心が元気になるものイロイロ!

暮らしの中でみつけた、ちょっと幸せを感じるものの事を書いています。
元気をくれる料理、絵、植物、本の事等。

梅田 阪急ディスプレイと書の展覧会「紫舟イズム」

2018-10-07 09:04:13 | アート
中国茶イベントで大阪に行った時に、梅田阪急にも行ってきました。

書家 紫舟さんプロデュースのディスプレイ作業中の様子を先日テレビで見て、実際に見たくなって。



金属でできている文字のパーツと絵を組み合わせてあります。













展覧会も同時に開催されてました。
そちらの方も多彩な作品が展示されてます。

綺麗な方ですが、書かれる文字や絵は迫力ありました。



この映像作品の空間は

文字が上から落ちてきて、中にいる人の影にあたったりすると具体的な形に変化したり、吸い込まれたりします。



例えば「花」の文字に手を触れると、花の絵がたくさん出てきたり、「雨」の文字に触れると雨が降ってくる絵に変わり、雨の音が聞こえたり、、、と楽しい空間でした。



新しい技術や手法で「書」の可能性が花開いている展覧会かも。


◾︎紫舟イズム 新しい書
10月8日(月・祝)まで
阪急うめだギャラリー 9階
コメント

お茶で幸せな時間!

2018-10-07 08:42:57 | 
大阪で開催された中国茶のイベントに参加してきました。


潮州の茶文化のお話と美味しい潮州単叢茶を5種類もテイスティングさせて頂けました。

李先生から直接お話を聞けたり、
先生の淹れてくださったお茶を飲めたりと

お菓子もお茶も本当に美味しく、、、
本当に幸せな時間でした


中国茶の世界を知ってから5〜6年ほどですが、普段のお茶に対しても、選び方、飲み方など変わった気がします。

父がお茶やお花を教えてましたが、私は父から習ったことがなく、もっといろいろ聞いておけばよかったなぁと思うことが沢山あります。

「お茶」の歴史や精神など知る事で、
日本茶の良さも最近やっと感じるようになってきたのかも。

歳を経ると、
今まで見たもの、感じたものが、どこかで繋がってきて、

遠回りではありますが、

やっと自分の中で理解できるものになってくるように思います。

日々学びだわ


コメント

「うぶすな」天野明美 さんと清水治助さんの作陶展

2018-10-03 21:11:11 | アート
「ギャラリー中井」で開催中の、「うぶすな」、天野明美 さんと清水治助さんの作陶展を見に行ってきました。





前にお二人の作陶展「つちことば」に伺ったのは2年前

2年前にギャラリーに伺ったのは4人ですが、

たまたま今日、なんと同じ時間にその4人がギャラリーで出会うことが出来ました。

ご縁とは不思議なものです。


天野さんの2年前の「種」が成長して、、、
男の子が目を開いています。




触りたくなるような肌の感じ!

命を持っているかのような目、、、じっと見入ってしまいます。


その他にも色々な作品が、、、




清水さんの作品もパワーアップされてます。



迫力あるものや、

ちょっとホッと笑みがこぼれるものなど。



作品を展示されてる木々の台も味わいあり、作品と一体化してます。


今回はあまり写真を撮っていませんが、他にも色々な作品が展示されていますので、お近くまでお越しの際は是非、実際に見て頂きたいです。

土の力、うぶすな、、、

土から生まれる生命の力を感じられます。

※天野さんの素敵な小作品購入させて頂きました。
いつか、その作品を使ったお茶会を開催したいと思います。
さてさていつになるかわかりませんが、目標があると頑張れそうですので

◾️「うぶすな」天野明美、清水治助 作陶展
日時:2018年10月2日(火)〜7日(日)
11時〜19時 ※最終日17時閉場
場所:ギャラリー中井 にて
(京都市中京区木屋町三条上ル)
コメント

今日のお茶③とうもろこし茶

2018-10-02 23:58:27 | 
台風が去って、今日は快晴。

昼間は暑いくらいでしたが、朝晩は涼しく過ごしやすくなってきました。

先週末の台風のコースがそれたおかげで京都では雨風があまり強くありませんでしたが、関東では被害が出たところもあり。

又、次の台風が発生しているようで、、、

何事もなく台風が過ぎ去ってくれることを願うばかりです。


暑い時期によく飲んでいたとうもろこし茶が残っていたので、本日飲みきりました。


大きな粒のとうもろこし茶は韓国産。香ばしくて麦茶のような味です。

(しかし、好き嫌いの激しい息子は麦茶は飲むのに、とうもろこし茶は飲みません。困ったものです。)

とうもろこしの髭(玉蜀髭)のお茶もあります。髭にも効能ありますので。でも、味はとうもろこしの粒のお茶の方が個人的には飲みやすいと思います。

とうもろこしご飯を炊くときは、髭や芯のところも一緒に炊き込むと、甘みが出て美味しいんですよね。髭は2〜3センチくらいにカットしてます。

もちろん芯は食べれないので、ご飯が炊き上がったら取り出します。

↑かなり前の写真です。涼しくなったのに今頃、とうもろこしご飯!ごめんなさい

とうもろこし(玉蜀黍)は清熱利湿により、むくみ、黄疸、排尿困難に。健脾益肺により、疲労、腹脹、食欲不振に良いとされています。



コメント (2)

2018年9月のプチ薬膳教室は終了しました

2018-09-26 22:13:58 | 薬膳
急に朝晩涼しくなってきましたね〜。

先日、9月のプチ薬膳教室開催しました。


テーマは
~≪カラダのピンチを知る③乾燥≫と「秋の薬膳」~



調理していただいたのは4品。

・蓮根とエビの蒸し豆腐
・白キクラゲと鶏の烏龍茶スープ
・舞茸と白菜の鮭ご飯
・里芋きぬかつぎ(お月見に合わせて)赤味噌、柚子オリーブ2種

そしてこの時期、中秋節が近づいていましたので、生地と餡はご用意して、恒例の生月餅づくりも楽しんでいただきました。

・生月餅作り 3種
皮:赤(紫芋)、緑(艾葉、よもぎ)、白(そのまま)
餡:(小豆餡+ナッツいろいろ)、(南瓜+ココナッツファイン)、(チーズケーキ)





その他は作っておき、皆様に盛り付けお願いしました。
・コリンキーとパプリカのピクルス

それと<キクイモチップスのご紹介>で、
・菊芋ポタージュ
・菊芋と胡瓜の和え物

・杏仁豆腐と仙草と梨のデザート には

コリンキーのジャムを添えて召し上がっていただきました。





<お茶>はバタフライピー(チョウマメ)

・焼き月餅(お土産用)
餡は冬瓜ベースで、ナッツ、ベリー、レモンピール等いろいろ入れてます。





今回もなるべく調理していただくものを減らして説明に時間を取っています
詳しく説明をしたのは「杏仁」「仙草」と「バタフライピー(チョウマメ)」について。

杏仁は、「北杏」と「南杏」の違いと杏仁霜との比較を。



「仙草」は6月の武田薬草園の見学会で、説明があり、興味深いので、仙草ゼリーを作ってみました。
生の葉はそのままで固まるようですが、今回は台湾の仙草の粉末を使用しているので、作る時に片栗粉を混ぜて固めています。
いつか生の仙草の葉で作ってみたいですね。


仙草ゼリーとかめゼリーは黒くて見かけは似てますが、味も効能も違うので、、、
美肌にはかめゼリーを。解熱、解暑には仙草ゼリーがおすすめです!

「バタフライピー(チョウマメ)」はたまたま初めての方が多く、レモンを入れると色が変わることに驚いていただけました。


右の青色はそのままの色、左はレモンを入れた後の紫色です。

先日の9月の武田薬草園の見学会では、バタフライピー(チョウマメ)の花が咲いているのを見ることができました。豆も生っていて、グッドタイミング



この日は生棗を持ってきてくださった方あり、フレッシュなリンゴのような味を皆さんで美味しく頂きました。



毎回、簡単にしようと思うのですが、その時期に紹介したいものが色々あり、盛り沢山になってしまってます

参加してくださっている皆さんは、健康のことに興味があり、それぞれ多くの知識を持った方々なので、皆さんから得る事も沢山あり、いつも勉強になる事が多いです。ご参加頂き、ありがとうございました

※今回使用したコリンキーとドライの<キクイモチップス>は神奈川で無農薬の野菜を生産されてるまーたん農園さんから送っていただきました。
キクイモチップスは乾燥しているので味が濃厚で、スープにしたら、生で使うよりコクが出て、美味しいです。それに洗わなくていいし、切らなくて良いので簡単に使えます!薄切りと厚切りあり、どちらものままチップスとして食べることもできて便利ですよ。


※次回は11月を予定しています。日程決まりましたら、このブログ又はプチ薬膳~佳蓮karen~サイト(こちら)でお知らせします。
※お問い合わせはこちらから

次回もよろしくお願いいたします。
コメント