日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

2025年の日本

2014-05-31 21:10:48 | 政治・経済・行政情報
2025年の日本
それはもうわずか10年後だ。

団塊の世代が75歳を迎える。

都市部では、病院で長時間待つのがあたりまえ。
ベッドの空きがなく入院はままならない。

お金持ち専門の病院ができて、
優秀な医師はそちらに行く。

一方、地方では、過疎が進み、
近くに病院が全く無い。

それに対する「地域包括ケア」は、
村落的な共同体への復帰にも見える。

自分の住むところを
いかに、魅力ある「地域」にするか。

そこに幸せがかかっているらしい。


コメント

自分のコピーを作る

2014-05-31 12:11:11 | 生きるヒント
といっても、子供を作ることではない。

仕事をしていて、
あー、自分のコピーがあと2人いたらなぁ・・・
と思うことが増えている。

これまでにちゃんと部下を育てて、
仕事における自分のコピーを
作ってこなかった報いだ。

もちろん、別人格だから
自分と同じ考え方にはならなくても、
仕事において、自分と同じかそれ以上の
能力の人を育てることをしておかないと、
自分の能力が落ちたときに困る。

仕事を教えるのは面倒で、
自分がやったほうが早いから、
ついついやってしまうのがいけない。

コメント

のどかな生き方

2014-05-28 22:09:36 | 生きるヒント
久しぶりに、好きな人と
ゆっくり過ごして、癒された。

どうして、こういう時間を
もっと取れないのだろう?

いろいろなものと
戦い続けて100歳まで贅沢に生きるのと、

のどかに、好きな人やものと暮らして
50歳までつつましく生きるのと、

どっちがいいかと言われたら、
個人的には、後者のほうがいいのだが、
ついつい戦ってしまう。

たぶん、戦っていないと、あっという間に
どん底になってしまいそうなのが怖い、
のだと思う。
コメント

暑い!

2014-05-28 22:07:28 | 雑感
日中、ちょっと用事があって車に乗っていたら、
あまりに暑くて、エアコンをつけたくなった。

スイッチをいれたら、
嫌な臭いが・・・

うーん・・・

掃除してもらわないと。

それにしても、暑かった。
まだ五月だというのに、
先が思いやられる。

今年は冷夏だというが、
ほんどうだろうか?

コメント

タブレットの用途

2014-05-28 21:38:15 | PCやIT
NHKの趣味講座で
タブレットを取り上げていた(総集編)

紹介されている機能は

1)地図
2)電子書籍
3)テレビ電話(スカイプ)
4)絵本読み上げ
5)漢字学習

なるほど。
コメント

名無き仙人

2014-05-25 22:47:44 | 雑感
日本の行く末を案じていたら、
名無き仙人の綴る物語
というサイトを見つけた。

これは・・・

コメント

2030年の世界

2014-05-25 22:18:55 | 政治・経済・行政情報
検索していて見つけた、
米国国家情報会議による
2030年の世界の予測

いくつかのシナリオが
書かれているらしい。

要旨の翻訳が
こちらで読める

やはり見通しは暗いなぁ・・・


コメント

エネルギーの奔流

2014-05-25 21:11:00 | 映画・ドラマ・テレビ
NHKスペシャル
「エネルギーの奔流」

人類のエネルギー消費量のグラフが
怖すぎる・・・

電気や水道が普通に使えて、
店に行けばなんでも買えて、
近くに病院もある、というのは、
今の日本ではあたりまえだが、
人類の歴史でみれば、
ものすごく稀な事態なのだ。

「エネルギーの分野で
想像もできないイノベーションが
起こることに期待するしかない」
と言われてもなぁ・・・

もっとずっとエネルギー消費量の少ない
ライフスタイルに徹底的に転換
しないといけないと思うのだが、
これから経済発展しようとしている国々が
そんなことをするとも思えない。

結局、これからますます
エネルギー獲得競争が激化する中で、
資源もなく、超高齢化する日本は、
2050年頃にはいったいどうなってしまうのだろう??

多くの都市は暮らせない廃墟となり、
わずかに残る大都市も
超高齢化してしまう。

気候変動でゲリラ豪雨や
竜巻があたりまえになり、
人々は安全を求めて
地下に潜るのかもしれない。

格差は広がり、治安は激しく悪化し、
金持ちだけが住む安全な地域が
生まれるのだろう。

小松左京さんが生きていたら、きっと、
「日本衰亡」とうような
予測小説を書いたに違いない。

だれか書いてくれていないかなぁ・・・

と思って検索したら、
英国のエコノミスト誌が
2050年の世界の予測をした本
出している。

それによると、日本の世界での地位は
どんどん低下し、最も悲惨な国の一つになる
ということらしい・・・

他にも、2050老人大国の現実
というような本も。

ひとつくらい読んでみようか。



コメント

AQUOS PHONE SHL23

2014-05-25 10:30:37 | PCやIT
スマホにしてからはや2週間が経過した。

結論としては、あまり使わない・・・^^;

使っている機能は

1)電話
 無料通話分が無くなったのは痛い。

2)ブラウザ
 仕事のメールチェックはこまめになった。
 しかし、返信を書くのはちょっと大変。

3)地図
 出先ですぐ見られるのは嬉しい。

4)デザリング
 これは便利 LTE だとかなり高速。
 その他通信合計で7GB/月の制限はあるが、
 メール、Webページ程度なら、ほとんど問題にならなそう。

5)Kindle
 電車の中などで本を読むことが増えた。
 auブックパスは継続するかもしれない。

6)将棋中継
 簡単にチェックできるのは嬉しい。

くらいかなぁ。

ガラケーに較べて
月々の利用料が 3,000円くらい増えるのだが、
それに見合っているかどうかはかなり微妙。

基本的に、電車の中では
すぐ寝てしまうほうなので・・・

SHL23 については、特に不満は無い。

電池のもちは、今のところとても良い。
ほとんど使わないので、1日経っても
10% くらいしか減っていない。
満充電で3日は楽勝。

動きもサクサクしているし、
ネットも十分速いし。

IGZO の画面がチラつくという話があったが、
今のところは特に異常は出ていない。

ただ、片手で操作しにくいのは嫌だ。

たとえば荷物などで片手がふさがっているときに、
乗換案内などが操作できないのは不便。

そういう意味では、幅が狭い
iPhone のほうがよいのかもしれない。
コメント

自分のするべきことをする

2014-05-22 20:24:17 | 生きるヒント
一生にできることは限りがある。

だから、なんでもやろうとしてはいけない。
なんでもできると思ってはいけない。

自分ができることの中から
自分がするべきことを見極めて、
しっかりやることが大切だ。
コメント (2)

美しき五月

2014-05-18 09:53:25 | 雑感
五月は一番好きな季節のひとつ。

緑が美しくて、
空は青くて、
吹き抜ける風が気持ち良い。

バラの花も色とりどり。

また今年も
五月らしい日に
逢うことができた。

コメント

鈴木空如

2014-05-18 09:41:46 | アート
今日の日曜美術館は
仏画師の鈴木空如。

法隆寺金堂壁画のことは知っていたが、
空如本人のことは知らなかった。

ひたすら己を消して仏を描く
これもまたすごい人だ。

自分の娘が5歳で亡くなったときも、
仏を恨むのではなく、
これもまた仏の教えと感謝する
言葉を残している。

うーん・・・

亡国にも山河存するはず
春ともなれば桜咲きそうらわざらん

この壁画模写も展示される
法隆寺展は6月22日まで。

見に行かないと。
コメント

上原ひろみ

2014-05-17 22:47:24 | 映画・ドラマ・テレビ
Switch Interview は
上原ひろみさんと石塚真一さん。

上原ひろみさんはほんとにすごい・・・

どういう勉強をしたら
あんなふうに弾けるようになるのだろう???




コメント

The Long Goodbye

2014-05-17 22:32:26 | 映画・ドラマ・テレビ
途中まではかなりわかりにくかったが、
終わってみれば、かっこいいドラマだった。

さすがチャンドラーだ。

大友さんの音楽も素晴らしかった。

事件はあくまでもお話に過ぎない。

本題は、増沢磐二=フィリップ・マーロウ
の生き方。

おもねることなく、
流されることなく、
自分の頭で考える。

なんだかすっかり忘れているなぁ・・・

これはシリーズ化して欲しい。
コメント

人に仕事を頼むことの難しさ

2014-05-17 12:13:05 | 生きるヒント
どうにもこうにも、
誰かに仕事を頼むのが苦手だ。

まず、やって欲しいことを
説明するのが面倒くさい。

自分でやるのと同じくらいに
やってもらうためには、
かなり説明しなくてはいけないし、
かなり説明しても、
わかってもらえないことが多い。

でも、歳をとると、自分だけではできない
仕事が増えるので、そこは目をつぶって
お願いするしかない。

それ以上に問題なのは、小心者なので、
そもそも人にお願いするのが苦手ということ。

お願いできても、どこかひるんでいるところがあるので、
ついつい要求が甘くなったり、お願いが遅くなったりする。

そうすると、全体として、本来の目的を
達成することができなくなって、
せっかく一生懸命にやってくれた人たちの
努力が無駄になってしまう。

というわけで、ますます、
誰かに仕事を頼むのがつらくなる・・・

完全に悪循環だ。

相手の気持ちをあまり気にせず、
全体としての目標を明確にして、
必要なものをタイムリーにお願いする、
ということができる人はうらやましい。
コメント