騎士伯爵の日記部屋

ここはアニメ・ゲーム等の迷言、迷シーンを愛する男のブログ部屋です

PSヴィータでダウンロードしたゲームをクリアしよう その10

2019-04-07 | 攻略記事

人間関係を円滑にするには、言うまでもなく守らなきゃならないルールと言う物が有りますが、それマジで必要?と言うルールが少なからずあるのも事実
と言うか貴音やロコをネタにするな、もそうだけど、マイティセーラーごっこって…… つまり、テーブルの上じゃなかったら、やっていいのか、コレ……(笑
そしてマジレスするなら、サッカーや野球はむしろシンデレラの方だと思うんだけどなぁ…… やってる可能性があるアイドルからいるからね、あちら……

それはそれとして、本日はオレシカプレイ日記、昨日の予定でいたが、まぁ皆さんの知っての通りです あちらの感想を書きたくなったので
それと、昨日からドラクエ11をちょっとやってるので、微妙に短いです



ともかくまぁ9月、九重楼最上階にいる、なんか他の神様と相談せずに、人間に火や風の理を説いて、人間同士の戦争を加速させてしまった風神様雷神様の二人とバトル
PS版では、4迷宮の総大将の中じゃ、最も強い(二人なのもその要因の一つでしょう)らしいですが、どうにもコウにも微妙に弱い 白骨城の総大将の方が強い気がしたなぁ



そして10月はお業さんとバトる こちらは何度かやって、こっちも強くなってるので今までよりは楽でしたね 命中率の低い壊し屋の攻撃が通ったのも大きな要因なのかもしれませんが



そして大江山開門の11月、まずは最初の門にいる二つの銅像?な鬼とバトる こいつらは槍使いがいると結構楽ですね 二体まとめて攻撃できるし



そして朱点の居城を守る石猿田衛門とバトル 恐らく朱点の前のボスの中じゃ、最も防御力が高いかと ドラクエで言う所のスカラも使ってきますし



そしてどうも解放条件が満たしたらしく、この大江山で解放できる二体の神様も解放 ここ前来ると、ボーナス先勝点も結構多いイメージですね



ともかく下山と共に赤羽根が死去、で今回は終わりとさせてもらいます

ゆきさん ブービーさん コメントありがとうございます
ドラクエの復活の呪文は、ネタになりやすいのもチラホラ有る様で まあ普通に使える名前じゃこういうのは少ないんでしょうけど

それではまた明日♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
«  P「グワーッ肉球ぱんち!」... | トップ | クム「もう休憩だべか? 全... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
規則というより、注意事項。 (ブービー)
2019-04-07 20:11:30
 こんにちは。ブービーです。
 こちらは初夏と勘違いしそうな、暑い陽気になりました。特に、お昼以降は汗ばむほどで、布団がうっとうしく感じられました。
 とは言え、明日からは気候が急変しやすいということで、まだ油断できない状況です。
 シアターのお約束条項の件は、ネタであるものの、生々しい話でした。2条はまともですが、サッカーや野球をするな、ボタンを押すな、光を当てるななど、特定のアイドルへの注意事項がほとんどで、ツッコミどころ満点な内容でした。
 それにしても、放置しないでと書かれる青羽さん、色々哀れでした。
 そして、今回の『オレシカ』は、ボス戦の連続ということで、盛り上がる内容でした。石猿田衛門戦は、防御力の高さとデザインの良さもあり、印象に残る存在でした。
 ただ、主要人物が志半ばで亡くなっていくシーンは、ゲームの設定とは言え、やりきれない思いになりました。
 それでは、また今度。
あぁ… (ゆき)
2019-04-08 11:22:39
最後の最後にまたも寿命が…宿命とはいえ、やっぱりやりきれなくなりますねぇ。
いつも思いますが、敵キャラや神様の名前が面白いなぁと。どうやって考えたんだろうなぁ…風塵雷神のようなある程度の元ネタはあるんでしょうけどね。
石猿田衛門とか…なんとなく、キャプ翼の石崎を思い出してしまうんですが(笑)。
>ブービーさん (グラーフリッター)
2019-04-08 18:25:07
実際問題、シンデレラ程ではないですが、一癖も二癖もあるアイドルばかりですからねぇ 本編含めて
流石に高笑いの後せき込み禁止、とかそういうのは出てこないとは思いますが…… 放置はマジで哀れですね
オレシカ、独特なシステムのせいで、実の所あんまり盛り上がらないんですよ、実の所…… そういうの求めるのは、他のゲームにしてください、と言わんばかりに(涙
しかもキャラも生まれては死ぬという壮絶な設定で…… マジでやり切れません
>ゆきさん (グラーフリッター)
2019-04-08 18:26:48
だからこそ、朱点は倒さなきゃならんという訳で それでもやりきれない部分は強いですが
しかし和風RPGだけあって、かどうかはわかりませんが、元ネタはおそらく日本的な要素は強いと思います 攻略本にもどうも色々書いてるみたいですが
田衛門はなんかゴールキーパーを連想はしますね

コメントを投稿

攻略記事」カテゴリの最新記事