最速英会話学習・英語の九九発想トレーニング自由に英語を話したい

英語教材で、初めての「読み・書く・話す・聞く」の「反復学習」が可能です。

第2クール たった3ヶ月で英語脳の構築ができる 74/90

2017年01月18日 | どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか




【どうして日本人は英語を話せないのか?】


たった16の動詞で日常会話のすべてができると指摘したのはイギリスの言語学者、C. K. Ogden (1889-1957)だ。彼はたった850語が20,000語に相当する働きをするとし、Basic Englishというものを提唱した。
この内動詞だけに注目すれば、動詞はたった16だ。彼は無制限な語彙を使わなくても、英語は造語法*や一定の範囲の方位語(方位副詞。前置詞)の組み合わせで多様な意味を表し、しかも英語のネイティブスピーカーにはそのような表現を好んで使う傾向があるとした。


C. K. Ogdenはイギリスの植民地支配における言語強制を支えた言語学者です。彼はリチャードとギブソンという二人の弟子を中国に派遣した記録が残っています。イギリスによるアジアの植民地と言えば、インド、スリランカ、シンガポール、マレーシア、中国、香港、ミャンマー(旧ビルマ)、インドネシアなどがあります。

これらの国をイギリスの植民地支配を解放したのが日本です。このアジアの開放のための戦争を「大東亜戦争」と呼びます。

さて、C. K. Ogdenの「植民地の原住民に英語を話させる」という試みは戦後、「英語を母国語としたり、共通言語とする国など」として残りました。
受講者の方の中に、これらの国に駐在している方が多いですが、寄せられるメールに「彼らはどうして英語を話す能力が優れているのか」といった意見が多いです。

さて、この問に答えるヒントの1つがあります。
日本の敗戦を引き替えに、解放された国々は次々に独立しました。このことについて述べるつもりはありませんが、私たち日本人の英語教育についての示唆を与える事実を述べておきます。
私が子供達に英語を教えていた1970年代にこれらの国々では、英語のネイティブスピーカーによる英語教育に代えて「自国の英語の先生を養成、採用しました」、当時このことは「あの朝日新聞」でも報道していました。
彼らが英語教育でやったのは、ネイティブの物まねではなく、「とのようにして自分の意志を英語を使って表すか」ということでした。それを自国語で説明できる英語の先生に託しました。重要なことは、この時役だったの皮肉にも、まさにC. K. OgdenのBasic Englishだっのです。

英語で何かを表現したいときに、日本語の意味に当たる英語の動詞が何かと考えるよりも、「よく働く動詞」16の内の何を使うかと考える方が、はるかに効率がいい。
つまり間口をせばめて攻略するのが英語という外国語を修得する大きなポイントの一つだと言える。場面に応じた自由な英会話をする場合には、「よく働く動詞」の守備範囲と応用範囲を徹底的に学ぶ必要があるのだ。


以上が、当オンライン講座の副教材に以下の教材を加えた理由です。

○新副教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」について

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材(音声付き解説全15時間動画)
すべの動画はU-Tubeの限定公開にて閲覧できます。

 ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座 受講者募集

【今日の学習】

 自由に英語を話すための最短学習プログラム 一般動詞フレーズの文の生産

go to Osaka going to Osaka gone to Osaka
① 現在形動詞フレーズ ② 過去形動詞フレーズ
go(es) to Osaka went to Osaka
③ 原形動詞フレーズ  ④ ing形動詞フレーズ  ⑤ ed形動詞フレーズ
一般動詞5段活用  V感覚(動詞) 大阪に行く 


【ファンクションメソッド 一般動詞フレーズ5段活用】 表現展開の例
① 現在形動詞レーズ 「現在の事実・習慣を表す]
  Where do you go?  
  あなたは、(ふだん、今)どこに行ってるの?/行くの?
② 過去形動詞レーズ 「過去の一時点の事実を表す]
  Where did you go?  
  あなたは、(その時)どこに行ったの?
③ 原形動詞フレーズ 未来形・情緒表現 「未来の事実・情緒などを表す] 
  Where will you go?  
  あなたは、(これから)どこに行くの?
  Where are you going to go?  
  あなたは、(これから)どこに行く予定なの?
  Where do you have to go?  
  あなたは、(これから)どこに行かなければならないの?
  Where do you want to go?  
  あなたは、(これから)どこに行きたいの?
④ ing形動詞フレーズ 「継続的な意味などを表す] 
  Where are you going?  
  あなたは、(今)どこに行こうとしてるの?
⑤ ed形動詞フレーズ 「過去を背負った現在の付帯状況]  現在完了形
  Where have you ever gone?  
  あなたは、今までどこに行ったの?
  ※Where have you ever been?  
  あなたは、今までどこに行ったの?

※以下は、主語をIとする返答表現です。

① 現在形動詞レーズ 「現在の事実・習慣を表す]
  I go to Osaka.  
  私は、(ふだん、今)大阪に行ってるよ
② 過去形動詞レーズ 「過去の一時点の事実を表す]
  I went to Osaka.  
  私は、(その時)大阪に行った
③ 原形動詞フレーズ 未来形・情緒表現 「未来の事実・情緒などを表す] 
  I will go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行きます
  I may go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行くかもしれません
  I am going to go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行く予定です
  I have to go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行かなければなりません
  I want to go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行きたいです
④ ing形動詞フレーズ 「継続的な意味などを表す] 
  I am going to Osaka.  
  私は、(今)大阪に行こうとしています
⑤ ed形動詞フレーズ 「過去を背負った現在の付帯状況]  現在完了形
  I have ever gone to Osaka.  
  私は、今まで大阪に行っていました
  ※I have ever been to Osaka.  
  私は、今まで大阪に行っていました
  I should have gone to Osaka.  
  私は、大阪に行くべきでした
--------------------------------------
 当講座は3ヶ月単位となっていますが、講座はくり返し続きます。
 登録料の意味は、「くり返し受講」ができます。

  以下は、次回からのオンライン講座開講中のブログです。
  ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法

--------------------------------------
[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ


Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会

この記事をはてなブックマークに追加

第2クール たった3ヶ月で英語脳の構築ができる 74/90

2017年01月18日 | どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか




【どうして日本人は英語を話せないのか?】


たった16の動詞で日常会話のすべてができると指摘したのはイギリスの言語学者、C. K. Ogden (1889-1957)だ。彼はたった850語が20,000語に相当する働きをするとし、Basic Englishというものを提唱した。
この内動詞だけに注目すれば、動詞はたった16だ。彼は無制限な語彙を使わなくても、英語は造語法*や一定の範囲の方位語(方位副詞。前置詞)の組み合わせで多様な意味を表し、しかも英語のネイティブスピーカーにはそのような表現を好んで使う傾向があるとした。


C. K. Ogdenはイギリスの植民地支配における言語強制を支えた言語学者です。彼はリチャードとギブソンという二人の弟子を中国に派遣した記録が残っています。イギリスによるアジアの植民地と言えば、インド、スリランカ、シンガポール、マレーシア、中国、香港、ミャンマー(旧ビルマ)、インドネシアなどがあります。

これらの国をイギリスの植民地支配を解放したのが日本です。このアジアの開放のための戦争を「大東亜戦争」と呼びます。

さて、C. K. Ogdenの「植民地の原住民に英語を話させる」という試みは戦後、「英語を母国語としたり、共通言語とする国など」として残りました。
受講者の方の中に、これらの国に駐在している方が多いですが、寄せられるメールに「彼らはどうして英語を話す能力が優れているのか」といった意見が多いです。

さて、この問に答えるヒントの1つがあります。
日本の敗戦を引き替えに、解放された国々は次々に独立しました。このことについて述べるつもりはありませんが、私たち日本人の英語教育についての示唆を与える事実を述べておきます。
私が子供達に英語を教えていた1970年代にこれらの国々では、英語のネイティブスピーカーによる英語教育に代えて「自国の英語の先生を養成、採用しました」、当時このことは「あの朝日新聞」でも報道していました。
彼らが英語教育でやったのは、ネイティブの物まねではなく、「とのようにして自分の意志を英語を使って表すか」ということでした。それを自国語で説明できる英語の先生に託しました。重要なことは、この時役だったの皮肉にも、まさにC. K. OgdenのBasic Englishだっのです。

英語で何かを表現したいときに、日本語の意味に当たる英語の動詞が何かと考えるよりも、「よく働く動詞」16の内の何を使うかと考える方が、はるかに効率がいい。
つまり間口をせばめて攻略するのが英語という外国語を修得する大きなポイントの一つだと言える。場面に応じた自由な英会話をする場合には、「よく働く動詞」の守備範囲と応用範囲を徹底的に学ぶ必要があるのだ。


以上が、当オンライン講座の副教材に以下の教材を加えた理由です。

○新副教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」について

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材(音声付き解説全15時間動画)
すべの動画はU-Tubeの限定公開にて閲覧できます。

 ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座 受講者募集

【今日の学習】

 自由に英語を話すための最短学習プログラム 一般動詞フレーズの文の生産

go to Osaka going to Osaka gone to Osaka
① 現在形動詞フレーズ ② 過去形動詞フレーズ
go(es) to Osaka went to Osaka
③ 原形動詞フレーズ  ④ ing形動詞フレーズ  ⑤ ed形動詞フレーズ
一般動詞5段活用  V感覚(動詞) 大阪に行く 


【ファンクションメソッド 一般動詞フレーズ5段活用】 表現展開の例
① 現在形動詞レーズ 「現在の事実・習慣を表す]
  Where do you go?  
  あなたは、(ふだん、今)どこに行ってるの?/行くの?
② 過去形動詞レーズ 「過去の一時点の事実を表す]
  Where did you go?  
  あなたは、(その時)どこに行ったの?
③ 原形動詞フレーズ 未来形・情緒表現 「未来の事実・情緒などを表す] 
  Where will you go?  
  あなたは、(これから)どこに行くの?
  Where are you going to go?  
  あなたは、(これから)どこに行く予定なの?
  Where do you have to go?  
  あなたは、(これから)どこに行かなければならないの?
  Where do you want to go?  
  あなたは、(これから)どこに行きたいの?
④ ing形動詞フレーズ 「継続的な意味などを表す] 
  Where are you going?  
  あなたは、(今)どこに行こうとしてるの?
⑤ ed形動詞フレーズ 「過去を背負った現在の付帯状況]  現在完了形
  Where have you ever gone?  
  あなたは、今までどこに行ったの?
  ※Where have you ever been?  
  あなたは、今までどこに行ったの?

※以下は、主語をIとする返答表現です。

① 現在形動詞レーズ 「現在の事実・習慣を表す]
  I go to Osaka.  
  私は、(ふだん、今)大阪に行ってるよ
② 過去形動詞レーズ 「過去の一時点の事実を表す]
  I went to Osaka.  
  私は、(その時)大阪に行った
③ 原形動詞フレーズ 未来形・情緒表現 「未来の事実・情緒などを表す] 
  I will go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行きます
  I may go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行くかもしれません
  I am going to go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行く予定です
  I have to go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行かなければなりません
  I want to go to Osaka.  
  私は、(これから)大阪に行きたいです
④ ing形動詞フレーズ 「継続的な意味などを表す] 
  I am going to Osaka.  
  私は、(今)大阪に行こうとしています
⑤ ed形動詞フレーズ 「過去を背負った現在の付帯状況]  現在完了形
  I have ever gone to Osaka.  
  私は、今まで大阪に行っていました
  ※I have ever been to Osaka.  
  私は、今まで大阪に行っていました
  I should have gone to Osaka.  
  私は、大阪に行くべきでした
--------------------------------------
 当講座は3ヶ月単位となっていますが、講座はくり返し続きます。
 登録料の意味は、「くり返し受講」ができます。

  以下は、次回からのオンライン講座開講中のブログです。
  ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法

--------------------------------------
[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ


Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会

この記事をはてなブックマークに追加