みなりんの呟き想い草紙

無知を治そうとするなら、無知を告白しなければならない。(モンテーニュ『エセー』)

「荒川知水資料館と旧岩淵水門見学~物語『日本の治水史』竹林征三に感動して行く!」

2018-07-22 13:40:24 | 見学記
先日、竹林征三さんの著作「物語 日本の治水史」を読んで感動した。
母と西日本豪雨の話をしていて、「宇宙にロケットを飛ばす時代に、どうして災害を防ぐのができないの?」と母が言うので、自然災害に弱い日本の現状を嘆き、一冊本を選んで読んでみた。

治山治水はどうなっているのかと心配になって本をめくると、日本の災害を憂うる著者の言葉に共感を覚えた。
昔は、治水は権力者が行い、その起源は中国の伝説時代から始めるという壮大なお話し。現在、国立劇場で公演中のヤマタノオロチの話は、川の氾濫の話である。

歴史上名だたる治水のお話は素人にわかりやすく、いかに国家や地方自治体の長が頭を捻って、公共事業によってなされたか、大昔から紹介している。
武田信玄、豊臣秀吉、加藤清正、熊沢番山、田辺朔太郎、青山工(あきら)、など、その世界の権威である。

治水のための堤防の建設は失敗と反省からできたものであり、謙虚で私私欲を離れた大きな気持ちで知恵を絞って行われている。
「熊(わざ)と切り」と言って、洪水が起こりそうなとき、密集地へあふれさせないために、男たちが堤防を違う方面へ水を流すために決壊させることも行った過去があり、そのために堤防の一部を壊しに行く男はもう二度と生きて帰れないのを承知で出向いた。
壮大な治水に関する話が理解しやすく書かれていて、私は一時間半ほど読了できたが、よく味わって読みたいものだ。
確かに公共事業に莫大な費用がかかるのは致し方がないと思える。

青山工は、荒川の旧岩淵水門を築いた技師で、アメリカのパナマ運河の建設に日本人で唯一携わり、ルーズベルト大統領から金メダルを授与されたこともある。

今、荒川知水資料館で、青山工の企画展を開催中である。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

天文学、地質学、気象学、土木学、建築学、こういうあらゆる総合的な知識が堤防建設に大事で、そういう人材の育成や確保には多くの国民の理解と協力が必要である。
青山工は、クリスチャンで「万象に天意を覚る者は幸いなり 人類のため国のため」という信濃川の大河津分水の所に建立された石碑の銘板にこの言葉が刻んだ。銘板の図についての著者の解説は興味深い。字は日本語とエスペラント語で書かれている。
治水に携わった者の残した訓戒も実に深い意味を持って心に響く。
夏休みにはこの本「物語 日本の治水史」をお勧めしたい。災害の多い日本で、警鐘を鳴らしている。
ただし、政治的なことに触れてもいるので、反感を持つ方もいるかもしれいなが、おおまかにいって、治水の歴史の大切さは理解できようと思う。
私は自然災害への関心を多くの人が他所事ではなく思案して、より良い知恵と新たな認識と防災への備えに役立ってほしいと願う。

以下は、暑い中、歩きまわって撮影した旧岩淵水門などである。昭和天皇が大正時代に皇太子時代に一度ご訪問している。

私は池井戸潤の「下町ロケット」を興味深く読んでしまって、宇宙開発も大事だと思ったものの、災害対策への対応に対してもっともっと知り、その防災に役立つ知恵があったらと思った次第である。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「明日は我が身か~治山治水... | トップ | 「石井桃子展見学~神奈川県... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勉強 (hide-san)
2018-07-23 12:12:54
ずいぶん勉強をされましたね。

我が家から戸田橋まで3km、荒川土手を歩いて岩淵水門まで約二kmです。

埼玉県の大宮にある歴史民俗博物館で、赤羽が海で、
川口は荒川の河口で、浦和はその名の通りここも海だったことを知り、荒川の資料館を訪ねて荒川の歴史を学びました。もう30年以上前です。

戸田橋の前は戸田の渡しで、荒川が氾濫すると川幅が4kmにもなり、この時は舟渡し賃が高くなると、
戸田市の博物館で知りました。

ところで表題の「荒川知水資料館」は「荒川治水資料館」の間違いですよね。
正しいかもしれませんが、念のため・・・・。
荒川知水資料館です。 (みなりん)
2018-07-23 12:21:52
ひでさん、コメントありがとうございます。

お近くでいろいろな博物館関係に通って、もう勉強済みなんですね。
関東大震災で耐えたという旧岩淵水門。凄いです。

あと、ご指摘の荒川知水資料館は、「治水」ではなく、「知水」で正しく、私も何度も確認しました。確かに「治水」と考えてしまします。

関西の豪雨は他所事ではないのでしょう。
非常に今後が気になります。

政府の早い防災対応を望みます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

見学記」カテゴリの最新記事