しかったこと!

団委員長差し入れの手作りの梅干しは、年代物の梅干しもありました。 

すっぱ!おいしい!

青空の下、みんなで作ったおにぎりとチキンハム。

パッククッキングは被災して 電気、ガスが復旧しない緊急時にも応用できるかもしれません。

鍋や釜がなくても、ボイルするだけでご飯やチキンハムが出来ると知ったことは、

目からうろこの体験でした。

この体験がスカウトの記憶の引き出しに残り、なにかの時に役立つことを願いながら

いつもよりも大きな「友情の輪」で解散しました。

各団のリーダー、スカウトの皆さん、また次回地区集会で会いましょう!

                          投稿 後藤リーダー

                          撮影   Aスカウト(ジュニア)

コメント

私達も役にたちたい!

2018-09-15 14:14:56 | 活動報告

 

 

 

 

 

西日本豪雨災害の経緯

・7月3日九州地方では台風7号の影響による雨が降り続いていた。

・7月5日から、梅雨前線が日本上空に停滞。

  西日本から東日本にかけて広い範囲で記録的な大雨となった。

・7月6日長崎、福岡、佐賀の3県に大雨特別警報

   続いて広島、岡山、鳥取、京都、兵庫

・7月7日岐阜県、8日高知、愛媛の2県にも大雨特別警報

 最終的に最多となる11府県で大雨特別警報が発表された。

 

西日本を中心に多くの地域で河川の氾濫や浸水害、土砂災害が発生

死者数 200人を超える。

全国で上水道や通信に被害。交通障害が広域的に発生。

「平成最悪の水害」と報道された。


  

 

募金を始める前に、リーダーからのお話で西日本豪雨災害の経緯や被害を知りました。

 スカウトも事前に勉強。

そして、いよいよ募金活動スタートです。

今回も許可を頂いた一宮駅ビルの入り口で

豪雨災害に遭われた人達のことを胸に、大きな声で募金をお願いしました。

  

   

駅を忙しく行きかう人達がスカウトの声を聞いて立ち止まり

被災者のために協力して下さいました。

  

被害のひどかった岐阜に近い ここ一宮でも大変な雨が降りました。

もっと激しい雨が降り続いた被災地の人達は、どんなに恐ろしかったことでしょう。

  

今回の豪雨災害では多くの方がお亡くなりになりました。

多くの方が家を失いました。

お悔やみとお見舞いを申し上げます。

スカウト達は給水休憩をいれながらも、声を枯らしてがんばっていましたが、

この日は特に蒸し暑くスカウトの体調を考慮して、予定より早めに募金を切り上げる判断をしました。

しかし沢山の募金が集まり心からご協力に感謝いたします。

お預かりした募金は後日「平成30年7月豪雨災害義援金」として 日本赤十字社一宮市地区へお届けしました。

  

集会所へ戻ってからは、午後から訪れるデイサービス「友」のおじいちゃん、おばあちゃんの慰問の歌の練習です。

今回はガールスカウトの歌「世界連盟歌」と、おじいちゃん、おばあちゃんも知っている歌「上を向いて歩こう」を歌います。

「上を向いて歩こう」は、この日までに保護者さんに教えておいて下さいとお願いしてありました。

スカウトがホワイトボードに歌詞を書き歌の指揮をして、リーダーが熱血指導!

上手に歌えるようになっていました。

準備は整いました。

いよいよ本番!

有希リーダーの楽しい司会で始まり、自己紹介も歌も本番では強いスカウト達。

皆さんに喜んで頂けているようです。

「上を向いて歩こう」は老いも若きも大合唱。

楽しい時つらい時、どんな時に歌っても 希望が出てくる良い歌です。

  

みんなでやったゲームは大フィーバー! 

おじいちゃんとおばあちゃん、孫のようなスカウト達との連携プレーに笑顔が溢れていました。

  

前回の集会で作ったボンボンのプレゼントをお渡しして

みんなで手をつないでお別れする「友情の輪」を行いました。

「私達も役に立ちたい!」と思って行動した今日の集会。

被災地の状況を知り、災害の恐ろしさと防災の重要性を知る。また命の尊さを知る。

ご高齢者とふれあい人生の先輩の優しさを知り、いつまでもお元気でと命の愛おしさを知る。

役に立ちたいと思った心は、それ以上のものを反対に教えていただいたと

今日のスカウト達の一生懸命な姿を見て、感じた一日でした。    

                             投稿 後藤リーダー

                             撮影 A保護者、N保護者

コメント

もうすぐ夏!浴衣を着られるようになろう♪

2018-09-11 10:00:38 | 活動報告

夏の気配が近づいてきた今日は、みんなで浴衣を着ました!

今日は団委員長に先生となってもらい、丁寧に浴衣の着方を教えてもらいました。

ブラウニーもジュニアもレンジャーも、自分たちで浴衣を着ることができるよう猛特訓です!

 

みんなそれぞれ自前の浴衣で練習スタート。

浴衣、紐、帯など、必要なものを整頓して机に準備します。

カラフルな浴衣を羽織ると、集会場も一気に華やぎます!

スカウトそれぞれの雰囲気にぴったりな浴衣、

お母さんの浴衣を引き継いで大切に着ているスカウトもいました。

レンジャーとリーダーは帯結びにも挑戦。

格好良く形が決まるまで、団委員長から熱い指導を受けます!

  

 身体で覚えられるまで、何度も結んでは解き、練習を繰り返します。 

  

 

  

 みんなきれいに浴衣が着れたので、記念撮影をしました。

 

 カメラマン有希リーダーからはポージングの指導が入ります!

 

 

そして最後には、たたみ方も習いました。

テントと同じように、シワにならないよう丁寧にたたむことも大切なんですね。

家に帰ってから、さっそく他の浴衣も着てみたよと写真を送ってくれたスカウトもいました♪

日本文化を知ることもスカウト活動のひとつ。

茶会や着物の着付けなど、これからも先輩リーダーから教わり 体得して、

後輩にも伝承していきたいと思いました。

何度も反復して覚えていくことの大切さも理解できた集会でした。  投稿 千明リーダー

 

コメント

2018/6.10 訓練キャンプ2日目

2018-09-11 09:55:25 | 活動報告

訓練キャンプ二日目の朝はスカウツオンから始まります。

スカウトウンとは祈りや想いを言葉に表すことです。今回は「家族への感謝」をテーマにしました。

 

朝食をすませて活動開始!

ブラウニーはシーターポン作り。

 

ジュニアはVAVプログラム「少女に対する暴力をなくす-少女の権利を求めて声をあげる」キャンペーンを行いました。

・日本にある男女の格差

・人に対する暴力ってどんな事だろう。その時の気持ちはどんな気持ちになるだろう。

「自分がどんな言葉を聞きたいか、聞きたくない声はどんなこと?」と意見を出し合いました。聞きたい声は「優しい声」「褒めてもらって嬉しい。」聞きたくない声は「怒ってる声」「怒鳴り声」「嫌なことを言われる」と意見が上がり、言葉や態度は時によって暴力にも変わることを学びました。

訓練キャンプもいよいよ解散の時間です。みんなで協力して食事を作ったり、お風呂の時間を楽しんだり、充実した訓練キャンプになりました。

夏キャンプも楽しみましょう!

 

投稿:有希リーダー

 

 

コメント

夏だ!キャンプだ!

2018-09-02 17:03:14 | 活動報告

今年も夏季キャンプを行いました。
昨年と同じく「母袋キャンプ場」です。

バスでお迎えに来ていただき、これから出発します。
今年は、キャンプ初参加のブラウニーたちからベテランのレンジャーまで、多彩な顔ぶれです。
集合場所まで送ってもらった保護者の方へ、「行ってきます!」


バスをとめたところからテントサイトまでは上り坂。
重いリュックもナップザックも持って一生懸命上りました。
開村式を行い、キャンプの始まりです。

   

今年はおニューのテントを用意しました。
ジュニアとレンジャーで協力して立てています。


今年は異常ともいえる暑さで、山の中のキャンプ場でも涼を求めて川へやってきました。
水遊びのスケジュールは2日目なので、この日はちょっとだけ・・・
ということでズボンの裾を上げて川へ入りました。
でもだんだん楽しくなって・・・。最終的には全身水に入って楽しむスカウトも。
ジュニアやレンジャーがブラウニーを連れて、ちゃんと見ていてくれました。

  


夕方になりいよいよ炊飯です。
今日のメニューはご飯とバーベキューです。
ジュニアの炊いたご飯はとってもおいしかった!
さあいい匂いがしてきて、ブラウニーがお皿を持って待っています。

  

 

たくさん食べてお風呂にも入り、それぞれのテントで「おやすみなさい」

 

2日目は本格的に水遊び。今日は水着で遊びます。
留守を預かる明美リーダーから水鉄砲のプレゼント。
みんなで楽しく遊びました。

  

 

それから鮎つかみ。
なかなかつかめないブラウニーのために、上手なジュニアが手伝ってくれました。
お昼ご飯には採った鮎を焼いてもらっていただきました。

  


明美リーダーからのプレゼントには素敵な記録ノートも。
スケジュールの合間に「こんなことあったね」と思い出しながら記録しました。

  

 

そして夜はキャンプファイヤー。
最年長スカウトが山の神として火をつけました。
部門ごとにスタンツを披露したり、歌を歌ったり、楽しく盛り上がりました。

  

 

3日目。テントや部屋を片付て閉村式です。
朝方雨が降りましたが、活動を始める頃には雨が上がり、無事撤収することができました。

 

今回3日目は郡上八幡観光へ。
ブラウニーとジュニア以上に分かれ、グループでまわりました。

  

郡上八幡といえばお水。

ブラウニーは水飲み場を見つけるたびに、「おいしい、おいしい」と飲んでいました。

  

 

そしてまた郡上八幡といえばサンプル。
本物そっくりのサンプルたちに目を輝かせていました。
お買い物も楽しんで、帰路につきました。

  

  

ケガもなく、無事キャンプを終えたスカウトたち。
初めてのキャンプだったブラウニーたちもちょっぴりたくましいお顔のような気がします。
また来年、さらに成長してキャンプを迎えられるよう、日々の活動をしていきます。

                          投稿 浅井リーダー

 

 

コメント