mono森音

焼きもの・紙もの・布もの、そして贈りもの。
大切なmonoと出会う雑貨店。

音楽会のこと、3.

2009-09-29 | お知らせ
やさしい音色に包まれる秋の夜

Rauma

2009年10月8日(木)
18:30開場
19:00開演

前売り料金 2000円
(秋のスープとおやつ付き)


----------------------------------

二日前、雪虫が飛んでいるのを発見してしまいました。
この音楽会のことを相談し始めた頃はまだ夏前で
秋にひらく音楽会の季節感が今ひとつピンと来ませんでしたが
もうすっかり秋ですね。

さて、今日もフィンランドの楽器=カンテレについて書きたいと思います。

あらひろこさんのサイトで視聴された方から
良いリアクションをいただきました。
透明感があって美しい音色がとても好評♪ 嬉しいです。

スモールカンテレと言われる5弦のものから
コンサートカンテレと呼ばれる39弦のものまで
色々なサイズがあるカンテレ。
今回、あらさんは何台か持参してくださるそうです。
森音は狭い会場での演奏になりますが、
音色だけではなく姿も美しいこの楽器を
そして、弦のタッチや指使いなどを、
間近で見て感じる事が出来るのがとても楽しみ。

そして、10/8@森音はRauma秋の道東ツアー最終日になります。
きっと演奏者であるお二人もゆったりとした気分で
演奏してくださるのでは・・・と期待しています。
ツアー初日とか、最終日っていうのは特別感があって
もうそれだけでなんだか嬉しくなってしまう。
演る側はどうなんでしょうね?
聞いてみたいものです。


今回、音楽会のお知らせで使用している画像は
あらさんやRaumaのサイトなどから許可を得てお借りしています。
演奏中の親しみやすい動画が無いかなーと探していたところ
とてもユニークな動画に出会いましたので、
今日は最後にこちらを紹介します。

ハンヌ・サハ氏とアンティ・ケトウネン氏による
【Kellopolkka ~時計のポルカ】
男性二人が振り付けを交え真顔で演奏するとっても愉しい動画です。
これを観るとカンテレの事がもっと好きになるはず(笑)
ぜひご覧ください♪(けっこう頭の中で回ります)

ではでは今日はこの辺で。


Kellopolkka (The Bell Polka)




音楽会のこと、2.

2009-09-27 | お知らせ
やさしい音色に包まれる秋の夜

Rauma

2009年10月8日(木)
18:30開場
19:00開演

前売り料金 2000円
(秋のスープとおやつ付き)


----------------------------------


今日の画像は、Raumaのカンテレ奏者あらひろこさん。
秋の森で演奏するこの写真、とても好きです。

フィンランドの楽器=カンテレは、楽器の名前は知っていましたが
実際にその楽器が奏でる音を聴くのは今回が初めてでした、私。
あらひろこさんのサイトを訪れたり、
あらさんに楽器の事を教わったりCDを聴いたりするうちに、
その美しい調べに強く惹かれるようになりました。

あらさんによると、北欧のフィンランドは北海道に気候も近く、
この寒いところで奏でる事を目的に作られた楽器は、
道東の秋の季節にきっと美しく響くことでしょう とのこと。

私のイメージでは、教会に響いている静かな美しい音、
そしてその静かな中でリラックスさせてくれる音~
カンテレの奏でる音にそういう印象を持ちました。
そのようなイメージから
森音の演奏環境について色々と妄想が膨らんで
二階の空間を使って、窓から見える月や星空を見ながら・・・
いっそみなさんに枕やクッションを持参してもらって、
体育座りやゴロゴロしたりしながら聴くのも愉しそうだなーとか
季節によっては、窓から入る風を感じながら
昼間の演奏会も良いなーとか
本当にいろんな場面が浮かびました。

打合せを進めるうちに、馬頭琴奏者の嵯峨治彦さんと
共演で来てくれることになり、であれば
いっそあたたかなスープの香りが漂う秋の気配の店内で
演奏者を身近に感じながら愉しむ、
アットホームな感じの音楽会にしよう!と
ある日そんなあたたかいイメージがわいて、そう決めました。

今回の音楽会の打ち合わせは、あらひろこさんと進めてきました。
『森音縁日』のイベントが終わって、
抜け殻のようになりボンヤリしてしまったけれど
愉しげな音楽会のイメージが掴めてきたのは
あらさんが根気強く私の質問や不安を受け止めてくれたからでした。

今は、しっかり当日の愉しい音楽会がイメージできています。
演奏者を囲むように聴衆が小さな輪を作り
ドキドキやワクワクはいずれ安らかな驚きに変わり
やさしく美しい音色に聴き入るわたしたちの姿。


今回の音楽会は、いつものイベントとはまた少し趣が異なり
多くの人に来て欲しい!といったものではありません。
座席数も本当に限られていますし、また、人数は少なくても
興味と期待を持って来てくれる方々で会場が満たされると良いなぁと
そんな風に思っています。
基本的には森音で販売している前売りチケットを
購入していただくのが一番確実ですが
お申し込みはお電話やメールでも受け付けします。
その場合、前日10/7までにご入金をお願いします。

前売りチケットのほか、あらひろこさんのCDも二種類販売中です。

  
Moon Drops(2007)  garden(2004)

寝室で聴く、心を落ち着かせたい時間に聴く、
聴き飽きないアルバムです。
予習用にもオススメします♪




音楽会のこと、1.

2009-09-26 | お知らせ
やさしい音色に包まれる秋の夜

Rauma

2009年10月8日(木)
18:30開場
19:00開演

前売り料金 2000円
(秋のスープとおやつ付き)




Rauma:ラウマ
フィンランドの楽器=カンテレの音色で情景を描き出すあらひろこと
モンゴルの伝統楽器=馬頭琴・喉歌を自在に操る嵯峨治彦のユニット。
二人それぞれのオリジナル曲や、フィンランド・モンゴルの曲などを
即興も交えて演奏します。

カンテレは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を指でつま弾いて奏でる美しい響きの楽器です。

馬頭琴は、モンゴルの遊牧民に古くから伝わる二弦擦奏楽器。
楽器頂上には馬の頭部の彫刻が施され、縁起の良い楽器として、
今もなおモンゴルで愛されています。



この音楽会のこと、ご案内したい事柄が色々あるのですが、
今日はまず基本情報のみお知らせしますね。

Raumaについてや、カンテレ・馬頭琴のことについては
また改めて書こうと思いますが、
まずは、用意できる資料として
馬頭琴のことがモンゴル民話を元に書かれている
感動絵本『スーホの白い馬』をわかりやすい所に出しました。
カンテレについては、今回演奏してくれるあらひろこさんのCDを
店頭で販売中です。視聴も出来ますので、お気軽にお声掛けください。

そして、最近は、事前にアーティスト情報を
ネットで知ることが出来るのがとても便利です。
せっかくアーティスト側からこうして情報提供されていますので
ぜひあちこち訪ねてみてください。
画像やプロフィールを見ているとイメージが湧いてきますよ♪
視聴もできますので、ぜひどうぞ♪♪


Raumaについては、RaumaのMySpace
http://www.myspace.com/raumaduo

カンテレ奏者、あらひろこさんのサイト
http://white.ap.teacup.com/kantele/
同じくあらひろこさんのMySpace
http://www.myspace.com/hirokoara

馬頭琴奏者、嵯峨治彦さんのサイト
http://tarbagan.net/saga/




新色。

2009-09-25 | 商品情報
マスキングテープに新しい柄がどっさり入荷。
もはや定番化していて、マステのお知らせも久しぶり。
新柄の入荷もとっても久しぶりで、すごーく新鮮!

どれもバラ売り、1巻 168円です。
ビニールパック無し(パック製品が嫌いなんですよね・・)で販売開始。
さっそく売れていっています。

HP雑貨カタログにも掲載しました。
発送もやってますのでどうぞご利用ください。

http://cafe-morion.hp.infoseek.co.jp/zakka.html


 

がま口について。

2009-09-21 | 商品情報
牛革製 印鑑ケース 1103円


がま口に新しい仲間が増えました。
スリムなボディに朱肉を内蔵したスタイリッシュがま口。

入るものあれば去るものもあり・・・・・

好評だった、手のひらに収まる小さながま口2種は
生産終了になってしまいました。
現在持っている在庫分で販売終了となります。
リピーターの多い商品だったので残念ですが、
買い足しなどご予定がありましたらお早めに。

カタログに、新商品と在庫を記載しました。

http://cafe-morion.hp.infoseek.co.jp/zakka.html

--- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

今日中にBlogで紹介するところまで辿り着けませんでしたが
秋の演奏会イベントについて、HPのinfoページにアップしました。
フライヤーも完成しましたので、明日より配布します♪
Blogでは、明日以降モリモリとお知らせしていこうと思いますので
開催までお付き合いよろしくお願いします。

infoページはこちら↓
http://cafe-morion.hp.infoseek.co.jp/info.html



季節変わり。

2009-09-20 | 商品情報
てぬぐい、入荷しました。

シーズン柄も入荷です。
手前左より 雪・柊(ひいらぎ)・クリスマス

久しぶりに注文した柄も。
奥左より 黒自転車・蕪(かぶ)・月見の宴・切継ぎ~ここまで1050円
~ここより840円~かまわぬ・萩・オカメインコ
かまわぬ と 萩 は新柄です。

新柄は未掲載ですが、入荷柄はZAKKAカタログへアップ済み。
てぬぐいカタログ、全体的に少し整理しました。

http://cafe-morion.hp.infoseek.co.jp/zakka.html


美しい冬の季節柄も有り、一年中販売しているてぬぐいですが
夏場に比べると販売量が減るのも事実で。
入荷も冬季はペースダウンします。
夏場は少なくても月二回くらいは納品されていましたが
今後は月一程度の納品ペースに。
欲しいと思った柄が欠品してしまうと、
しばらくお待ちいただく場合もございますのでご了承ください。

カタログにもありますが、現在積極的に取り扱っていない柄でも
ご希望があれば取り寄せが可能です。
同じ柄を大量に、といったご注文ももちろん大歓迎です。
取り寄せの場合、お待ちいただけるのであれば
別途送料などはかかりません。
お急ぎでの取り寄せも出来ますが、
その場合は送料がかかる場合がございます。
お気軽にお問い合わせください。



日本で一番。

2009-09-19 | 近郊散歩
今週月・火の連休に、日本で一番早い紅葉を見てきました。
旅のお供は、神奈川県相模原市の花屋『宿り木』オーナー。
この時期になると、一足早い秋の素材探しと北の友人巡りに毎年来北。
毎年、どこを案内しようかと一年かけてポイント探し。
旅人に、自分の住む土地をより良く紹介しようと目を凝らすのは
住人にとってもとても良い刺激になります。

今回は少し遠出をして、大雪山周辺へ行ってきました。




ロープウェイとリフトを乗り継いで黒岳へ。
ウィンタースポーツをしないので、こういった乗り物がまず久しぶり。
すでにテンション上がりっっぱなし。盛り上がります。




お山の上はすでに色づき始め、標高が少しずつ上るごとに
色合いが変わっていきます。
リフトの最終地点は黒岳7合目付近。
登山の苦手な私たちは、登山者名簿に記名したものの
ほんの数回登山路を折れ曲がった地点ですぐに下山。
お山の冷たく澄み切った空気と紅葉の色彩に包まれて
充分満喫、そして満足。




泊まった宿は『大雪高原山荘』 実は今年二度目の宿泊。
一度目は春、雪解け水の滴る高原へ。




まだ残雪の多く残る6月中旬の山荘付近。
雪解け水があちこちに小さな滝を作り川へ流れ込んでいました。







そして、この時に見たものは、日本で一番遅い桜だったのです。

遅い春に訪れたこの宿と周辺がすっかり気に入って
早い秋を探しに来る友人をぜひここへ連れて行きたかった。
縁日でクタクタの私と、同じくイベント直後でグッタリの友人、
お山の清浄な空気と、大雪高原山荘で過ごす静寂な時間※に
すっかり癒され、気持ち良く帰路につくことが出来ました。
※宿の部屋にテレビは無く、携帯も圏外、
 この遮断された感じがまた嬉しいのです。
 そして晴れた夜の露天風呂から見上げる星空の見事さ!
 満天星!星団!!天の川!!!眼福!!!!
 何度でも泊まりたいオススメ宿です。


私たちが訪れたのは平日でしたが、
日本一早い紅葉を見ようと、大雪山周辺には
たくさんの人が集まっていました。
紅葉はこの連休辺りがハイピークのようですよ。
美幌町からだときっと車で3時間くらい。
登山しなくても(もちろんしても)とても気持ちの良い大雪山付近。
北海道の雄大さを感じるとともに
こういう秋の定番ともいえる過ごし方も良いもんだなーと
改めて感じる小旅行になりました。

北海道を愛して通ってくれる友人と連れ立って
足元を見つめる旅へ、それから美幌へ。
連夜飲みつつ語る異業種トークも楽しくて。
宿り木さん、今年もありがとうございました。
また来年お待ちしています。



もうカレンダー。

2009-09-18 | 商品情報
Desktop Calendar 578円

お久しぶりです。
少し更新を休んでいる間にさーっと時間が進みまして
今日は、来年のカレンダーの紹介です。
小さな絵本のような愛らしさ、デスクトップカレンダーは
フロッピーサイズのケース入り。
贈り物としても人気が出そうなサイズ&価格です。



Wall Calendar 893円

毎年人気のウォールカレンダー、クラフト紙仕様でグッとシックに。
英字新聞をコラージュしたデザイン。
こちらは書き込み欄が大きくて使いやすいです。

週末は雑貨が色々と入荷する予定。
Blogの方もそろそろ以前並みに更新していこうと思っています。
色々な作業が滞り気味なので、気合を入れて頑張らねば。

来週は連休ですね。
新しい商品も入荷予定です。お楽しみに♪



余韻。

2009-09-13 | コラム
森音縁日から一週間が経過しました。
お客様からお手紙やメールをいただいたり
出店者のBlogを読んだりして、
あぁ、それぞれに楽しんでいただけたのだな、と安堵しています。
本当にありがとうございました。

まさに祭りのあと・・・という感じで、とても静かな毎日。
賑やかだったあの一日が、すでにもう幻におもえるほど。
イベントの時に初めて訪れてくれた方が、
後日通常営業のお店に来店されるとたいてい驚かれます。
そうなんです。普段はこんな感じでいたって静かなお店なんですよ。
おひとり様歓迎、長居大歓迎、
本を読む、手紙を書く、ボンヤリする
そんな風に過ごして欲しいゆったりと時間の流れるお店です。
と、このような様子も愛していただけるよう、
イベント以外でも足を運んでいただけるようなお店を目指して
これはもう地道に頑張っていくしかないので、一歩一歩頑張ります。

以前より時々漏らしていた秋の音楽イベントが来月の開催です。
そろそろご案内をしていきたいのですが、すみません。
今週は本当に脳内が痺れたみたいになって(苦笑
何も考えがまとまらないので、もうちょっとしたらお知らせします。

チャカチャカと打っているイメージかもしれませんが
実はBlogを書くのにも相当時間のかかるタイプでして、
一本の記事を書くのに1~2時間とかザラなんです。
こんなまとまらない文章一本書くのにもすでに30分経過。
なので、頭の中がもう少し整頓されないと
次の事が考えられず、まして文章は・・・・・という感じ。

まとまらないながらも、縁日以降通信が途絶えてましたので
近況報告として雑文ですがアップします。
復活までもう少々お待ちくださいね。
(まったく非力脳で申し訳ない)



感謝御礼。

2009-09-08 | お知らせ
年に一度のお祭り『森音縁日』終了しました。

縁日らしい賑々しさや人の流れ、
様々な形の買物袋を手に提げて行き交う姿、
またその一方では腰を下ろしてゆっくりと談笑する姿、
それはもう驚くほど多くの来場者、
そして頼もしい出店者に囲まれて
とてもとても楽しい幸せな一日を過ごす事が出来ました。

もう、なんていうか、その賑わいぶりは、
感激とか軽~く通り越してしまって
自分の身に起こっている出来事だと実感できないほど!
ただただあんぐりと、流れに身を任せっぱなしで
一日を終えてしまった・・・そんな感じがします。

今回は、森音のスペースはなるべく普段通りに。
この日限りの出店者さんに多くの注目が集まるよう
ガイドに徹するつもりでいました。
見た事のある方へはなるべく声をかけたり
好きそうな場所へご案内したいと思っていましたが
実はガイドなんて不要で、お客様はみなそれぞれに
あちらこちらを訪ねては愉しげに過ごされている様子が
一日中目に入ってきて、とても嬉しく思いました。

本当にまったく予想だにしていなかった来場者数に
駐車場があっという間に足りなくなってしまい、
近隣の飲食店にご迷惑をかけてしまったことが
たった一つ悔やまれる申し訳ない出来事でした。
せっかくだったらふるさと祭りで賑わう美幌町へ
多くの方に来ていただきたい!
そしてお祭り会場だけが賑わうのではなく
この商店街にも活気があったら嬉しいなと思って始めた
イベントだったのだけど、逆に迷惑をかけているのだとしたら
来年以降は何か場所を変えるとか考えなくてはいけないのかも
しれません。とにかく課題も残ってしまいました。

とはいえ、三年目の『森音縁日』が多くの人が集まって
幸せな一日を過ごす事の出来るイベントになってきたのは
こうして足を運んでくださるお客様や
たくさんの作品や商品・アイディアを持って店開きしてくれる出店者、
そして集客の協力をしてくれる方々のおかげです。
いつも言葉ばかりで申し訳ありませんが本当に感謝しています。
ありがとうございました。

徒歩や自転車でかけつけてくれた町内の常連さん、
北見網走や弟子屈・中標津・別海・知床・釧路・帯広・陸別など
本当にあちこちから森音へ、
そして美幌町ふるさと祭りへ、訪ねてくださってありがとう。
小さな古本市を開催していた豆灯さんへも多くの来店があったようで
豆灯さんからの感謝の気持ちも合わせてお伝えしておきます。
ありがとうございました。

明日からはまた日常が始まります。
感謝の気持ちを忘れず、より良い店作りに励みたいと思います。



私にとっても楽しいイベントでした。
本当にありがとうございました。