日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

メーカーズシャツ鎌倉

2016-10-29 21:13:09 | 雑感
このところ、スーツを着る機会が多いので、
ちょっといいシャツが欲しくなっている。

ユニクロは、カジュアルなら許容範囲だが、
ビジネスユースは厳しい感じ。

かといって、外国製とかを買うというほど
おしゃれにこだわりはない。

ネットで検索したら、
メーカーズシャツ鎌倉
というところがあったのでメモ。

URL もなかなか素晴らしい。
コメント

シン・ゴジラ

2016-10-29 20:02:23 | 映画・ドラマ・テレビ
飛行機の中で、シン・ゴジラを視た。

噂どおり、印象的な映画だった。

細かいところへのこだわりと、
リアルさは文句なく素晴らしい。

しかし、全体を観終わった後の印象は、
何か物足りない・・・

何か重要なことが
失われている感じがする。

なぜだろう?


 * * *


無慈悲な災害が相次いでいるので、
あまりにも楽観的なストーリーに
違和感を感じてしまう、のかもしれない。

画面のリアルさと、ストーリーの単純さ、
非リアルさが、どうにも気持ち悪い。

あそこまでリアルに破壊を描くのなら、
いっそのこと、救いも希望も全く無いという
エンディングにするしかなかったのではないか?

米軍に痛めつけられたゴジラが、
炎を吐くシーンはすごかった。
あれですべて破壊し尽くされて終わり、
というのだったら、かなりハードボイルドだ。

北野たけしだったら、
そうするのではないだろうか??

現実に直面させる、という意味でも
そのほうが良かったのではないだろうか?

それでは映画として成立しないのだろうか?
ある意味、記念碑的作品になったかもしれないが・・・

「君の名は。」も「シン・ゴジラ」も
明らかに東日本大震災以後でなくては作られなかっただろうと思うが、
どちらも「救済と希望のお話し」になってしまっているところが、
しかたがないとは思いつつも、何か違和感が残る。

災害も、資本主義も、独裁制も、
現実はもっともっと無慈悲な
ものではないのだろうか?

だからこそ、映画は希望を語るべきだ、
というのもまた、そのとおりではあるのだが。


 * * *


石原さとみの演じた、飛鳥のような女性は
必要だったのだろうか?

必要かもしれないが、もうちょっと
リアルにアメリカのエリートっぽいほうが
良かったのではないか?


と、いつものように評論家的に勝手なことを言っているが、
映画のメインメッセージは「俺は好きにした。君らも好きにしろ。」
なわけだから、そう思うなら自分でそう創ってみろ、
ということか・・・

コメント

シューベルトのピアノソナタ第21番

2016-10-22 01:33:39 | 映画・ドラマ・テレビ
NHKのドラマ「漱石の妻」
を録画してあったのを視た。

夫婦の心理のドラマもさることながら、
音楽に、シューベルトの最後のピアノソナタが
うまく使われていて驚いた。

昔とても好きで、よく聴いた曲だが、
久しぶりに聴いたら、やはりとても良かった。

暗くて、明るくて、
メランコリックで、癇癪的で、
退廃的で、暖かくて・・・

やっぱり、とても人間くさくて、
よいのだなぁ。

演奏は田部京子さん。
シューベルトの情感をよく引き出した
とても良い演奏だと思う。

昔よく聴いていたのは、
リヒテルやアファナシエフのだったが、
(ルプーやブレンデル、ゼルキンなんかもあったか)
田部さんのCD を買ってみようかなぁ。

追記:

ちなみに、ドラマの音楽担当は、
清水靖晃さんという方。

ゴールドベルグや無伴奏チェロ組曲などのバッハの作品を
サキソフォンで演奏したりしてるようだ。
こちらも面白そう。

シューベルトのソナタは、
内田光子さんの演奏も素晴らしいらしい。
コメント

笑うお月さま

2016-10-19 23:57:00 | 雑感
この間の日曜日だったか、
満月に近い月の出を見た。

月の角度のせいなのか、
うさぎが横になって、
月が笑っているように見えた。

目が悪くなるのも、
悪いことばかりではないようだ。
コメント

Find my Tokyo

2016-10-19 23:52:41 | 雑感
東京メトロの Find my Tokyo

石原さとみ、万歳!


コメント

月虹

2016-10-17 23:53:08 | 雑感
NHK の News Check 11 を見ていたら、
「月虹」の写真が紹介されていた。

月の光でできる虹・・・

満月で小雨が降っているときに
見えることがあるという。

そういえば、昨日はとても明るい、
笑っているように見える月を見た。

月の虹も、いつか見てみたいものだ。
コメント

血糖値スパイクを防ぐ

2016-10-08 20:41:31 | 健康
NHKで血糖値スパイクについての
番組をやっていた。

食後血糖値が一時的に 140 を超えると
血管にダメージが生じて、
脳梗塞や心筋梗塞の原因になるという。

また、インスリンが過剰になり、
認知症を引き起こすアミロイドβの付着や、
がん細胞の増殖も増えるとか。

ちょっと怖がらせ過ぎの感じもあるが、
病気の予防には血管を大事にするのは
重要だと思う。

スパイクを予防するには、

1)食べる順番に気をつける

よく言われている「野菜が先」に加えて、
タンパク質や脂質、つまり、メインの料理
をご飯やパンより先に食べるほうが良い。

タンパク質や脂質は、胃腸の動きを
遅くするらしい。

2)朝食抜きは厳禁

朝食に限らず、空腹時が長く続くと、
その後の食事のときにスパイクが
起こりやすくなるという。

定期的にほど良い量の食事をして、
間食はしない(空腹を感じる時間がある)
というのが理想。

3)食後にちょこちょこ動く

食後15分くらいから血流が胃腸に集まるが、
それを防ぐと糖の吸収が遅くなるらしい。

歩くのはもちろん、昼食後は立って会議する、
というのもよいようだ。

最近、食後かなり眠くなって、
ぐてっとしてしまうので、
かなり気をつけないといけない。
コメント

自分で考えない

2016-10-08 12:16:47 | 生きるヒント
マネージャの仕事のひとつは
戦略を考えること、なわけだが、
そのために、考え込んでいては
タイミングを失する。

自分で考えてもわからないことは
自分で考えないない。

適切な人に考えてもらって、
その結果を選ぶほうがずっと良い。

誰に考えてもらうかを決めるのが
一番大切なところだ。

そのためには、相手のことを
よく知らないといけない。

他人に興味が無い人には
マネージャはできないなぁ・・・

結果を選ぶためには、
ぶれない軸が必要だ。

軸だけはしっかりと決めて、
それ以外は人に任せる。

それがどうしてもうまくできない・・・
コメント

武満徹ギター作品集成

2016-10-08 12:01:35 | 音楽
鈴木大介さんのギターによる、
武満さんのギター作品集。

難しい曲もあるが、
「ロンドンデリーの歌」や「Over the Rainbow」
などのポピュラーな曲のアレンジもあって、
そちらがとても厭される。

武満さんのアレンジは、
奇をてらったり、受けを狙ったりがなく、
ごく普通な感じなのだが、
とても自然で美しい。

人間、かくありたいものだが・・・
コメント

知と愛

2016-10-08 11:22:49 | 
kindle Unlimited の
ヘルマンヘッセの2冊目は、
「知と愛(ナルシスとゴルトムント)」
を読んでみた。

神と知の世界に生きるナルチス、
性愛と芸術の世界に生きるゴルトムント

どちらにあこがれるかといえば・・・

うーん・・・

どちらも厳しい世界で、
やっぱり中庸な生き方が
気楽なように思うのだが・・・

人間には両方の面があるのだから、
両方が必要なのだと思う。

まぁ、それではグレイで凡庸な人間にしか
なれないのではあるが。

それにしても、
最近はどうも、両方の面で
衰えが激しくて悲しい。
コメント

kitkat 日本酒

2016-10-08 11:20:37 | 食べ物
kitkatの日本酒というのを
売っていたので買ってみた。

ホワイトチョコの kitkat だが、
確かに、日本酒のフレーバーで、
以外と悪くない。

これができるなら、
シャンパンとか、ワインとか、
いろいろあってもよいと思う。

kitkatファクトリーに行くと
あるのだろうが・・・
コメント