七転び八起きの生活記録

人生を見直してこれから輝くために頑張る50代の生活記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

断捨離 その後

2018-03-30 12:55:13 | 断捨離
1ヶ月の束の間の休暇。

断捨離をしようと試みて、1ヶ月頑張っていたけれど、いろいろ問題点あり、まだ終わらない。

コンマリ流も意識して、最初の洋服の断捨離は無難に終わり。
下着、小物類も終わった。
本類をとりかかり、丁度仕事場から持ち帰った本類も合わせて、断捨離…。

でも、今回本類はほとんど捨てられなかった。昔1回小説類は大量に捨てたことがあったけど、今回は仕事で使ったりするものが多く、今まで読めてないものもいっぱい。

コンマリ流だと、読んでない本は、今後も読まないから要らない、全捨てとある。無理、ムリ、ムリでしょ。

結局、この時点でコンマリ流、ギブアップ。

ついでに仕事場から持参したいろんなものを整理していたら半月過ぎた。
その後、各種宴会、保険手続き、銀行手続き、買い物、そしてお花見と出かける日が続いて、ちょっと中断状態。

コンマリ流は、夢をまず思い描いて、それに合わないものはすべて捨てる。つまりほとんど捨てて、全く新しくやり直すのと同じ状態にするという、心機一転の方法。

確かにキレイになるわ。

でも、貧乏症の私には、貰い物のタオルとか、企業からもらった事務用品の記念グッズとか、捨てられない。まだ使える…。確かに見た目がお洒落じゃないから、それがあると空間がうざくなる…けど、捨てられない。

コンマリ流は、やっぱりずっとずっと若い頃から捨て続け慣れている人の究極の姿かも。

私は一気にはできないから、反対にこれからぼちぼち一生いろんなものを片付けていくかな。

少しずつ綺麗にしていけば、それなりに形にはなる。ある程度見えてくるものがある気がする。
理想の部屋もずっと思い描いてやっていけば、なんとかなる。

ぼちぼち夢を追う流、って駄目かな。

捨てるのも、趣味にしてぼちぼち楽しんで。インテリアや収納も楽しみながら。

コンマリ流を追い求めていたときはなんか悲愴感に苛まれていたけど、ぼちぼちやろうと決めたら気が楽になった。

ぼちぼち趣味流、ってのもいいかもしれない。

楽しみながら、これからも目指していこう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 術後経過。 | トップ | トレーニング再開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

断捨離」カテゴリの最新記事