mono森音

焼きもの・紙もの・布もの、そして贈りもの。
大切なmonoと出会う雑貨店。

おしらせ。

2018-09-04 | お知らせ
九月になりました。七月・八月は忙しくあっという間に過ぎ去りましたが、九月に入って少しゆっくり。めっきり秋めいてきましたね。

今週は、火・水の定休日と、6日(木)が臨時休業日になります。
展示会へ行ってきます。
台風接近が気になりますが、金曜日から通常営業の予定でいます。

今月は、ほかに臨時休業の予定はございません。
九月もどうぞよろしくお願いします。



御礼。

2018-08-09 | お知らせ



週末のSOMOKUYAジャック企画、無事に終了しました。

今回も二日間とも天気に恵まれて(晴れ女です)
なんのトラブルも無く、ただひたすらに
楽しく過ごすことが出来ました。


ご来場くださいましたみなさま
告知にご協力くださいましたみなさま
まことにありがとうございました。

ガイド部門もとっても忙しかったそもくやさん
新社屋、初めてとは思えない居心地でした。
あらためて移転おめでとう!良い店だね!
そして、お世話になりました。ありがとう。

たまごサンドやたまごのお菓子を並べてくれたポロニ養鶏場さん、
タープを張ったテラスでゆっくり過ごしてくださる方が多かったのは
ポロニさんのおかげです。二日間ありがとうございました。

札幌から駆けつけてくれた、タロットリーダーMAO
食事や休憩取れないほど、二日間リーディング漬けでしたね。
おつかれさまでした。ありがとう。
またぜひ道東に来てください。
企画しますね。







ちょっとしたところも素敵なそもくやさん。
次は恒例の年末イベントでお会いしましょう。







音楽のフェアは、美幌と弟子屈二カ所で開催。
こちらも無事に終了しました。
通販のお申し込みもたくさんありがとうございます!
やっと整理してお返事差し上げているところです。

CDカタログは13日まで公開しています。
http://cafe-morion.com/

通販も、まだまだお申し込みを受け付け中~~
むしろ出張イベントが終わった今から大募集!な感じです。
自信を持っておすすめしたいCDがたくさん揃っています。
ぜひこの機会をご利用ください。
店頭からは下げてしまいましたが、森音にまだCDはございます。
発送ではなく、取りに来られるのももちろんウェルカム!!
カタログを見て気になるものがございましたら、ご連絡を♪

ご利用お待ちしています。




いよいよですよ!

2018-08-04 | お知らせ
今週末は、峠を越えて「そもくや」へ。

そもくやからの楽しげなお知らせは読みました?
いいねいいね!いつだってそもくやとのイベントは、楽しいことにしかなりません。

わたしたち森音は、美幌会場での音楽のフェア二日間を終えました。
週末都合がつかなくて~と駆けつけてくださったみなさま、ありがとうございました。

そして、出発の準備は整いました!
いつもとちょっと違う商品も用意しましたのでご紹介します。






まずは、画家・民野宏之さんの新作しおり。
届きたてほやほやのところを、そもくやさんで初お披露目。
森音で購入して気に入って使ってくれているマグカップや、身近な画材などを描いたしおりです。
夏っぽくて良いですね♪

そもくやは、オリジナルの紙モノが充実しているお店なので、今回持参する紙モノはこの新作しおりのみを厳選。








続きまして、トラベルタンブラー。
まだBlogでもinstagramでご紹介していませんでした。なぜなら人気があって、並べるとすぐに売れてしまい、撮影するほど色が揃わなかったんです。やっと揃いました!逆光で写したのでわかりづらくてごめんなさい。左より、ターコイズブルー・ホワイト・ブラック・カーキ/350ml 2600円。奥に見えますのは初登場、大サイズ/500ml 2800円。大はブルーとホワイトのみの入荷です。

ほかにも、そもくや出店に間に合うといいなーと注文したレインコート&ジャケットが入ってきています。雨具は定番のように販売を続けている商品ですが、久しぶりの入荷です。レインハットや防水のミニバッグもお持ちしますね。







久しぶりと言えばこちらも!
愛らしいガラスの小瓶。リサイクルガラス製で、お値段たったの200円!
昨年爆発的に売れて、売場から無くなってしまってから「もう入りませんかー?」のお問い合わせが多かった商品です。今年は初入荷。たくさん仕入れたのでたくさん並べます。

などなど、SOMOKUYAに並べたい商品をぎゅっと詰め込んで向かいますねー。







8月4日・5日(土・日)
OPEN 11時
CLOSE 17時


~~~~~~~~~~

新しく拠点を移したSOMOKUYAへ
雑貨と、夏におすすめしたいCDと、
新拠点への興味と、愛とを持って、
峠を越えて、そもくやジャックに伺います!

~~~~~~~~~~










弟子屈町・屈斜路で会いましょう!!
たくさんのご来店お待ちしていま---す。





夏のApres-midi Records 祭り。

2018-08-03 | お知らせ
みなさまこんにちは!森音CDフェアを担当しているスタッフのジュリです。
全国的に記録的な猛暑が続いている今夏、みなさまいかがお過ごしでしょうか?くれぐれも体調など崩されませんようご自愛くださいね。

毎年恒例となった、森音 夏のCDフェア『Summer Breeze』今年もはじまりました!ありがたいことに、このフェアを心待ちにしてくださっているお客さまが、回を追うごとにどんどん増え続けています。「次のCDフェアはいつ?」「フェアに行きたいから、仕事のシフトを調整しました!」など、毎回涙が出そうになるほどの嬉しいお言葉を、たくさんの方からかけていただいております。みなさま、いつも本当にありがとうございます!

実は今回、Summer Breezeファン(と敢えて言わせてください!)のみなさまがグッときちゃうような、スペシャルな企画をご用意しております。題して『夏のApres-midi Records祭り』!森音のCDフェアでは、欠かすことのできない最重要人物、選曲家 橋本徹氏(SUBURBIA)が主宰するレーベル「Apres-midi Records」。全国の耳の肥えたコアな音楽ファンの心を虜にし続けているこのレーベルの作品は、もちろん森音のフェアでも毎回絶大なる人気を博しております。今回『夏のApres-midi Records 祭り』と称して、最新作をはじめ、これまでリリースされた橋本さん監修の選りすぐりの傑作が特別ブースにてずらり並びます。季節の移ろいや、日常の風景にそっと寄り添い、心に潤いと彩りを与えてくれる、極上のコンピレイション・アルバム、音楽への深い愛と情熱、そして息づかいや体温までもが、じんわりと伝わってくるような、珠玉のアーティスト作品など、「Apres-midi Records」でしか表現できない、胸を打つ奇跡のラインナップ。ぜひこの機会に手に入れて聴いていただけたら嬉しいです。

そしてそして!さらにスペシャル・サプライズ!
今回このフェアに際して、なんとなんと!橋本さんご本人から、森音のお客さまへメッセージをいただいております!
橋本さん、お忙しい中、そして記録的な酷暑の中、心のこもった美しいメッセージを本当に本当にありがとうございました!感涙!


♪♪♪♪♪♪♪♪♪


夏、東京は猛暑が続いていますが、皆さん夏バテなどせず、元気にすごされていますか?
恒例となった「森音」のCDフェア(この夏は僕がよく寿司と温泉を目当てに訪れている川湯でも開かれるとか)、いつもノゾミさんやジュリちゃんの尽力のおかげで、僕の好きな音楽を北海道の皆さんにお届けできていることを嬉しく思っています(しかも日本有数のCD売り上げです)。

僕が主宰しているアプレミディ・レコーズから、このところとてもいいCDが続けてリリースされているので、今年はいつにも増して「アプレミディ・レコーズ祭り」という感じでやりたいとご連絡いただき、感謝の気持ちもこめてペンを執りました。
暑い夏にとろけるように甘美でメロウ・チルアウトなサマー・ソウルを聴かせてくれるマイケル・セイヤー、アフリカならではの大らかな包容力と生命力に真摯なスピリチュアリティーが溶け合う心地よいグルーヴのジャズが聴けるモーゼス・タイワ・モレレクワ、枯れた音色の繊細なギターの弾き語りが奏でる現実と夢のあわいを揺らめく音像が古いモノクロ映画のような深い陰影と淡いメランコリーを描くトム・ギャロ、知性と野性が伸びやかに混じり合いしなやかで生き生きとした歌声とまろやかで洗練されたアレンジメントが叙情豊かな“サンパウロの宝石”と称賛されるルエジ・ルナ、などなど。

日常の中でふと、音楽に胸が高鳴ったり、音楽で心安らかになったり、音楽に救われたり、というような時間を、多くの皆さんに体験していただけたら嬉しいなと思っています。
平成最後の夏、アプレミディ・レコーズのCDを思い出のサウンドトラックに、素敵な夏をおすごしください!

2018年7月25日
橋本徹(SUBURBIA)


写真は 渋谷 カフェアプレミディ



私が橋本さんとはじめてお会いしたのは今から約13年前、橋本さんが監修&選曲をした『We Love Free Soul』というコンピレイション・アルバムのリリース・ツアー@北海道のサポートDJをさせていただいた時でした。もともと橋本さんが手がけられたコンピ(カフェ・ミュージックの代名詞となった大人気・コンピ・シリーズ「カフェ・アプレミディ」、累計セールス120万枚を越える大ヒット・コンピ・シリーズ『Free Soul』)や、ディスクガイド「サバービア・スイート」の大ファンでしたので、一緒にDJブースに立ったときには、正直、嬉しさ以上に緊張で体がガッチガチになっていたのを今でもよく覚えています。その出会いがきっかけで、その後も北海道のDJ仲間と橋本さんをゲストに招いたイヴェントを開催したり、逆に東京の橋本さんのイヴェントにDJとして参加したりと、今もなお音楽を介してたくさんのかけがえのない時間を共有させていただいています。そして今現在、橋本さん監修のUSENの音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」のセレクターの一人として、毎週土曜日の選曲を担当させていただいております。青春時代に「カフェ・アプレミディ」を繰り返し聴き続けた、一ファンの私にとって、こんなに光栄で誇りに思えることは他にありません。音楽が繋いでくれた縁に心から感謝するばかりです。


「あなたは音楽を愛していますか?大切なのはレコードやCDをたくさん持っていたり知っていたりということではなくて、その音楽が流れていた時間や空間にどれだけ思い出が詰まっているかだ。その思い出にこそ音楽を愛することの喜びがあふれている。もちろん純粋芸術としての音楽の存在を僕は否定しない。でも仮に人間が追憶という感情や記憶の温もりを失くしてしまったら、音楽はひどく味気ないものとして響くだろう」(2006年 「音楽のある風景」より)


これは以前、橋本さんが「usen for Cafe Apres-midi」の5周年を記念して発行された書籍の中で語られていた言葉です。膨大な音楽知識やライブラリーを有し、選曲家として常に音楽業界を牽引し続けている橋本さんが、こういう感覚をなによりも大切にされているのだと思うと、なんていうかすごくホッとするというか、グッとくるというか。なんだかすごく勇気をもらいます。読むたびに胸がじーんと熱くなる大好きな文章です。

橋本さんの真摯な音楽愛に満ちた「Apres-midi Records」の作品の中には、きっとあなたの心にダイレクトに響くマイ・エヴァーグリーン・アルバムがあるはずです。
森音がお届けする、この夏のスペシャルイヴェントに、みなさまもぜひ足をお運びください!





-----以下店主より。
本日のBlog文章を書いてくれた、スタッフじゅりちゃんが森音にスタッフとして来てくれるようになったのは2011年3月から。同年6月に、橋本徹さんが中心となり、14人(当時)のusen for Cafe Apres-midi選曲家が編んだコンピレイションアルバム『Haven't We Met?』が発売されました。そのCDを森音で販売しよう!と盛り上がり企画して、それが記念すべき音楽のフェア第一回目になりました。上の写真はその時のものです。以降、たくさんのリピーターさんとの出会い、フェアを始めたからこその音楽会開催や音楽家たちとの交流など、森音の歴史にたくさんの素晴らしい想い出を刻み続けてくれています。
『Haven't We Met?』の発売は、新しいことを始めてみよう!という衝動をわたしたちに与えてくれました。そのパッションはCDを並べるフェアだけではおさまりきれず、同2011年9月には「Living」というイベントを開催し、本日メッセージを寄せてくださった橋本徹さんを美幌町にお招きしています。長く音楽を楽しみ続けているわたしにとっても橋本徹さんは、尊敬する音楽仕事人でしたから、まさか森音でこうして関りを持つことがあるだなんて夢にも思っていませんでした。音楽はいつだってミラクルでマジカルです。

2011年、森音初の音楽のフェアに並んだ11タイトルは全て橋本さん関連の作品でした。それから7年が経ち2018年『夏のApres-midi Records 祭り』には14タイトルの関連作品を並べました。それを含めた全68タイトル、今回も素晴らしい音楽を集めることが出来、橋本さんやレーベルには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。じゅりちゃんもおつかれさまです。いつも本当にありがとう。

そしてなによりも、こうして回を重ねてこられたのはお客様みなさまの熱いご支持があったからこそです。本当に本当にありがとうございます。
本日は美幌町・森音で、週末は弟子屈町で、みなさまにお会いできますのを楽しみにしています♪



summer breeze 2018。

2018-08-02 | お知らせ


波の音、鳥の歌、虫の声、

もしくは街の喧騒、夏のざわめき、

照りつける太陽を浴びながら、

木蔭を探してさまよう夏の休日。

短い夏の特別な一日を一緒に過ごしたくなる

夏のそよ風のような、

時に気分が上がるような、

そんな音楽を集めました。

ジャズ、ボサノヴァ、シンガーソングライター、
ソウル、エレクトロニカなどを中心とした
さまざまなジャンルの音楽CDを集めて販売します。

CDはすべてご試聴いただく用意がございます。
試聴の際にはセレクトのお手伝いをいたしますので
どうぞお気軽にお声掛け・ご相談くださいね。
期間中、CDをお買い上げの方全員に、
オリジナルコンピレイションCD-R
『summer breeze 2018』をプレゼントいたします。

2018.8月2日(THU)〜 5日(SUN)
   2日・3日 美幌/mono森音  10:30~18:00
   4日・5日 弟子屈/そもくや   11:00~17:00



さて、いよいよ本日から!この季節におすすめしたい音楽CDを並べるフェア【summer breeze】が始まります。実店舗での開催は2ヵ所をラウンド。前半2.3日が森音/美幌場所。後半4.5日はそもくや/弟子屈場所になります。オープンしている時間が異なりますので、お間違いのないようお願いいたします。それぞれの場所で、力いっぱいおすすめしますよー。

フェアに並ぶCDをご紹介するウェブカタログも完成いたしましたー!
こちらに公開してあります!
http://cafe-morion.com/zakka-music18summer.html
公開は8/13(月)まで。通販の締め切りも同日とさせていただきます。
また、今回は後半場所を移して出店するため、メールの返信が出来ません。いただきましたご注文への返信が8/7以降になりますことをご了承ください。

「summer breeze 2018」今年の内容も素晴らしいです!(毎回愛聴版になるお気に入りなので毎回言ってますねwきっと)選曲したじゅりちゃん曰く、いつもより夏・サマー感が増し、少しテンション高めのドライブにぴったりなイメージで作り上げたとのこと。新しい音源のみを集めたのも今回の特長らしいです。普段なかなか新しい音楽に出会えないと感じているなら、これは嬉しいですね。森音でも何度か再生しましたが、涼しげでそれでいてホットな。まさにクール&ホットなミュージック♪(ルー語)
summer breeze 2018、必ずやゲットしちゃって欲しいです。

そして今回も、ご希望の方には、店頭お渡しに限られますがミニポスターのプレゼントがございます。カタログを見ておわかりいただけますように販売するCDは美しいジャケットのものが多いです。そのポスターになります。たくさんはございませんので、お早めに。気になる方はお声がけくださいね。


明日またここで、音楽のフェアについてBlogを書こうと思っています。
準備を進めてきたスタッフからのメッセージ。そしてこのフェアに向け、スペシャルゲストからもメッセージをいただいています。そのお知らせを。



そもくやのこと。

2018-08-01 | お知らせ




8月4日・5日(土・日)
OPEN 11時
CLOSE 17時


~~~~~~~~~~

新しく拠点を移したSOMOKUYAへ
雑貨と、夏におすすめしたいCDと、
新拠点への興味と、愛とを持って、
峠を越えて、そもくやジャックに伺います!

Guest:タロットリーダーMAO<from 札幌>
※事前ご予約受付中

~~~~~~~~~~


カヌーのある風景が好きです。
大自然の中を、素晴らしい景色と空気、静寂を味わいながら、それを邪魔しない速度で進むあの時間。季節ごとに色合いを変える木々、時に鏡面のように輝く湖、あるがままの川の流れに身を任せると、ひょっこり現れる自然に暮らす生き物たち。屈斜路湖や釧路川で過ごすカヌータイムは、何度訪れてもまったく色褪せない。
SOMOKUYAは、夏はカヌーツアー、冬はスノーツアーと広く自然をガイドしてくれるお店です。ガイドの受付と、フラッと立ち寄れる雑貨店とを兼ねたそのお店(新社屋)が今回の会場になります。






店内と自然とは窓一枚を隔ててるのみ。

雑貨店主のはるちゃんは、いつか店を持ったら
その庭には桜の樹を植えよう!と思っていたそう。
窓から見える一番大きな樹は夢の桜でした。
夢が叶って良かったね、はるちゃん。

雑貨部門のBlogでは、今回のイベントの告知が始まっています。
http://shop.somokuya.com/


夏休み真っ只中の、もしや一年で一番忙しい時期にお邪魔してごめんなさい。
ガイド部門はイベント当日の二日間、通常業務にフル稼働。
このイベントの告知を始めてから「当日カヌーは乗れますか?」
とよく聞かれます。そこで問い合わせて聞いてみました。
4日は夕方に一枠のみ、5日は午後に少々空き有りです。
ここ数日、刻々と予約が埋まってきている状況です。
ご希望の方がいらっしゃいましたらお早めに!
SOMOKUYAに直接連絡してみてください。
総合サイトはこちら。連絡先も載ってます。
http://www.somokuya.com/





今日から八月。雪が解けて、芽吹き~新緑~万緑~(いまここ!)じきに万緑も尽き紅葉の季節がやって来ます。四季折々に訪ねて欲しい、北海道らしい素晴らしい場所=美幌峠・屈斜路湖・釧路川。短い夏の二日間を、自然ガイドステーションで一緒に楽しく過ごしましょう!
今週末はSOMOKUYAへ。弟子屈町でお待ちしています!


前回Blogでご紹介したMAOのタロットリーディング、予約が入り始めているようです。
自分じゃない誰かが目の前で自分の人生を真剣に考えてくれる30分、もしくは60分。考えてみるとよほど重大な事でもない限り、そういう機会って日常には無いんです。親しい家族や親友でも、日常会話は相互通行なうえにあちこち脱線しますから、30分自分の方だけを向いていてくれることはありません。タロットカードというツールを挟んで自分と向き合う30分、もしくは60分。そう考えるととっても貴重だと思いませんか。
昨年やった「オホーツク旅市」というイベントには、パームリーディングのくろさわじゅんこさんが来てくださいました(大盛況でしたね!)わたしもみてもらいましたし、みてもらったお客様とは今もその話しをよくします。占いというよりは、意識的に立ち止まり自分やまわりを俯瞰して客観的に考える、いい機会になると思いますよ。自然の中でのリーディング、おすすめです!


そして森音では、明日から音楽のフェアが始まります。
今夜中にはウェブカタログを公開予定。次回のBlogはそのお知らせになります。
今回も大充実のラインナップ!スタッフじゅりちゃんも猛烈に気合を入れて準備を進めています!
こちらもどうぞよろしくお願いします。




MAOのこと。

2018-07-30 | お知らせ




8月4日・5日(土・日)
OPEN 11時
CLOSE 17時


~~~~~~~~~~

新しく拠点を移したSOMOKUYAへ
雑貨と、夏におすすめしたいCDと、
新拠点への興味と、愛とを持って、
峠を越えて、そもくやジャックに伺います!

Guest:タロットリーダーMAO<from 札幌>
※本日より受付開始

~~~~~~~~~~





今回のイベント告知用に使った写真は、森音とSOMOKUYAの中間地点「美幌峠」から望む屈斜路湖。いつ眺めても雄大なその景色を見る時はいつも、その中に暮らす大好きな家族の事を思い出します。8/4日と5日はそこへ。みなさんをお誘いして、楽しい二日間を過ごしたいと考えています。もう一人、この雄大な自然にお招きするのは、札幌に暮らすタロットリーダーMAO。本日は、MAOについてご紹介します。
MAOは友人です。旅のできる友人。
知人・友人はたくさん居ても、一緒に旅が出来る人となると限られます。しかも、一度きりの旅ではなく何度でもこの人と旅したいな~と思える友人は数えるほどしかいません。MAOはその一人。一緒に島に通いました。見覚えのある写真かもしれませんが(数年前にイベント告知用に使いました)当時電気も通じてなかったこの島へ、何度も。







別の会社で働く二人が代休や有休・時には転職の休職期間をやりくりし、少し長めの休暇をもぎ取っては通った南の島。いつかまたあの島へ行くのが夢の一つではあるけれど、いつか森音か森音の近くでタロットリーディングをしたい・して欲しいというのも二人の夢でした。今回それが叶います。

札幌を離れ美幌町で開業しようと準備を始めたとき、応援してくれる人はおろか理解してくれる人もほとんど居なくて、そんな状況をMAOに愚痴ったのだと思います。「タロットでみてあげようか?」と、その時初めてMAOのタロットリーディングを受けました。自分の人生は自分で決断して自分で努力するしかないと思っているので、"占い"を必要としていたわけではありませんでしたが、MAOから受け取ったリーディング結果も"占い"とは感じませんでした。友人の選んだ道がどうか、どうすると失敗しないか成功しやすいか、をタロットカードというツールを使って分析しアドバイスしてくれて、結果それが背中を押してくれた形になりました。今でも大きな決断をするたびに「あぁそういえば、MAOのリーディングであのとき…」としばしば思い出します。
MAOもわたしもたくさんの職業に就いたけれど、仕事で関わったことも何度かあって、中でも私が企業の広告担当・MAOが出版社に居たときが一番近かったかな。国立の四大出身で、出会ったときから頭脳明晰なイメージのあったMAOは、出版社で取材をしたり文章を書いたりする仕事をしていたのもあって、リーディング内容をわかりやすく伝えてくれるセンスも抜群です。
一緒に旅のできる友人であり信頼するタロットリーダーのMAO。信頼できるリーダー(読み人)からみてもらうタロットは、当たる当たらないの"占い"というより、カウンセリングに近い気がします。わたしも今回久しぶりに見て欲しいなと思ってますし、ぜひ多くの方にも体験していただけますよう願っています。


●MAOタロットセッション=====

8月4日 11:00~17:00
8月5日 11:00~17:00
1セッション 30分/4,000円・60分/8,000円

ご予約はMAOサイトの申込フォームから、または直接メールで。
<申込フォームからのご予約>
https://lynxymao-8.wixsite.com/tarot
件名を「森音イベント」として、
メッセージ欄に「ご希望日時」「ご希望時間…30分か60分か」をお書きください。
<メールでご予約>
メールアドレス:lynxymao-8★yahoo.co.jp (★印を@に変えてください)
件名を「森音イベント」として、
本文に「お名前」と「ご希望日時」「ご希望時間…30分か60分か」をお書きください。

※セッション開始は11:00から。以降30分刻みです。
フォーム・メールいずれもお申し込みが届きましたら、折り返しご予約完了メールをお届けします。
メールがお手元に届きましたらご予約OKです。


■MAOのinstagram:https://www.instagram.com/mao_tarot/
  URLをポチっとするか、もしくは mao_tarot で検索を。
■MAOのサイト:https://lynxymao-8.wixsite.com/tarot

========



サイトに表示されているのは通常料金ですが(7/30現在)今回は特別料金を設定してくれています!SOMOKUYAでのリーディングは上記の金額になりますので、ご安心を♪そして今回、サイトにあるマルセイユタロットだけではなくて数種デッキ(カード)を持ってきてくれるそう。タロットカード自体に興味のある方は、ぜひそちらも見せてもらってくださいね。占いにほとんど興味のないわたしでも、タロットの世界観や雑貨として見るカードは面白くて、ついぐいぐい食いついてしまいます(笑)




これがメインのマルセイユ版





中世イタリアから伝わるビジュアル系





これは最近やってきた脱力ゆるゆる版

とのこと。

楽しいですよね(^^)カード。

そして、わたしのもう一つの夢は
MAOをカヌーにお誘いすることなのでした。

大好きな場所、わたしにとっての聖地、釧路川へ。
SOMOKUYAガイドで今回叶うかな。






MAOのタロットリーディングは
いよいよ本日より事前お申込みがスタート。
混みあってご予約が重なりますと、
ご希望の時間が取れないこともあるかもしれません。
お早めにお申し込みくださいねーー。

今週末はSOMOKUYAで会いましょう!




8月のイベント。

2018-07-25 | お知らせ



8月4日・5日(土・日)
OPEN 11時
CLOSE 17時


~~~~~~~~~~

新しく拠点を移したSOMOKUYAへ
雑貨と、夏におすすめしたいCDと、
新拠点への興味と、愛とを持って、
峠を越えて、そもくやジャックに伺います!

Guest:タロットリーダーMAO<from 札幌>
※近日受付開始

~~~~~~~~~~






2018年は、イベントを極力やらず日常の営業を充実させる!が昨年末に掲げた今年の目標でした。
というわけで、催し物が華やかだった昨年に比べてじっと我慢して過ごした今年の前半。でも、新しくなったそもくやさんにお邪魔して、そこで過ごしているうちにムクムクと、この居心地の良い空間で夏の思い出作りたい~!と考え付いてしまいました。新社屋、すごーく良いんですよ!共通のお客様に「ニューそもくや行った?」と聞いてみたら、意外にも「まだ行けてないの~(><)」と言う方が多くいらっしゃり、全員集合したくなりました。毎冬、美幌に来てくれているそもくやへ、いつか夏にお邪魔します、という約束もありました。ついに今年、約束をかなえに伺います。

一年に二度開催している音楽のフェア。
夏は【summer breeze】冬は【under the blanket】と銘打って、季節におすすめしたいCDを並べるイベントです。今年の夏の陣は、8/2~5日の4日間。前半2.3日は森音で、後半4.5日はそもくやで。いつもの場所で、いつもとは違う場所で、熱く音楽をおすすめいたします。今回も、オリジナルコンピレイションCDを購入特典としてプレゼント!フェアに並べるCDは、前日までにwebカタログにて公開予定~これもいつも通りですね。どうぞどうぞお楽しみにお待ちください!!

そして今回、札幌から、タロットリーダーのMAOをゲストにお迎えします。
MAOについてはまた改めて。店主が唯一信頼しているタロットリーダー。期待してください♡

結果、いつだって盛りだくさん(笑)そもくやで過ごす二日間が楽しくないわけがありません。
ぜひみなさんご一緒に、8月最初の週末は、弟子屈町屈斜路のSOMOKUYA~そもくやに全員集合ですよー!








おしらせ。

2018-03-21 | お知らせ

やちむん市、無事終了いたしました。
たくさんのご来店ありがとうございました!

本日は定休日ですが、祝日ですし作業があるため11時〜15時くらいまで、短い時間ですがお店を開けます。ご都合の合う方、ぜひご来店お待ちしております!



やちむん市。

2018-03-17 | お知らせ






















いよいよ初日を迎えました。
本日より三日間、やちむん市を開催します。
今年の仕入れでは、新しい作家さんとの出会いがあり
とても美しく好みなうつわを仕入れることが出来ました。
沖縄県・読谷村で作陶している当山友紀さんの花器。
今回は、一輪挿しの形状をしている花器ばかりを
選ばせていただきました。力強さと繊細さの同居する
一点一点丁寧に作られているのが伝わってくるうつわ。
静寂を感じる佇まい。絵付けも成形も美しい!
もういっそ花など活けずにただ愛でていたい。
当山さんとは突然の出会いだったため、
今回はたくさん仕入れることが出来ず
作品は、ここ(↓)にあるのが全てです。
次回はもっとたくさん仕入れたい!
そう思える作家さんと出会えて
本当に幸運でした。
引き合わせてくれた友人に感謝です。






いつもの横田屋窯のうつわでは、今回大皿がおすすめです。
横田屋窯さんに限らず、やちむんは(小鹿田焼もそうですが)
年々買い付けが難しくなっています。
需要と供給のバランスが崩れてしまっているからです。
こうした大皿の上級品は、行ってもなかなか出会えませんし
仕入れに制限があって、今後ますます入手困難になることが
もうわかっています。この点においても今回は幸運!
気に入ったものをたくさん譲っていただけました。
7寸皿・8寸皿、お気に入りを見つけたら
ぜひ連れ帰ってくださいね。貴重です。
以下すべて8寸皿(↓)


















大きな皿はよく「何を盛ったらいいですか」と聞かれます。
答え:なにを盛ったって良いのですー
サラダやお刺身などの冷たいものはもちろん
ザンギやフライをこんもり盛ってもいいですし
餃子やカニ玉、エビチリなど中華だって良く合います。
焼きたてのシフォンケーキをホールでドンとのせたり
美味しいパンをただ盛り合わせても。
意外に何でも合うんです♡

大皿以外にも、今回は鉢や丼ぶり、カップ&ソーサーなど
いつもあまり手に入らない物に良い出会いがありました。

じっくりと、お気に入りを選んでくださいねー。







3月17.18.19日『やちむん市』を開催します。
今年も森音を会場に、沖縄で買い付けてきたやちむんを並べます。
今回はDMやフライヤーを作りませんでした。
口コミとSNSのみの告知になります。
興味のありそうな方に伝えていただけますと嬉しいです。
みなさまのご来場お待ちしています!