心が元気になるものイロイロ!

暮らしの中でみつけた、ちょっと幸せを感じるものの事を書いています。
元気をくれる料理、絵、植物、本の事等。

山吹(ヤマブキ)

2019-05-08 21:58:01 | 植物
少し前まで咲いていた、山吹。
絵の具や色鉛筆の色に「やまぶき色」ありませんでしたか?

私は絵の具のやまぶき色を見た後に、植物の山吹を見て、、、ああなるほどと、納得した花の色です。


八重もありますが、今回は一重。

山吹はバラ科ヤマブキ属。

英語ではJapanese rose,Japanese Kerria

花言葉は「気品、崇高、金運」

「山吹(ヤマブキ)」の名は、細くしなやかな枝が風に揺れる様子から「山振り(やまぶり)」と呼ばれ、それが転訛したものといわれます。

又、春になると黄色い花で山が埋めつくされるさまの「山春黄(やまはるき)」が変化したという説もあるようです。

万葉集には17首、ヤマブキが謳われています。
興味ある方はこちらで読んでみてください。

他のサイトを読んでいたら、ヤマブキは美しい人の例えに使われた花だそうです。

春は梅に始まり、ヤマブキで終わるとも言われているようです。

そろそろ、春が終わり、梅雨や初夏の始まりでしょうか。

京都でも朝晩は肌寒く感じる時もありますが、日中は初夏のような陽気です。
寒暖差が激しく着るものに困ります
コメント (2)