横須賀うわまち病院心臓血管外科

ロボット心臓弁膜症手術のラーニングカーブ

 ダビンチ手術支援ロボットを使用した僧帽弁形成術におけるラーニングカーブは、100~150例実施するとようやく安定するとのことです。これまで心臓血管外科でトレーニングされた期間を考えると簡単なことではありません。やはりHigh Volume Centerで実施するほうが有利ということになりますが、外科医の技術を将来ロボットが上回る時代がいつかはくることを考えると、横須賀市立うわまち病院心臓血管外科でも可能な範囲で始めておくべきか、迷うところです。まず、今年は施設見学に行くなどして、準備を進めていくことも考える必要があります。施設要件が整ったので、近日中にロボット手術を何施設かに見学に行きます。

心臓・血管の病気・診断・治療・手術について心臓血管外科専門医
による最新・最適治療の紹介

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「弁膜症」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事