mono森音

焼きもの・紙もの・布もの、そして贈りもの。
大切なmonoと出会う雑貨店。

残したい素敵建造物。

2007-05-01 | 古い建物のこと

旧図書館の事を思い出しているうちに
なんだかこの物件について書きたくなってしまった。

美幌町内に現存する建物の中でベスト10に入るであろう建造物。
(もちろん自分の個人的趣味ランキング)
木枠の扉や窓・そこかしこに細かい細工が有り、
いつもこの前を通過するたびにウットリ眺めてしまう。
現役で使われているのも◎

正面入口上部の窓はこんな。

無駄とも思える装飾が素敵。
空をこんな風に映す窓は、そうそう見ません。

みどりへ。

2007-05-01 | お知らせ
美幌町内、北見寄りに美禽(みどり)という地区がある。
私が子供の頃は農業地域であり、スキー場=リリー山のある場所でもあった。
現在この美禽地区にはリリー山周辺に様々な施設が建っています。
美幌に引っ越して来て今まで訪れたことが無かったので、
今日は博物館の「ハチ」と農業館の「竹細工」、二つの企画展を覗いてきた。

昨年、外来種でありその繁殖が危惧されている"セイヨウオオマルハナバチ"が
何度も森音の庭に訪れた事で、個人的に興味を持っている「ハチ」について
なるほどーと思いながら勉強してきた。
「ハチ」の展示は5/20まで。 博物館URLはこちら↓
http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/museum/index.html

「竹細工」の方は、雑貨や籠(バスケット)が好きな人にとっては
かなり楽しい展示だと思う。
雑貨屋に並んでいたら欲しいと思うような籠達がたくさん並んでいた。
こちらは5/13まで。 農業館URLはこちら↓
http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/bibot/index.html

余談ですが、昔の博物館は役場の裏にある旧図書館だった場所にあって
この木造の建物はとーっても大好きな場所だった。
図書館時代の天然光が照らす木の床・寒々しいけど凛としたお手洗い、
図書カードを入れる引き出しなども凄く素敵だった記憶があります。
今はもうこの建物はありません。


画像は「竹細工」展のものです。うっとり。