棚田ぐらし

住み慣れた京都を離れ限界集落の棚田の里へ移り住みました。
日本の原風景といわれる棚田の景色を次世代に繋げて行きたい

道具フェチ

2012-01-14 | Weblog
30年前に購入したマイ包丁の柄が傷んできたので取り替えてもらいに錦の有次さんへ




何せ30年ぶり、場所が変わったことすら知らなかった~
いつからここに変わったのかと問うと
去年移転30周年でした

まさに浦島太郎状態

四条や河原町に行かなくなって久しい
フランチャイズのお店とパチンコ屋が軒を連ねて
昔の河原町を知る者にとっては、今の河原町は寂しい限りで

おっと、話がそれましたが
それほど久しぶり!

有次さんは包丁やさんのくせにとても繁盛しているようで
修理完成は2カ月先だとのこと

そんなに包丁の無い生活はしてられないので
思い切って同タイプのものを購入することに

あの頃無かった名前入れサービスをしてくれました


そして帰りは三条堺町のイノダって珈琲屋へね


あのころの京都が懐かしい~



ひと押し応援していただけるとはげみになります
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ山科店は1月の営業は休止させていただきます

お問い合わせご注文はこちら →グリーンサム
またはブログ内ページ右側「メッセージ」よりご連絡ください
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 冬の近江八幡 | トップ | 総合見本市 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さむいよー (マルコポーロ)
2012-01-15 10:51:10
こんにちは

なかなか洒落たお店ですね、
“包丁やさんのくせに”が微妙にうけました。

高田さんも懐かしい、、、。

↓の、うなぎやさん、100%行きません。
うなぎがダメなんです。(笑)
Unknown (かわけん)
2012-01-15 17:15:59
使ってる道具にこだわると言う気持ちなんとなく分かります。
ハサミとかは消耗品と割り切ってますがケースとかは結構良いの使ってます。
70年代は思春期でしたから (グリーンサム)
2012-01-16 09:17:47
マルコさん
包丁って皆が毎日買うものではないのに
有次さんではお客さんであふれていました
外国の方が半分くらいでしたが、
店員さんもバイリンガルでぺらぺら対応してました~

高田さん世代ですか?
この当時のフォークを語らせたら止まらなくなります
加川良が好きでした
高田さんは拓郎より3つも若いのに今は亡き人になってしまわれました~

ウナギ駄目な人あんがいいますね
川魚がだめ?
だとしたらとんでもないものを送ってしまいましたか
フェルコより国産! (グリーンサム)
2012-01-16 09:25:17
かわけんさん
道具が大好きです。それもよいものが
ハサミやナイフや包丁はいろいろ使ったけど
国産の鋼が一番よいとおもいます

ハサミは消耗品?
でもよいハサミを研ぎながら使うと驚くほど長持ちしますよ
生花の切り口も綺麗なので花の持ちが違ってきますし
マイハサミは人には貸しません!
こんばんは。 (54歳)
2012-01-16 21:22:55
じいちゃんを思い出します。
包丁もカマもノコギリも
ハサミは特に大事にしてました。
芝刈り機の刃も一枚づつ油をぬってました。
道具はていねいに大事に扱うものだと教えられて

といでは使っていますが
そろそろ包丁の刃が磨り減ってきています。
こんなお店で買えたら
一生大事にするかも。
Unknown (smoketree)
2012-01-17 00:49:48
こんばんは
その包丁やさんは、なんだか京都らしいかなぁ?
昔は、かまやなべも修理してましたね。
実家の母もよく包丁の柄やとぎ、修理に出していたな・・・・
そんな場所もなくなってしまいましたね。

うなぎ大好きです♪
夫は、嫌いなのであんまり家では食べないけど~

高田さんは、まったく知りませんでした。。。
そんなにサムさんと年変わらないんだけど
学生街の喫茶店~知ってます(笑
今度は大事にする! (グリーンサム)
2012-01-20 19:00:52
54歳さん
弘法筆を選ばずはウソだと思います
名人ほどよい道具を見極める目を持ち
それを正しく使えると思うのですが
ってことは…私も名人かも(嘘ですが

じいちゃんのように道具のお手入れをしっかりできる人が本物の名人ですね
私はその辺がいい加減で包丁もさびてました~
少数派でしたから (グリーンサム)
2012-01-20 19:10:21
スモさん
西の有次、東の正本というらしいです
この時代に通販もネット販売もしていません
それでもお店は世代国籍を超えて溢れていました
羨まし~

旦那さんはウナギお嫌いですか?
それでは今度は美味しいウナギをご一緒しましょう~

高田さんは70年代のフォーク世代の中でもマイナーで少しマニアックな部類に入るかもしれませんね
女子に好かれるオシャレな感じでは無かったかも

スモさんはあのころのどんな音楽を聴いてましたか?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事