のんのんBLOG

娘の成長記録や趣味のカルトナージュetc…
自由気ままに記してます☆

お宮参り

2010年07月26日 | 娘☆0才

昨日は、娘のお宮参りに行ってきました

両家のおじいちゃん、おばあちゃんも揃ったので、まずは記念の写真撮影へ。
“どこで写真撮ろうか?”ということで、
あざみ野駅前の写真館と、今流行の子供服をたくさん用意してある子供写真館が
候補に上がったのですが、ダンナさんが事前にリサーチしに行った結果、
やはりアナログで撮ってくれる駅前の写真館の方が写真が綺麗で良かった!
ということで、こちらで撮ることに


集合写真、3人写真、娘一人での写真の3ポーズを撮ることにしました。

まずは、集合写真から。
お義母さんがあーちゃんを抱いて、写真屋さんが用意してくれた祝着をかけて写真撮影へ。
まだ首の座っていないあーちゃんの首をお義母さんが支えているのですが、
キョロキョロ顔を動かそうとするので“緊張する~”っと言っていました。
撮影中、助手さんはタンバリンを鳴らしたり、音の鳴るオモチャで
あーちゃんの視線をカメラに向ける為、頑張っていました


次は、私達家族3人での写真。
今度は、私が祝着をかけて撮影。
今度は私があーちゃんの首を押さえて撮影なのですが、
あらあら、随分おとなしい。。。

あらま!寝ちゃってるんですけどぉ~

その後、タンバリンを鳴らしても、結構強めにトントン叩いてみても、
ぐっすり寝てしまったのでした
というわけで、後日、残りの2ポーズを撮りに行くことになってしまいました
集合写真の時に起きていてくれて、ホント良かったです。。。



写真屋さんを後にして、お宮参りは近所の驚神社へ。
あーちゃんの健やかな成長をみんなで祈願してきました。


パパに抱っこしてもらうあーちゃん。
ほとんど始めてに近いお外なので、眩しそうな顔をしています


帰ってからは、家の中にたくさん人がいたせいか、ずっと起きていたあーちゃん。
おじいちゃん、おばあちゃんが帰った後は、さすがに疲れたのか熟睡でした
もちろん、私も一緒に熟睡です

コメント (4)

一ヶ月検診

2010年07月22日 | 娘☆0才

今日は、あーちゃんの一ヶ月検診でした。

体重:2988g → 3760g

身長:
50.0cm → 55.0cm

胸囲:31.0cm → 35.0cm

頭囲:33.5cm → 36.5cm

順調に育っているようで安心しました



あーちゃん、眉毛の中に乳児脂漏性湿疹が出ているのですが、
沐浴の5分位前にベビーローション等を塗ってふやかしてから
洗うと綺麗になるとご指導いただきました。



また、ここ一週間、左目に目やにが沢山出てることを相談したら、
目薬を処方されました。これで治れば良いケド。。。



それから、先生から『お腹張ってるね~。ゲップ出してる?』と言われ、
『5分位経っても出ない時はあきらめてます。』と答える。
赤ちゃんは、お腹ぽっこりしているものだと思っていたので、
特に気にしたことは無かったのですが、どうやら、あーちゃんは
お腹ぽっこりし過ぎてるらしい
ゲップを出し切って無いことで、ガスが溜まってしまっているんですって
これ以上、ぽっこりしてくると良くないって言われちゃいました
どおりで、授乳後、気持ち悪そうにしていたのね。。。

ごめんよぉ~

『ゲップが苦手な子もいるので、15分位は頑張って』とのこと。

はい、頑張りま~す



一ヶ月ぶりに入院中に一緒だったママ&ベビちゃんに会えたのも楽しかったです
みんな、入院中よりプックリしてて可愛かったです
ママ達とは、『もう少し涼しくなったら集まろうね!』と約束して帰ってきましたよ

コメント (6)

産院での生活

2010年07月18日 | 娘☆0才

私がお世話になった産院には、個室と2人部屋があるのですが、私は、2人部屋でした。
私と同じ部屋だったYさんは、私より一つ年下なのに、なんと今回が4人目の出産とのこと!
新米ママの私は、赤ちゃんの事、子育ての事、色々聞きまくり、教わっちゃいました


左がYさん家のベビちゃんT君。右があーちゃん。2人ともスヤスヤ眠っています
入院中はまだ名前が決まっていなかったT君ですが、
後日、“名前決まりました!”とメールをいただきました
3400gで生まれたT君と2988gで生まれたあーちゃんを比べると、
一回りくらい大きさが違いましたね


======= 産院での食事 =======

≪ある日の朝食≫



和食の日と洋食の日がありました。
パンは近所の有名なパン屋さんの食パンです


≪ある日の昼食≫



とてもボリュームがありました。
毎回、フルーツが付いていました


≪ある日の夕食≫



肉料理の日と魚料理の日がありましたが、
どちらもとても美味しかったです

出産初日は病室での食事でしたが、翌日からは
入院中のママ達と一緒に食堂での食事でした。
やっぱり、みんなでお喋りしながら食べる方が楽しいですね♪



入院中、大活躍だったのが円座クッション。
これがあるのと無いのではだいぶ違いましたね!

残念だったことは、病室にテレビが無かったこと。
出産後は目が疲れやすくなってるそうで、置いていないんだそうです。
というわけで、W杯の日本戦の映像は退院するまで見れませんでした



早いもので、今週の木曜日は、あーちゃんの1ヶ月検診です。
どれだけ成長してるかしら!?
入院中にご一緒だったママ達に会うのも楽しみです

コメント (4)

発疹!!

2010年07月16日 | 娘☆0才

昨日の朝方、あーちゃんのおむつ替えをしていると、、、

んっ!?

なんと、おむつの中に湿疹がいっぱいできてるではありませんか

おむつかぶれ!?

かと思いきや、良くみると全身に湿疹が

もう、ビックリで、プチパニックに

すぐにダンナさんに知らせ、病院に連れて行こうということに!

ネットで小児科を調べたのですが、近くの2つの病院は、よりによって木曜日が定休日

3番目に近い病院に電話してみたところ、生後3週間の乳児は診ていないとのこと

というわけで、ちょっと遠いけど産婦人科で紹介していた小児科へ、

退院後、まだお外へ出たことの無いあーちゃんを連れてタクシーで行ってきました

始めての外出でどうなることやらと思っていましたが。。。
ミルクを飲ませて行ったので、あーちゃんは終始寝てくれていました



診察結果は≪環境の変化による発疹≫だそうです。

なんだか曖昧な診察結果だったのですが、それほど心配することは無いようです。

3ヶ月くらいは、お風呂に入った時とかに出たり、引いたりするでしょうとのこと。

痒みとかは無いようなので、ひとまず安心ですが。。。



一応、ステロイド系の塗り薬を出してもらいましたが、

すごくひどい湿疹が出たりしたら、そこだけに塗ってね!とのことでした。

でも、ステロイド系って結構コワイので、なるべく塗りたくないなぁ。

今のところ、ひどい湿疹は出ていないので、まだ塗っていません。



今日もネットで色々調べてみたのですが、

ママが乳製品を取り過ぎると湿疹が出やすいらしい。

毎朝、牛乳とヨーグルトを摂っているのですが、一旦やめてみようかしら?

それにしても、1ヶ月検診の前にまさか病院に行くことになるとは

まだまだ小さい赤ちゃんは心配事が耐えないですね

新米ママの初試練でした。。。

コメント (4)

久々に

2010年07月12日 | 娘☆0才

昨日は参議院選挙があったので、退院後、2週間ぶりに外出しました

家の中だけしか歩いてなかったので、足の筋力は相当落ちてるはずですが、

妊娠中のお腹の重みと足のだるさが抜けて楽に歩けました♪

まだ、あーちゃんは外出できないので、ダンナさんと交代で選挙に!

ついでにスーパーで食材を購入し、先日、駅前にマツキヨがオープンしたので寄ってきました。

そうしたら、なんと本日限りの特売でお一人様2点限りで、パンパースが980円!

さらに、ポイントも10倍!

おおっ!これは安い

ということで、買いたかったのですが、すでに食材で両手は塞がっており。。。

家に帰ってから、ダンナさんに選挙の帰りに買って来てくれるようお願いしました

出かける前、あーちゃんがグズらないように、ミルクを飲ませて出かけたのですが、

私が出かけてから5分くらいでグズってしまって大変だったそうです

短い時間でしたが、久々の外出でリフレッシュ出来て良かったです


お昼寝中のあーちゃん。無防備過ぎますぞ

コメント (6)

出産レポ③

2010年07月09日 | 娘☆0才

分娩台に移動してからは、助産師さんの呼吸の合図に合わせて、いきみ開始

私のお世話になった病院はソフロロジー分娩法を取り入れているのですが、

陣痛の波が来た時には、赤ちゃんが産まれてこようとするのを助ける為にいきんで、

波が遠のいた時にはリラックスして、赤ちゃんに十分に酸素を送ってあげましょうという方法。

ママがリラックスすることにより、酸素を十分に送ってあげることができ、

赤ちゃんが苦しまずに産まれてこれるんだそうです。

途中、助産師さんが「人破します」と言っていたので、なかなか破水しないので人工的に破水をさせたらしい。

この時点で≪もう、どうぞおまかせします!≫って感じです。

そして、産まれる直前に先生登場。会陰切開をしてもらって、

「頭出たよ~!」の言葉からは、あっという間に体がデュルンと出て、

あーちゃんは無事にこの世に産まれたのでした

分娩台に乗ってから約30分での出産でした。

取り上げてもらってからは、あーちゃんの体をきれいに拭いてもらい、カンガルーケア。

生まれたての、あの、ふにゃふにゃした感触とにおい(たぶん羊水のにおい)は、
一生忘れないでしょう

 

そんな至福の感動を味わっている間、先生は会陰切開した部分を縫ってくれているのですが、

≪生まれたぁ~!これでやっと痛みから解放だわ~♪≫と思っていたので、

縫合のチクチクは、まさかの痛みでした

(自然に溶ける糸を使用してくれているので、抜糸が無いのがせめてもの救いです)

助産師さんからは「上手なお産だったわよ~。ダンナさんにも本当に上手なお産だったと報告しなくちゃ!」と褒められ、素直に喜ぶ私



出産の感想としては、正直、周りのみんなが言う程、そんなに痛くなかったな~。

腰がめちゃくちゃ痛くなるって聞いてたけど、そんなことなかったし。

分娩中は、≪赤ちゃんが苦しまないように産んであげなければ!≫

ということに集中していたからかな?これが、ソフロロジー法の良い点なのかも知れませんね!

私にとっては、いきみたいのに、いきませてくれない時間を耐えてるのが一番辛かったです


長々と読んで下さった方、ありがとうございます!

コメント (6)

出産レポ②

2010年07月09日 | 娘☆0才

AM7:00過ぎに病院に到着。

助産師さんに「ちょっと待ってて!」と言われ、待合室で待たされる。

先生が私服で登場。

「あれ?どうしました?陣痛きたのかな?」 「はい~」 と会話し、先生は上の階へ。

40分程待たされ“あのぉ~、ちょっと、私、忘れられてません???”と不安になっていると、

先生が手術着で登場。

「何かあったら呼んでね!」 と言って、またどこかへ行ってしまった。。。

その後、助産師さんが来てくれ、分娩室へ案内してくれたのですが、

「ごめんなさいね~。今、ちょうど分娩してたのよ~」とのこと。

あっ、先生、私のために来てくれていたんじゃなかったのね


一緒に来てくれたダンナさんですが、当日はどうしても抜けられない仕事があったため、
立会い出産はあきらめ、お仕事へ


分娩室のベッドでは、子宮口の開きや陣痛の間隔を測定。

助産師さん「この調子だと午前中に産まれるかな?朝ごはん食べられそう?」

私「お腹すいたし、痛みが来てない時なら、食べられます。」

こんな会話で朝ごはんを用意してもらい、痛みが襲ってきていない間に食べ、完食。

すぐ産まれると思っていた私は、ごはんを食べながら、
“午前中に産まれるかもって。まだまだこの痛みに耐えなくちゃいけないのね~

とがっかりしていたのでした。

そして、少し経つと、痛みもかなり増してきて、

「子宮口も良い感じに開いてきてるよ!」と言われたのに

陣痛の間隔が5分間隔からなかなか縮まらない

そして、なんだか便意をもよおしてきたので、その旨を助産師さんに伝えると

「それは、便意では無くて、赤ちゃんの頭が出て来ようとしてるのよ~」と言われる。

陣痛の波が来る度に、もう、産まれるぅ~ といきみたくなるのだが、

助産師さん「まだ5分間隔だから、我慢してね~。2分間隔にならないと、陣痛の波と波の間に赤ちゃんが苦しくなっちゃうからね~。」

と言われ、我慢、我慢

そして、ついに

助産師さん「もう大丈夫よ!分娩台に移動しましょう!」

の言葉で、やったぁ~!いきめる~ と安堵の気分で隣の部屋の分娩台に移動したのでした。

続く。。。

コメント

出産レポ①

2010年07月09日 | 娘☆0才

忘れないうちに出産レポを書いておこうっと!

出産予定日を3日過ぎた6月20日、夕方4時頃から、なんとなくお腹に痛みが。。。

一応、病院に電話してみる。

私「陣痛らしき痛みが10分~15分間隔であるんですが。。。」

助産師さん「どれくらいの痛み?」

私「生理痛のような痛みです。」

助産師さん「耐えられる痛みかな?夜寝られないくらい?」

私「寝ようと思えば寝られるかも。。。」

助産師さん「そっか。陣痛はそんなもんの痛みじゃないからね!眠れないくらいの痛みになったら、また連絡してきてね。」

こんなやりとりで電話を切る。

そうだよね。。。こんな痛みのはずないよね。。。
どんだけ痛くなるのかしら ちょっと不安になる。


夜中の12時頃、痛みが増してきたので、もう一度、病院に電話してみる。

私「痛みが増して、定期的に10分間隔で痛みがあるんですが。。。」

助産師さん「我慢できない痛みかな?」

私「結構、痛いですけど、我慢できなくはないです。」

助産師さん「家はどの辺?どうやって来る予定?」

私「○○○です。タクシーで行きます。」

助産師さん「それなら家も近いことだし、病院に今来てもすぐ産まれないと思うから、自宅でゆっくり横になっていて、5分間隔になったらまた電話してこちらに来て下さいね。今話してる間に痛みが来た?」

私「いえ、来ていないです。」

助産師さん「じゃあ、まだまだかな?普通にお話できてるしね!5分間隔になったら来て下さいね。」

こんなやりとりで電話を切る。
そっか、まだまだだよね。。。“鼻からスイカ”って言うしね。。。喋れなくなるくらい痛くなるのか

で、陣痛って、どんだけ痛いの? ますます不安になる。


そして、布団に横になりながら、痛みの間隔を計り続け、AM6:30に5分間隔になったので、

登録してあった陣痛タクシーを呼んでダンナさんと病院に向かったのでした。

続く。。。

コメント