私的粉砕音楽回顧

今、自分を形成するGRINDCORE愛聴とその過程

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こちらに移動しました。

2009-01-30 11:12:14 | Weblog
こちらに移動しました。
http://gekionlife.at.webry.info/
よろしくお願いします。
コメント

CRIPPLE BASTARDS

2005-04-04 10:52:02 | grind
イタリアの何がHC史に名を残すような熱いバンドを輩出するのでしょうか?このCRIPPLE BASTARDSも類い希なraging attitudeで聴き手を圧倒するね。
最新の3rd「DESPERATELY INSENSITIVE」CDやEYEHATEGODとのsplit 7'ではmetallicなアプローチを導入、曲も若干長くなったがまだまだ疾走感は健在。
まあこのバンドも非常に多産。気が付かない間に幾つもの音源をリリースしてくる。CORRUPTED、I.R.F、CARCASS GRINDER、SENSELESS APOCALYPSE等日本のバンドとのsplitも多い。
自分の中でのベストは今回紹介する2nd「MISANTROPO A SESNSO UNICO」LP。初期のnoiseまみれのfast&grindを残しつつ(最後に瞬発grind 94連発!!)、ザラザラに乾いた楽曲が爆走。そのスピード感は凄い。当時その前後にリリースされたDROPDEADの2ndやROTTEN SOUNDの2ndと併せてよく聴いたね。この音源はいろいろなレーベルからフォーマットを変えつつリリースされているので入手は楽じゃないかな。オフィシャルサイト(素晴らしく丁寧な作り)で数曲試聴できるので気になる方は是非!
しかしこの当時のGuのAlberto The CripplerがIbanezのSteve Vaiモデルを使用していたのが個人的には大爆笑(^O^)。僕だけかな?
コメント (17)   トラックバック (9)

VIOLENT HEADACHE

2005-03-31 00:31:03 | grind
Grind界でのスペインの至宝、VIOLENT HEADACHE。といっても僕もこの国のHCシーンをよく知らないので、凄いバンドはもっといるのかもしれないけど。と言う位、僕も情報を持たないバンドで、インターネットで検索してもなかなか新たな情報を得ることは難しいね。
このバンドは時が経つにつれて色々な音楽性に移っていく。初期はNoise Grindから始まり、Crusty Grindへ。その後Metallicさが増し、「BOMBS OF CRUST」LPでは女性Voが参加。Crust度を増している。
僕がこのバンドを知るきっかけになったのは、AGATHOCLESのインナーにその名前を見つけてから。非常に格好良い名前だなっと印象に残り、その後入手したPROYECTO TERRORとのsplit 7'。非常にCrustyに爆走する6曲。しかしこのバンドのVoのCAPAの声質は本当にcool!低音なのに凄く個性的。他バンドとの差別化に一役買ってるね。一方のPROYECTO TERRORもcoolな好盤。
しかし自分の知るところの最高作はNAT RECORDSよりリリースされたCARCASS GRINDERとのsplit 7'ではないかな。とにかく強烈な10曲。最高なCrusty Grindが炸裂、あっと言う間に終了。聴き終えた後の爽快感は格別だね。ジャケットもご覧の通りCooool!!!!split相手のCARCASS GRINDERもジャケット、内容共にGood。大推薦。

さて、自分が今確認しているVIOLENT HEADACHEの音源は下記の通り。(COMP除く。)もし他にあるのなら是非教えてください。よろしくお願い申し上げますm(_ _)m。
split 7' w/CRIPPLE BASTARDS
split 7' w/PROYECTO TERROR
split 7' w/INTESTINAL DISEASE
split 7' w/AGATHOCLES
split 7' w/CARCASS GRINDER
split 7' w/EXCRETED ALIVE
split 7' w/UNHOLY GRAVE
split 7' w/MY MINDS MINE
「BOMBS OF CRUST/FALSE TERMINAL」CD
コメント   トラックバック (1)

PHOBIA

2005-03-23 09:54:22 | grind
来日もしたことのある、荒井 注そっくり(PUNK AND DESTROY Recs./FRAMTIDのTakayama氏命名)のVo Shane率いるPHOBIA。活動歴も長く未だ現役で活躍していることは、短命に終わるバンドが多い中賞賛に値するね。
僕がこのバンドを知ったのはもう10年以上前、とあるレコード店で「ALL THAT REMAINS」7'を見かけた時だったね。その時はさんざん迷った挙句、GOREAPHOBIA(懐かしいでしょ?)の7'を買ってしまったので縁が無かったのだけど、その2~3年後、故郷(田舎です)でRELAPSEから出た「RETURN TO DESOLATION」CDで再会する。で早速購入、聴いてビックリ。当時HARDCOREから離れ、GRINDING DEATHっぽいのが好きだった自分にぴったり。この頃は今のrawなgrindからは考えられない位きっちりした音だったね。Guも2本だったし。その後自分の趣味がPOWER VIOLENCEの台頭でHARDCOREに再移行。CD一辺倒だったコレクトもビニールまで拡大。その時期に入手したPLUTOCRACYとのsplit 12'。これに先CD音源のliveが収録されている。音は悪いがなかなかcool。
しかし、この後SLAP A HAMより発売された「ENSLAVED」7'で路線を変更、シンプルな曲構成になっていく。この変化は僕にとっては大歓迎。期待のうちに同レーベルより発表された今回紹介する「MEANS OF EXISTENCE」CD。よりrawに、crustyに疾走する快作。何よりもインナーに多くのNGOの宛先が記されているのもcrusty。今作よりGuが1本になったのも良い方向へ。この頃、Vo Shaneはドレッドを断髪、荒井 注への道を歩み始める(T_T)。本人もここまで言われるとは夢にも思うまい。
その後、大傑作「DESTROYING THE MASSES」10'をPESSIMISER RECORDSよりリリース、そして来日。この前にsplit 7'を出したCORRUPTEDと共にliveを行った。僕も名古屋で見たのだけど、非常にタイトな演奏だったのが印象的。その時のDrに向かってShaneが、「You are fired.(お前はクビだ)」と言っていたけど本当にクビになったのか...気になる。
その後DEEP SIXより好調にリリースを行っている彼ら。今後の活動に僕の期待は大きい。
コメント (1)   トラックバック (9)

GENERAL SURGERY

2005-03-04 23:47:06 | grind
世の中にCARCASSフォロワーのバンドは無数にあると思うんだけど、やっぱり本家を越えるのはなかなか出てこないね。最近のgore grind系と呼ばれるジャンルのジャケット、歌詞についていけないのも事実。それらを越える程の表現を見出せないとなかなか購買意欲が湧かないね。やはり歳を取ったということでしょうか?
今回のGENERAL SURGERY。巷ではCARCASSフォロワーの代表みたいな書かれ方をしているけど、自分なりの見方で紹介。この頃のCARCASSは3rd「NECROTICISM - DESCANTING THE INSALUBRIOUS」でよりHMアプローチを展開、熱狂的なフリークをガッカリさせた(個人的には4th「HEARTWORK」まで好き)。でこの頃に聴いたこの7'「NECROLOGY」。DISMEMBER、AFFLICTED他のメンバー在籍もさることながら、音がまさに皆の求めていたCARCASSの姿がそこにあった。けどのこのバンドが他のフォロワーと違ったのは、Swedish Deathとの高度な融合に他ならない。流石SUNLIGHT STUDIO、Tomas Skogsbergプロデュース。もう最高の5曲。後にリリースされた同CDにボーナストラック2曲。これだけのために買う価値あり。けど商売上手やね、RELAPSEさん。
このバンドはプロジェクトであったため、この7'だけで消滅していたが、CARCASSトリビュートに参加(そのまんま)、突如復活。立て続けに音源を連発している。どの音源もcool!VoのGrant、GuのJoacimがいればGENERAL SURGERYということでしょうか?
コメント (1)   トラックバック (9)

DESPISE YOU

2005-02-26 09:50:56 | power violence
皆さん、DESPISE YOUって知ってますか?僕にとってPOWER VIOLENCEを語る上で絶対外せないバンド、と言うより僕を一度離れかけたHCへ呼び戻したバンドのうちのひとつ。それ位POWER VIOLENCEシーンは僕にとって強烈であり、理想でもあったね。短命なバンドが多かったし、まだ続けているバンドもあるけどあの勢いを取り戻せないでいるのも確かかな。
で本編。僕がこのバンドを知るきっかけになったのはSLAP A HAMからリリースされたSUPPRESSIONとのsplit 7'だったね。当時の目当てはSUPPRESSION。DESPISE YOUは名前すら知らなかったんだけど、針を落とした瞬間にもう虜になっていたね。歪みきった音、tightでclearなDr、CRUSTYに叫ぶ男女Vo。何よりも凄い疾走感。あっと言う間の8曲。先に聴いたSUPPRESSIONの印象が無くなったくらい。僕のこのバンドのイメージは「極端に圧縮したD.R.I.」。後にD.R.I.の「Couch Slouch」のカバーもやってるから強ち間違いじゃないかな?
それからPESSIMISER RECORDSからでた今回紹介する彼ら唯一の単独「PCP SCAPEGOAT」7'。最初の時の印象そのままにshortかつfastな楽曲が爆走する。その時初めてここ3人でVo取るんだと気付いた愚かさ。後になっても聴き続けるマスターピースであることに間違いないね。
比較的短期間にCROM、STAPLED SHUT、「LET BACK, LET DOWN」compでSPAZZとのsplitと本当に数少ないcompへの参加でバンドは消滅。楽しみにしていたMAN IS THE BASTARDとのsplitも実現しなかった(その時の音源が「WEST SIDE HORIZONS」CDに収録)けど、一貫して強烈だったのは間違いない。POWER VIOLENCEシーンのバンドに見られた、生き急ぐ焦燥感みたいなものを感じたね。未聴の方は先の「WEST SIDE HORIZONS」なら手に入りやすいかも。中古市場でもあまり評価が高くない今なら安価で見つかるかも。是非!

皆さんにこのバンドについて教えてもらいたいことがあるので、是非コメントに書き込みして頂けると幸いです。
1.このバンドってSTAPLED SHUTとメンバーかぶってますか?Voの質が非常に似て聞こえるので...。
2.このバンドってlive等やっていたのでしょうか?メンバーの写真すら見たことが無いので。FIESTA GRANDEにも出てないし。
コメント (1)   トラックバック (8)

324

2005-02-21 23:15:59 | grind
初の日本のバンドの紹介は東京の324。
このバンドを知るきっかけになったのは、625 PRODUCTIONSのMaxの広告のフレーズ「Wish TERRORIZER got back together? Well, they did. They moved to Japan and changed their name to 324.」。もう気になって気になって、VACUUM distribute(R.I.P.)からの航空便を心待ちにしたものだ。
でターンテーブルに載せた1st 7'。あっと言う間の7曲。荒れ狂うVo、タイトな演奏、そして何よりもドラムの壮絶なブラストビートに度肝を抜かれたものだった。勿論しばらくの間、この7'を聴くのが日課になったのは言うまでもない。
それ以降compも隈無くチェックし待ちに待ってリリースされたのが、今回紹介するこの2nd「SOULWINTER」7'。曲は若干長くなったが1stの衝撃はそのまま。展開を持たせることでよりタイトさを増し、2曲だが歌詞を日本語にしたことで曲により深みを持たせてある。ここに収録されていた1曲が後に傑作「冒涜の太陽」CDに再録されることになることでも分かるように、今の324の個性がこの7'で開花したね。
この7'と同じHG FACTからリリースされた現時点最新作「ACROSS THE BLACK WINGS」CDでまた新たな表現を手に入れた324。またどんな展開を見せてくれるのか、期待は膨らむ一方だ。

324は名古屋で数回liveを見たことがあるのだけど、スタジオの迫力そのまま。VoのYamamotoの存在感、一糸乱れず爆裂ビートを叩き出すSakata。Gu、Baが共にVを使っているのが微笑ましいけど(今はどうなのかな?)何度でも見たくなるのは間違いないね。いつも名古屋に呼んでいるUNHOLY GRAVE小松さんに感謝。
コメント (1)   トラックバック (1)

AGATHOCLES

2005-02-17 23:42:39 | grind
今更紹介するまでもない、ベルギー産多産リリースバンド、AGATHOCLES。
GRINDファンなら必ず何か持ってるんじゃないかという位、色々なフォーマットに顔を出す。今彼らは何枚の音源をリリースしているのだろう?全部把握している方いらっしゃいますか?
僕も暫くsplit 7'はまあ新品なら安価なので本家より相手目当てにコレクトしていた時期もあったけど、結婚後は...。理由は最初に記したとおり。
さて、本題。このバンドに関しては一番最初に聴いた音源が人によってかなり違うと思うけど、僕は今回紹介する「DISTRUST AND ABUSE」7'。「AGARCHY」7'と一緒に聴いたんだけど、この7'に入っていた6曲にやられっぱなしだったね。もうA-1の「Sieg Shit」はgrindの理想。メタリックなリフ、たたみかけるDr、low、highで絶叫するツインVo。この曲が嫌いなgrindフリークはいないんじゃないかな。未だに僕の№1AGソング。6曲中に唯一grindパートを用いないB-2「Get Off Your Ass」もメタリックにEURO HC臭を撒き散らしてくれる。Voの叫び方もいつもと違ってcool!!
彼らの2nd 「BLACK CLOUDS DETERMINATE」CDにこの7'頃のライブが入っているんだけど、5曲もここから選ばれてるんだよね。彼らは非常にライブ音源も多いけど、僕はこのCDに入っている音源がベストだね。
今この7'を入手するのは難しいのかな?音だけなら3rd 「RAZOR SHARP DAGGERS」に全曲収録されているから未聴の方は是非!個人的にもGuがSteveの時の音源が好きなので、この音源なら推薦できるね。

未だにold AGのsplit 7'を探しているんだけど、流石NASUMは見つからないね。あとPUTRID OFFALも。うーん、欲しい...。VIOLENT HEADACHEは見つかったんだけど。
コメント (1)   トラックバック (8)

EXCRUCIATING TERROR

2005-02-13 17:52:05 | power violence
さて、EXCRUCIATING TERROR。
最近、GuのJerryの新たなバンド、BLOODY PHOENIXの7'が発売され、まさにE.T.だったんだけどやっぱりこちらの方が強烈だったな。
このバンドを知るきっかけとなったのは、PESSIMISER RECORDSの「CRY NOW, CRY LATER Vol.2」compだったね。Vol.3を先に買い、内容が良かったので後で見つけて買ったのだけど、「one, two, one two three four」の叫びから始まる「Life Ends」はとにかく衝撃的だった。
あのTERRORIZERが復活したかのようなbrutal、fastなビート。歪みきったリフの応酬。low、highを使い分けて絶叫するVo。常人の神経を逆なでする爆発力だったね。
そしてまもなくして買った1st「EXPRESSION OF PAIN」CD。デビュー後かなりの年数を経てリリースされたこれはまさに進化したTERRORIZER。歪みきった音にその時代の最大限のbrutalさを出したような感じだった。
そしてlive 7'、AGATHOCLESとのsplit 7'を経て出た今回紹介の「DIVIDED WE FALL」CDは前作を遙かに凌ぐ壮絶さだった。先のsplitで新作への期待は否応もなく高まったのだが、これに収録されている全21曲、前作に見られたDEATH METAL色が影を潜め、代わりに出てきたPOWER VIOLENCE臭。短期間で終息したシーンの刹那的故魅力的な態度が音に表現されている。
まだ未聴な方は是非!まだ入手は楽だと思うけどどうかな?

ところで彼らの初音源の7'、絵すら見たことも無いんですけですけど...。ああ、欲しい。
コメント (1)   トラックバック (4)

NASUM

2005-02-12 11:45:49 | grind
まず、一番最初に書こうと思ったのは、皆さんもご存知NASUM。
年末に飛び込んできたVo/GのMieszkoがタイのピピ島で行方不明になったというニュース。バンドのオフィシャルサイトで公式見解が発表され、今日現在までその情報に何の動きも無いが、僕としては奇蹟を信じて疑わない。
さて、NASUMを今更紹介する必要もない位、ビッグな存在となってしまった。GRINDをDISCORDANCE AXISと共に新たな可能性を示唆したバンドだと思うのだが、今のスタイルが形成されたのは今回紹介する「WORLD IN TURMOIL」 7'ではないかな。
僕が初めてNASUMを聴いたのが、最近フォーマットを変えて再発された「INDUSTRISLAVEN」CDだったけど、正直この時は上手にNAPALM DEATHしてるな位にしか思わなかった。それはPSYCHOとのsplit 7'でも同じ。けど個人的にはこちらの7'の方が好き。
しかし、Dr/Voを担当していたRickardが抜け、Mieszko、Andersの2人になってからの第1作目(?)。この7'は凄かった。いい意味GRINDにありがちな展開・リフが抜け、代わりにMOB 47直系(本当に好きなんだろうな、この2人。KRIGSHOT聴けば一目瞭然。)の爆走スラッシュパート炸裂。今のNASUMの基がここにあるね。全16曲捨て曲一切無しの超名盤。しかもこれ、日本のBLURRED RECORDSからのリリース。
その後、RELAPSE RECORDSで「INHALE/EXHALE」CDをリリース後は僕よりも皆さんの方がご存知なのであえて省略。
最新の「SHIFT」CDでは4人編成後初の音源となり、また大きく深化しその後の活躍に注目していた矢先のあの事件。奇蹟を信じている僕は悲劇とは言わない。

PS しかしNASUM/SKITSYSTEM split 7'、両バンドともビッグなのに地方に住む者にとっては1,000枚プレスはきついよ。再発して、BUSTED HEADさん。
コメント (2)   トラックバック (8)