横須賀うわまち病院心臓血管外科

左開胸の冠動脈バイパス術

https://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#

左小開胸の冠動脈バイパス術は低侵襲で合併症の少ない術式として、今後広まっていく可能性があります。特にカテーテル治療との組み合わせで完全血行再建を完成するのであれば十分な意味があります。海外のデータでは、ハイブリッド治療だと輸血率やICU滞在時間が有意に短くなる一方、医療費が増加するとの報告があります。

しかしながら左小開胸では視野不良で吻合が困難または無理、という症例もあります。この時のレスキュー手段としては皮膚切開を上腹部に延長して肋骨弓を離断して創を拡大するとすべての冠血行再建を容易に行うことができるようになります。創部は大きくなりますが、胸骨を離断するわけではないので、左小開胸と同等の手術侵襲での手術が可能です。縦隔炎や胸骨隨縁が起こることもありません。創の大きさにこだわるのでなければ、低侵襲冠動脈バイパス術の一形態として有効な治療法といえます。

心臓・血管の病気・診断・治療・手術について心臓血管外科専門医
による最新・最適治療の紹介

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「虚血性心疾患」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事