日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

羽生さんが王将リーグ陥落

2016-11-27 16:58:56 | 将棋・ゲーム
将棋の王将戦は、久保さんが挑戦者になった。
なんと、羽生さんが挑戦者決定リーグから陥落。

うーむ・・・

実力の世界は厳しい。

佐藤(康)さん、森内さんも
最近はあまり勝てていないようだし、
棋譜データベースの活用で
一気に時代を変えた羽生さん世代も、
いよいよ表舞台から降りてゆく感じ。

それに代わるのは、ネット将棋、
将棋ソフト活用の世代、
ということになるのだろうか?

みんな歳を取って、
時代が変わるのはしかたがないのだが・・・
コメント

朝気分よく目覚めるために

2016-11-27 16:39:19 | 生きるヒント
昼間の間に
日光を浴びて、
適度な運動をして、
栄養をとって(トリプトファンを摂取して)、
楽しい気分になって、
リラックスして寝る

こうすることで、

セロトニンが出る
→ メラトニンになる
→ よく眠れる
→ 気持ちよく目覚められる
→ 昼間活動できる(上に戻る)

という好循環を回さないといけない。

逆に、

昼間活動できない
→ セロトニンがでない
→ メラトニンが少ない
→ よく眠れない
→ 気持ちよく目覚められない
→ 上に戻る

という悪循環にはまるといけない。

ということか・・・

コメント

朝に鬱になる理由

2016-11-27 13:39:08 | 健康
秋から冬にかけて、鬱っぽくなるのだが、
特に、朝が気分が優れない。

朝、鬱になって、夕方には少し良くなる理由は、
解明されているのだろうか?

考えられそうなのは、

夜寝ている間に、
脳内になにか物質が蓄積されてしまうことだ。

その原因としては、感覚が遮断されていても
脳の中でシミュレーションはしていると言われているので、
その中で、将来の不安が強調されて、
不安物質がたくさん溜まってしまう??

昼間は、なんとか暮らしていると、
それなりに充実感があるのと、
今取りあえずのことだけ考えられるので、
不安が和らぐ??

うーん・・・

たぶん、化学物質が関係していると思うのだが、
よくわからない。

 * * *

と思って調べたら、こちらのページに詳しい説明があった。
起立性調節障害というものだそうだ。

要するに、不安などが原因で?
夜になっても交感神経の活動が強いままなので、
寝ていても実は休養になっていない、
ということのようだ。

夕方には回復するのは、食事をしたりして
エネルギーが入るからか・・・

なるほど、少しわかったような気がする。

しかし、対処法としては、しっかり食事をしたり、
サプリメントを使ったりして、きちんと栄養を取る
というくらいしか無さそうだ・・・

ここでは、物理的な栄養という側面が取り上げられているが、
こちらでは、メラトニン、セロトニンという言葉が出ている。

メラトニンは睡眠物質で、
セロトニンは太陽の光で増えるらしい。

このバランスが崩れている?

単純に考えると、
日中は、太陽の光を浴びて、
セロトニンが増えるので、
夕方、気分が上向く。

夜は太陽の光が無いので、
セロトニン不足状態になる?

メラトニン、セロトニンで検索して出てきた、
こちらのページによると、
トリプトファン → セロトニン → メラトニン
という合成経路があるという。

したがって、トリプトファンをしっかり摂取
する必要がある、ということだ。

いずれにせよ、セロトニンとメラトニンの代謝によって、
朝は落ち込み、夕方には少し回復する、
ということのようだ。

同じサイトのこのページもよくまとまっている。

これに加えて、不安のシミュレーション
という面もきっとあるのではないかと思う。

寝る前に、幸せな写真を見るとか、
何か、楽しいことや、明るい気持ちになることを
考えると良いのかなぁ・・・
コメント

Deep Zen Go が趙治勲名誉名人に1勝2敗

2016-11-27 11:06:20 | 将棋・ゲーム
AlphaGO の衝撃からはや半年、
ドワンゴ+東京大学が開発している
Deep Zen Go が日本棋院の趙治勲名誉名人に挑戦した。

まだ開発中ということで、今回は負け越したが、
あの趙名誉名人を相手に互先で1勝できたことは
素晴らしいと思う。

趙名誉名人や他の囲碁棋士の感想としては、
やはり「序盤が強い」という。
AlphaGo のときもそうだったが、
人間には見えていないものが見えているのかもしれない。

その一方で、終盤はまだ弱いというのは不思議な感じ。
将棋は終盤から強くなったのだが、やはり囲碁は読み切るのが難しい、
ということなのだろうか・・・

ハードウェアも、Google のようにすごいものを
使っているわけではないようだし、
AlphaGo のように、自己対戦で強くなれるのだろうから、
次回の対戦(いつになるかは知らない)には
勝ち越せる可能性はあるのではないだろうか。

Google/DeepMind の AlphaGo は、
イ・セドルさんに勝った後は公開などはされていないので、
後追いと言われても、こうしたプロジェクトをやる意味は
大きいと思う。

これで強いものができれば、将棋のように、
囲碁棋士も使うようになるだろう。

開発されている方々には、
ぜひ頑張って欲しい。
コメント

ガンのプレシジョン・メディシン治療

2016-11-20 21:33:21 | 健康
今日の NHK スペシャルは、
「がん治療革命」

ガン細胞の原因となる遺伝子変異を解析して、
それに効くがん治療薬を処方する
プレシジョン・メディシンが、
急速に進展しているという。

ガンの部位によらず、
効く可能性が高い薬を処方できるので、
うまく働く場合には大きな抑制効果が
得られるという。

さらに、複雑な遺伝子変異パターンの中から、
原因遺伝子を特定し、有効な対応薬を選択するために、
膨大な数の文献を学習させた人工知能が使われているという。

これはすごいなぁ・・・

しかし、最適な薬が無い場合も何割かあって、
遺伝子解析でそれが明らかになってしまうこともある。

また、薬が見つかって、抑制されていたとしても、
転移してしまう場合もある。

しかたないとはいえ、つらいなぁ・・・

今後、新しい薬がどんどん見つかってくる可能性はある。

しかし、新しい薬の代金は月に100万円にもなるという。

高額療養費制度があるので、
患者の負担はそれほどではないとしても、
医療制度全体での負担は大変なことになりそうだ。

これからますます患者が増えてゆき、
新薬も開発されてゆくときに、
医療制度が持つのか、も心配だ。

やはり、大変な時代になっているなぁ・・・
コメント

ねほりんぱほりん@Eテレ

2016-11-20 19:46:05 | 映画・ドラマ・テレビ
一緒に暮らしている人が、
Eテレの「ねほりんぱほりん」をよく見ている。

最初の頃に横目で見ていて、
Eテレの番組と言われた時は
かなり驚いた。

いわゆる覆面座談会なわけだが、
もぐらとぶたという組み合わせがなんとも絶妙。

番組のエンディングも、
昔のヤンマー CM のもじりで、
見るたびにたまらない・・・

NHK、素晴らしいけど、大丈夫か?

コメント

ゴールドベルグ変奏曲をサキソフォン+ベースで@清水靖晃さん

2016-11-20 18:30:36 | 音楽
清水靖晃さん(サキソフォネッツ)の
ゴールドベルグ変奏曲。

無伴奏チェロ組曲はソロだったが、
こちらはサキソフォンx5、ベースx4
という不思議な構成のアンサンブルになっている。

好きなようにアレンジして、
好きなように弾いているのがとても楽しめる。
ベースを入れた効果もとても印象的。

ゴルドベルグ変奏曲は大好きな曲のひとつで、
チェンバロ、ピアノ、弦楽合奏、など
いろいろな録音やライブを聴いているが、
また一つ楽しみが加わって嬉しい。

冒頭のアリアからして、
ゆっくりとしたテンポがとても良いのだが、
たとえば、第13変奏の気だるいような感じは、
今まで聴いた中でも一番ぴったりくる演奏だった。

いっぽうで、速い変奏でのアンサンブルとノリも見事だし、
メリハリが効いている。

音色や音の肌合いの愉しみを
最大限に重視しているのは、
日本ならではの感性という感じがする。

しばらくの間は、はまりそうだ。


コメント

30分に1度は立ち上がる

2016-11-20 17:52:11 | 健康
ためしてガッテンで、
NASA の老化研究というのを紹介していた。

それによると、内耳にある耳石の動きが
老化に関係しているという。

1時間座ったままでいると、寿命が縮むということで、
30分に1度は立ち上がると良いという。

そのほかにも、体に適度な振動を与える機械に乗るだけで、
老化が抑えられ、骨密度や筋力が増えるとか、
ハンモックで育てた赤ん坊は発達が速いとか・・・

うーむ・・・

ちょっと怪しい感じもするのだが、
まぁ、本当なら嬉しい面もあるし、
実際問題、座りっぱなしは体に良くないのは明らかだから、
30分に一度は立ち上がって、
ストレッチしたり、軽く歩き回ったりするのは、
体のためにも、気分転換としても、
悪くない習慣だと思う。

飛行機でも長時間のフライトの場合には、
用もないのに機内をうろうろとするのだが、
良いことなのだと思う。
コメント

無伴奏チェロ組曲をサックスで@清水靖晃さん

2016-11-20 11:52:59 | 音楽
以前、ドラマの音楽で気になっていた、
清水靖晃さんの、サックスによる無伴奏チェロ組曲
の CD を衝動買いした。

好き勝手な解釈をしていて、
なかなか良いと思う。

フォーマルなかちっとした演奏も良いが、
こういう枠をはずしたものも良い。

自分でも、いい加減だとは思うのだが、
まぁ、どちらも楽しめてしまうのだから
しかたがないなぁ・・・

一緒にゴールドベルグ変奏曲も買ったので、
そちらも楽しみ。

こちらにインタビュー記事がある。

借り物で(自分の)魂を出す、
という言い方が面白い。
コメント

高齢化する社会の姿

2016-11-20 11:47:59 | 雑感
以前からちょっと行ってみたかった
レストランに行ったのだが、
お店をやっている人たちが高齢化していて、
ちょっと大変そうだった。

こういう気骨の店主がやっているような店でも
後継者が育たないところは閉店して、
フランチャイズの安い店ばかりになり、
そういう店も雇われた高齢者がよろよろになりながらやっていて、
地方の過疎化はどんどん進み、
都会では若者がさらに人手不足で過重労働になり、
病院、介護施設がオーバーフローし、
巷には浮浪者的な人が増えてゆき、
治安は悪化し、電車は遅れるのがあたりまえになり、・・・

今後、団塊の世代が本格的に要介護になってゆくにつれて、
こういう阿鼻叫喚の世界が見えてきて、
誰にも止められない・・・

あぁ・・・

今日もまた悲観的過ぎるのだろうが、
もっと楽観的になれるようなシナリオは
あるのだろうか?

コメント

ベンチャー大国・金融大国中国

2016-11-19 21:11:21 | 政治・経済・行政情報
今日の NHK スペシャルは「巨龍中国」。

中国のハイテクベンチャーを取り上げている。

これまで、外国からの工場投資と安い賃金で成長してきた中国だが、
これからは、その間に国内に蓄えられた個人資産1800兆円を使って、
イノベーション国家としてさらに成長してゆくことを
目指しているという。

そのために、法律改正して、
民間投資会社やインターネット金融会社を増やして、
個人の資金を吸い上げて、ベンチャーに流し込んでいるという。

うーむ・・・

中国は留学帰国者も多いし、
研究者層も厚くなっていると思う。

資本主義の極みを実現するのは
中国なのかもしれない、とまた
単純に考えてしまう。

それにしても、日本は
いったいどうすればいいのか?

結局、戦後日本の繁栄というのは、
中国がお休みしていてくれたため、
ということもあったのだよなぁ。



コメント

資産を作る

2016-11-19 20:09:43 | 生きるヒント
貯金がほとんど利子を
生まなくなって久しいので、
老後のために、少しくらいの貯金があっても、

不動産資産(活用可能な土地)
能力資産(能力)
社会的資産(人脈)

が無いとつらいようだ。

貯金は大事ではあるのだが、
いざというときに親に泣きつける身分なら、
能力や人脈により投資するほうが良いと思う。

40代になったら不動産資産を作る。

そうすれば老後は
少しはましになるかもしれない。
コメント

プチ認知症?

2016-11-13 12:27:50 | 健康
このところ、なんだか
探し物ばかりしている感じがする。

うっかりどこかに置いてしまって
それを忘れてしまう。

だいたい見つかるのだが、
なんだか情けない・・・
コメント

秋晴れ

2016-11-13 12:26:19 | 雑感
お空は秋晴れで、
本来なら、心が浮き立つような天気なのに、

私の心はどうしてこんなに
鬱々としているのだろう?

厳しいなぁ・・・
コメント

お出かけ日和

2016-11-12 11:54:12 | 雑感
このところ、休日に
お出かけ日和が続いているのだが、
どうにも出かける気力が出ない。

いくら寝ても疲れている感じで、
これもなんだか嫌だなぁ・・・
コメント