騎士伯爵の日記部屋

ここはアニメ・ゲーム等の迷言、迷シーンを愛する男のブログ部屋です

今回はむっちゃくっちゃ長かった(笑)

2011-11-23 | 動画

サブタイトル「セックスメン」から始まり、サブタイトル「萌え萌えウォーズEpisode1ファントム・エロス」を経て、今回……家猫シリーズ三部作と言う名を持つ事になってしまった最新作「変態仮面エロガイバー」なる動画が、先日投稿されたそうです
え? 何の話だって? 知る人ぞ知る高橋邦子の迷作RPG・「妹が作った痛いRPG」の話ですよ? ちなみに、毎度の事ながら、タイトルと内容に関連性は全くと言っていい程関係有りませんので、エロい物を期待してはいけません(笑)

ともかく、今回の序盤内容を少々……
ある日、川越市在住のネクロマンシー・アビゲイル氏の家に、アメショーな家猫・オスカーが潜入してきます その目的は、彼女の暗殺だったのですが……それをする理由は何と、その日の朝、自身が殺してしまった飼い主・マジソンと関わりが有ると言うのです!
まぁ、詳しい理由は動画を直接見てくれ、と言う事になるのですが……今回は再生時間が38分と中々に長かった! 故に、暇な時に、と言わざるを得ないのも事実なんですけどね……
それ故に、いろんな意味で色々と濃い……と言うか、カオスな展開となったのもまた事実……特にオチのカオス……と言うか、内容の酷さは、ある意味一見の価値アリかと
どう考えても万人受けする作風でないのは、何時もの事ですが……これを作る人って、ある意味では天才であるのも、また事実……だと思います

ちなみにこの高橋邦子氏の作品の中の登場人物のセリフに「その考え……人格が悪魔に支配されている!」と言う台詞が有りますが……もしかしたら悪魔に支配されてるのは、作者自身なのかもしれません…… んな訳ない?こりゃまた失礼

ブービーさん ゆきさん コメントありがとうございます
山田兄妹って一体何なんでしょうねぇ……伊波も何であんな兄の方に真面目に対応するのか……まぁ、そこは伊波の人間として無視するのもはばかれたからなんでしょうが……

それではまた♪


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ホント、限度があるよ!(笑) | トップ | 全力でアホ展開だ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう、凄い・・・。 (ブービー)
2011-11-23 22:02:10
 こんにちは。ブービーです。
 こちらは、雲が厚く張った、鉛色の空でした。休日ではありましたが、寒さで布団の中にばかりいました。
 今回の高橋さんの作品は、混沌の世界が最大限に表現されているようでした。闇鍋の中にいる食材達の気持ちはこんな感じではないかと、訳の分からない想像をしてしまいました。
 悪魔に心を支配されているとは、この作品や作者自身にピッタリ来るようでした。
 それにしても、舞台は何時も川越市ですが、実際に住んでいる人達がこれを見たら、どう思うんでしょうか?少なくとも、こんな住人はいない、と声を大にして言いたいでしょう。
 それでは、また明日。
うーむ… (ゆき)
2011-11-24 14:52:27
こういう世界観を構築できるセンスっていうのは、もう持って生まれた物じゃないと無理なんじゃないかっていうくらい、普通だとあまり考え付かない作品ですよねぇ…
クリエイターっていうのはどこかぶっ飛んでいないと衝撃的な作品は作れないんでしょうけど、この人を含めてニコニコではそれ系の人が結構いますね(笑)。
もちろん普通の作品やいい意味で手の込んだ作品も多いですが(笑)。ニコニコからクリエイターへの道を歩んだり、ボーカリストとしてデビューしたりという人もいるので、侮れないコンテンツになりましたねぇ。
まぁ…だからといって、この高橋さんがそっちに行けるかっていったら…難しいだろうなぁ(笑)。カオスすぎるから(笑)。
>ブービーさん (グラーフリッター)
2011-11-24 17:49:50
まぁ、何時もの事、と言ってしまえばそれまでなんでしょうが……でも、闇鍋と言う表現は納得ですね
精神が悪魔に、と思いたくないですが……否定できないのも、また事実なんですよね、あの展開は

流石に川越にあんな人達がいたら、かなり嫌かと まぁ、川越に住む人達も、多分ギャグで言ってると知ってくれてる、と思いますよ?
>ゆきさん (グラーフリッター)
2011-11-24 17:52:07
確かに、こう言う展開は、努力だけでは表現できない部分が有るのは、事実でしょうねぇ 少なくとも、私じゃ無理だと思います
ニコニコに限らず、ぶっ飛んだ物を持ってないと、凄い物は作れない、と言うもまた事実かと思いますね
でも、こう言うのからクリエイターなりなんなりの道を通る事が出来るのは凄い事でしょうね
でも、流石にこの高橋邦子さんは……カオスすぎますからねぇ……

コメントを投稿

動画」カテゴリの最新記事