社会の荒廃 研究室(蜻蛉の眼鏡)

国連の女子差別撤廃条約に基づく男女共同参画を強行する女性独裁権力(フェミニズム)の社会病理に言及、コメント欄も充実。

保守速報存続の危機、保守言論封鎖は極左勢力の自信のなさの表れか

2018-07-02 20:57:26 | ネット媒体

 保守速報というサイトが存続の危機に晒されているらしい。極左勢力、いわゆるパヨクを批判した記事内容がヘイトスピーチに当たるとして、多くの広告主が去ってしまったのが原因だ。しかし、そもそも何がヘイトに当たるのかその線引きは不明瞭で、極左に都合の悪い情報を消し去りたいだけのようにも思える。

 これ以外にも、youtubeなどの動画サイトでも、保守的な内容を片っ端から極左勢力が通報して削除させているという動きもある。これでは事実上の言論統制だ。もはやわが国、いや全世界が極左勢力に支配されてしまっていると言っても過言ではないだろう。

 だが、彼ら極左が何故そこまでして保守言論を封じようとするのか。それは極左の主張に自信がないことの表れではないだろうか。極左と保守の主張を比較して、明らかに保守の主張に説得力がなければ、それらは自然淘汰される筈である。判りやすく言えば、殺人を自由化しよう、などという言論がどれだけあろうが、それらが市民権を得ることはないのと同じだ。

 しかし、彼らは保守言論を強引に封鎖しようとしている。ヤフーのコメント欄でも、極左を賛美し保守を批判するコメントが高い支持を受けている。ならば自然に任せればよいではないか。だが彼らは保守撲滅に躍起になっている。結局は極左の主張に説得力がないことを彼ら自身が証明してしまっているようなものだ。またヤフーコメント欄の点数も、極左工作員によって意図的に作られた世論であることも同時に証明されてしまうのだ。

 このように、社会に対し制限をかけようとする勢力は、得てして人間社会の自然の道理に反している場合がほとんどだという認識をしておけば、良識を間違えることはないだろう。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« #MeToo運動で女性の権力化が... | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。流れ者さんも私のブログにてコメしてますね(笑) (チク・パソン)
2018-07-10 19:34:18
しかし♀絡みの事件ゎ西日本豪雨にかき消されるもんですね。

大口病院患者殺害看護師久保木愛弓しかり、オウム松本智津夫元死刑囚の遺骨ぉ巡って三女と四女が大塚家具よろしく骨肉の争いしかり、紀州のドンファン殺害疑惑の妻&家政婦しかり…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ネット媒体」カテゴリの最新記事