日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

法四依

2017-06-27 23:54:38 | 生きるヒント
100分で名著の「維摩経」より。

法四依

義に依りて語に依らず

智に依りて識に依らず

法に依りて人に依らず

了義教に依りて不了義教に依らず


説話の心得

始めしんみり、中おかしく、終わり尊く。

人に迷惑をかけなければ自由
というのは美徳だが傲慢でもある

人に迷惑をかけずに
生きられる人はいない

お世話され上手になることも重要
コメント

世帯あたりの平均貯蓄額

2017-06-27 22:48:24 | 政治・経済・行政情報
ボーナスの時期になると
出る話題の一つが、平均貯蓄額。

この時期に総務省が前年の調査結果を
発表するというのもあるようだ。

こちらの記事によると、
世帯あたりの平均貯蓄額は 1,820万円!だそうだ。

しかし、ここにも書かれているように、
正規分布以外では平均値は全体を
よく表しているわけではない。

中央値は 1,064万円。
これでも結構多いという感じがする。

世代間の違いや、
都道府県による違いもある。

こちらの記事によると、
最も高いのは東京、2位は神奈川で、
このあたりは違和感はないが、
3位は福井県なのだという。

理由としては、3世代同居が多いかららしい。
言われてみればなるほどだ。

さらに、貯蓄額には、
住宅ローンなどの負債額が
反映されていない。

貯蓄額から負債額を引いた
ネット貯蓄額が一番多いのは
香川県で、一番少ないのは沖縄県だという。

沖縄は、貯蓄なんてしなくても
生きて行ける良い場所、
という意味もあるのだろうなぁ・・・

コメント

沖縄に学ぶ脳梗塞予防

2017-06-27 19:39:42 | 健康
「林修の今でしょ」でやっていた
脳梗塞の防ぎ方。

沖縄は全国で一番
脳梗塞になりにくいのだそうだ。

その理由として考えられるのは、

1)塩を使わず、カツオだしで味つけする

2)豆腐、大豆をたくさん食べる

3)寒暖差に気をつける

1)はすぐにも実践したい。
まずはかつおぶしを買ってこよう。
コメント

幸田浩子「ふるさと~日本のうた」

2017-06-25 21:13:07 | 音楽
隣の人が買った、幸田浩子さんという
歌い手さんの CD に「花は咲く」
が入っていた。

久しぶりに改めて聴いたら、
リフレインの歌詞の
「いつか生まれる君に」
というところに若干の違和感が・・・

というわけで、代案を考えてみた。

1番

花は 花は 花は咲く いのちをあしたにつなぐ
花は 花は 花は咲く わたしは何を残しただろう

2番

花は 花は 花は咲く わたしをあしたにつなぐ
花は 花は 花は咲く あなたは何を残すだろう

花は 花は 花は咲く 想いが未来に届く
花は 花は 花は咲く あなたのまだ見ぬ夢のために

間奏

花は 花は 花は咲く いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く いつか恋する君のために

ちょっとダイレクト過ぎるけど・・・
コメント

全国タクシー

2017-06-25 20:13:24 | PCやIT
JapanTaxi という会社の
タクシー配車、決済サービス。

これもいい感じだなぁ。

今は日本交通のサービスがベースらしいが、
ユーザのスマホと乗務員のスマホを
ダイレクトに結ぶ仕組みもあって、
特定の会社によらないサービスが可能になっている。

いずれはカーシェアにもそのまま使える。

どこかに行こうとしていると、
スマホに連絡が入り、
途中で人を拾って、目的地で降ろして、
料金は後で振り込まれる。

うーん・・・完璧。

CEOの川鍋さんのメッセージ

もっとタクシーに乗りたいと思いませんか、
もっと簡単に呼べて、もっと安くなって、もっとステキになったら。
我々がそれを実現したいと思っています。
必ず実現するんです、なぜなら、
他に誰もやってませんので(笑)

タクシーがもうちょっと安かったら、
もうちょっと使いやすかったら、
というのは全くそのとおりで、
普段みんな感じていることだが、
IT でそれを形にしているのは素敵だ。



コメント

個人の株を売買するサービス VALU

2017-06-25 20:05:25 | PCやIT
VALU というサービスが
Yahoo! ニュースで紹介されていた。

個人が自分の株式を発行して、
それを売買するのだという。

うーむ・・・

通常の会社の株は配当があるのだが、
そういうものは一切ない。

しかし、個人を応援する気持ちを表す、
あるいは、投機目的ということであれば、
確かに、売買する意味はありそう。

しかも、売り出した人は
それで儲けることもできるというのは
なんだか不思議。

もともと「〇〇さんの株が上がった」
というような言葉はあるので、
それを実際にしたということだが、
いろいろなことを考える人がいるなぁ・・・

サービスの運営側は、
何で儲けているのだろうか?
手数料を取る?
広告収入?
コメント

高橋真知子「組織を動かすコミュニケーション力」

2017-06-25 19:49:17 | 
最近(とはいえずっと以前から)
コミュニケーションに悩んでいるので、
amazon で衝動買い。

How to 本かと思ったら、
とても真面目な教科書。

おそらく、大学での講義のために
書かれたものだと思う。

これはこれで、体系的に
頭が整理される。

コミュニケーションとは
集団・組織とは、から始まり、
実践的なコミュニケーションの方法まで
わかりやすく説明されている。

特に、単なるコミュニケーションではなく、
会社などの組織の中で、
組織をうまく動かすための、
というところにフォーカスしている点は
参考になった。


コメント

元気が出る食べ物

2017-06-25 19:43:45 | 食べ物
パタパタと仕事をして、
少し気分転換、というときに、
何か元気が出る食べ物や飲み物が
ちょっとあると嬉しい。

よく食べているのは、
チョコレート
おせんべい
チーズ
チーズかまぼこ
など。

飲み物としては、やはり
コーラ
缶コーヒー
だろうか。

最近は、
ドライマンゴー
小さいアイス
なども食べている。

しかし、いずれもカロリーが高いのが
悩ましいところ。

蒟蒻畑、みたいなものを
試してみようか?

カロリーがあるから、
糖質が補給されて、
頭が活性化される、
ということもありそうだが・・・


コメント

12.1 inch の世界

2017-06-17 16:29:09 | 雑感
なんだかこの頃は、
1日の起きている時間のうち
9割くらい、PC の画面やスマホの画面を
見ているような気がする。

テレビもあわせたら、ほぼ 100% に
なってしまいそう。

実際には打合せや食事があるから
そこまでは行かないのだが、
でもなんだかなぁ・・・

世界が狭い、といっても
画面を通じて遠くとつながっているので、
広い意味では狭いわけではないのだが、
でもなんだかかなり息苦しい。
コメント

iPad Pro 12.9 inch

2017-06-17 11:49:22 | PCやIT
もうすぐ6月のボーナスの季節。

今、買おうかなぁと思って迷っているのが、
iPad Pro の 12.9 inch モデル。

初代の iPad が出た頃から、
13 inch クラスの大画面で
PDF の書類が読めるといいのになぁ、
と思っていた。

タブレット型のPCを検討しても
電池の持ちなどでなかなか思うようなものがなかったが、
iPad Pro は使えるかも、と感じている。

第二世代になって性能もずいぶん上がったのに
価格が下がっているし。

でも実際に買おうか、となると、
本当に使うのだろうか?
という迷いが生じている。

ノート PC 無しに、
iPad だけで暮らせれば良いのだが、
まだ Office 関連が多い
書類の編集は厳しいのではないかと感じている。

そうすると、読みたいような PDF は
今ほとんど ノート PC に入っていて、
そちらでも参照したくなるだろうから、
2か所で見られるようにしないといけない。

たとえば Google のクラウドに置いて、
両方で見られるようにすればよい、
とは思うのだが、管理やダウンロードが
結構面倒くさそうでもある。

(でも、名刺のデータはクラウドに置いて、
あちこちから参照できるようにしていて
便利だから、大丈夫かもしれないが)

ノート PC との2台持ちになる、
というのも懸念材料。

iPad Pro の重さは 700g 弱なので、
紙の資料に換算すると、
両面で 350ページ分くらいのようだ。

今でも、それくらいは持ち歩いている時はあるが、
紙の資料をゼロにはできないだろうし、
スキャンする手間もゼロではないし・・・

うーん・・・買いたいんだけど
どうしようかなぁ・・・

あるいは、新しい Surface Pro でも
いいのかなぁ・・・

画面サイズが 12.3 で、今使っている SZ-6 は 12.1
だから、あまり大きくならないのだが・・・



コメント

洗濯物の臭いを消す方法

2017-06-17 11:23:32 | 雑感
ためしてガッテン!で
洗濯物の臭いを取り上げていた。

梅雨の季節は室内干しが多くなるので
どうしても厚手のタオルなどが臭いがち。

原因は花王の研究者が解明していて、
モラクセラ菌という常在菌が
分裂するときに出す臭い物質なのだろうだ。

長年使ったタオルなどには、その菌が
かなり溜まっているらしい。

その菌を殺す方法として、

1)60度以上のお湯で洗濯
(日本の普通の洗濯機にはプラスチック部品があるので不可)

2)脱水した直後に熱いアイロンを十分にかける

3)酸素系漂白剤+40度のお湯で洗う

が紹介されていた。

60度以上で洗える洗濯機は、
ペストなどを経験しているヨーロッパでは
普通なのだというが、日本ではまだほとんど売られていないし、
200Vが必要だったりする。

試してみるとしたら、
酸素系漂白剤+40度のお湯かな。
コメント

物語の力、情報の価値

2017-06-17 09:11:54 | 生きるヒント
JR西日本の「瑞風」がデビューした。
最上級のスイートは 2泊3日で 100万円以上だという。

他にも、一瓶 1,000円の牛乳とか、
高級品が世の中に増えている。

欧米に較べれば、まだまだ
かわいいものだろうが、
これもまた、格差が少しづつ拡がっていることの
現われなのだろう。

そういうものを買う人は
何を買っているのか?

楽しみや味、などのクオリティだけで言えば、
そこまでの価格差にみあった価値の差は出しずらいと思う。

結局、その背景にある物語り、
情報を買っているという感じがする。

最高級品、希少性という物語り、
牛乳の話で言えば、自然に生きている動物から
分けていただく、というストーリー。

そういうものにプライドを擽られたり、
共感したりするから、そこまでのお金を
出すのだと思う。

誰にでも良いものを、から、
特別なあなただけのために、へ。

そういうビジネスが成り立つのが、
成熟社会ということなのだろうか。


コメント

Ryuichi Sakamoto: async

2017-06-16 20:56:41 | 音楽
少し前に NHK の Switch Interview で、
坂本龍一さんと福岡伸一さんの対談があった。

そのときに、紹介されていたのが
坂本さんの最新アルバム async。
アルバムは8年ぶりだそうだ。

タイトルを日本語にすると「非同期」
asyme = asymmetry は「非対称」だが、
async は asynchronous で「非同期」

音と音楽、あるいは、音楽とノイズのキワ、
アンドレイ・タルコフスキーの架空の映画のサウンドトラック、
といった話に惹かれて(タルコフスキーはかなり好き)
amazon で注文していたものが、やっと海外から届いた。
(国内盤は高い!)

聴いてみたが、なかなかよい感じ。

1曲目の Andara の前半の雰囲気は
ぞくぞくして鳥肌が立った。

3曲目の Solari は、曲名からして、
タルコフスキーの「ソラリス」の冒頭の
バッハへのオマージュだろう。

Walker は完全に「ストーカー」の世界。

全体的には、もうちょっと
音楽っぽいと好みだったが、
でも面白かった。

 * * *

聴き終わった後、
歯を磨く音がちょっと普段と
違って聴こえた。

昔、お芝居や映画を見て劇場を出た後、
世界が普段と違って見えたものだが、
それの音バージョンと言う感じ・・・

ノイズ、音、音楽については、
クセナキスやペンデレツキの頃から興味はあって、
音楽が次第に崩れてゆき、そしてまた復活する
というモーフィング的な作品はできないのかなぁ?
などと思っている。

たとえば、今回の Andara のメロディが
少しづついろいろなノイズに浸食されてゆく。

浸食のされ方は、加法的でもいいし、
音色が濁ってゆく、などでもいい。

最初は耐えて跳ね返しているのだが、
ある時急激に混沌としてきて、
最後はノイズに埋もれてしまう。

それでしばらくノイズになるのだが、
また、あちこちから微かにメロディの断片が
鳴動しはじめて、やがてそれが束になって
音楽が復活する、みたいな・・・

今の技術があれば簡単だと思うのだが、
誰か作っていないのだろうか?

コメント

相手の立場に立って考える

2017-06-14 19:53:58 | 生きるヒント
将棋連盟の HP を見ていたら、
羽生三冠が考えるプロトアマの違い、
というような記事があって、
なかなか寄らない終盤で我慢する力、
ということだった。

その後に、そういう力をつけるには、
相手の立場に立って考えることだ、
と言う教訓が。

最近、自分のことにばかり忙しくて
すっかり忘れていたが、
相手の立場に立って考えることは
常に大切だ。

それは、相手の言うことをきく
というのとは違う。

むしろ、相手が言っていることは
相手の立場で考えると、
もっと良いことがあることも多い。

自分に降りかかる雑務を払うだけでなくて、
誰かを喜ばせることがしたいなぁ・・・
コメント

定位置、定量、定期間

2017-06-11 09:29:01 | 生きるヒント
テレビで、片付けの極意、
みたいな番組をやっていて、
横目で見ていたら、

「定位置、定量、定期間」

が三原則なのだそうだ。

定位置:定位置を決めてそこに戻す

定量:本棚のこの棚の範囲、などと総量を決める

定期間:判断するまでの期間や、
 諦めるまでの期間を決める

ということのようだ。

そう言われてもなかなかできないのだが、
わかりやすくまとまっているのでメモ。

コメント