しあわせmanpuku♪

∽大好きな映画&グルメ∽

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「潜水服は蝶の夢を見る」

2008-02-22 | 映画鑑賞(☆5点満点中)
ジャン=ドミニク、42歳、3人の子供の父親、ELLE誌の名編集長。

愛する人々に囲まれて華やかな人生を送っていたが、
ある日とつぜん脳梗塞で倒れ、意識が戻った時には
身体の自由が奪われてしまっていた。

絶望のどん底で、唯一動く左目の瞬きでコミュニケーションをとる方法を
言語療法士から学ぶ。
少しづつ希望を取り戻した彼は瞬きで自伝を綴り始める。

そこには大切な思い出、友達や恋人、そして家族への
溢れんばかりの想いが詰まっていた。

そして20万回の瞬きで綴られた自伝は、
やがて世界31カ国で出版される大ベストセラーとなる。

すさまじい逆境を、果てしない想像力と
生きることへの愛情で乗り越えた驚異の実話を、
天才ジュリアン・シュナーベルが愛とユーモアいっぱいに、
圧倒的な映像美で描いた感動作。





ジャン=ドミニクの左目の目線でとられたこの作品は
ユーモアと周囲の優しさ、そして生きる大切さを
感じさせてくれました。



「身体は潜水服を着たように重くても、
ぼくの想像力と記憶は蝶のように自由に羽ばたく」
この言葉がとても心に残りました


コメント   この記事についてブログを書く
« 結婚式&同窓会(~o~) | トップ | 映画「バンテージ・ポイント」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画鑑賞(☆5点満点中)」カテゴリの最新記事