日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

テニスクリニック

2012-12-31 16:39:49 | テニス
大掃除の合間に抜け出して、
今年最後のテニス。

フォアハンドを安定させるために、

1)ボールが弾む前にどのあたりで打つかを予測
2)右足の位置を決めて早く構える
3)そこから肘を体に軽く引き寄せて、体のそばを通るように
4)左足をセミオープンに置いて
  折りたたんだ肘を伸ばしながらインパクト
5)大きく打球方向にフォロースルー
6)打ったらすぐに次に向けて構える

肘を引くのは、スイングスピードを上げる
という意味では理にかなっているように思われる。
しばらく試してみたい。

今年は正月から肩(五十肩)と肘(テニス肘)を痛めて
あまりテニスができなかったが、なんとか治ってよかった。

来年も怪我なく楽しく
テニスができますように。
コメント

年末雑感

2012-12-30 23:01:46 | 雑感
12月は降り積もる仕事に埋もれて
ブログもろくに書けない状態だった。

やっと年内の締切があと1つになって
なんとか年が越せそうだ。

正月はしばし手を休めて
落ち着いて本で読みたい気分。

まぁ、仕事があるだけ幸せ
ということではあるのだが・・・

今年を振り返ると、
世の中的にはやはり、
オリンピックと総選挙だろうか?

スカイツリーのオープンや
皆既日食というのもあった。

個人的には、できるだけのことはやったつもりだが、
なかなか思うようにならないことが多くて、
可もなく不可もなく、という感じだろうか。

さて来年はどんな年に
なるのだろうか?

穏やかな良い年でありますように。

コメント

ヤンキー化する日本

2012-12-27 22:48:45 | 政治・経済・行政情報
斉藤環さんが、朝日新聞で、
安倍さんの勝利について
「ヤンキー社会の拡大を映している」
と書いていた。

「私がヤンキーと言っているのは、
 日本社会に広く浸透している
 『気合とアゲアゲのノリさえあれば、
 まあなんとかなるべ』という
 空疎に前向きな感性のことで・・・」

「もはや知性や理屈で対抗できる
 状況にはありません」

なるほど、と思わせるものがある。

乱世においてはそういうほうが
強いのかもしれないが、

なんにせよ、自分には理解できない感性で、
まいったなぁ・・・
コメント

最高に醜悪な人たちの記憶

2012-12-27 22:45:53 | 政治・経済・行政情報
「日本未来の党」の分裂騒ぎ

この人たちは、
いったい何をしてるんだ???

愚かな行為を繰り返して
まったく懲りることのないこういう人たちに、
政党交付金が何億円も払われるというのは
あまりにも理不尽だ・・・

覚えておきたくなどないが、
これも忘れてはいけないこと、なのだろう。
コメント

「最高にチャーミングな人」の記憶

2012-12-27 22:19:47 | 生きるヒント
中村勘三郎さんの告別式の様子が
テレビで放送されていた

それはとても稀有な光景で、
実にたくさんの人が、義理でなく、
心から故人の死を悔やんでいた

ひとりを楽しませるのがやっと
という自分から見れば
同じ人間とは思えないが

常にベストを尽くして
生きたいように生きて

多くの人を幸せにして
多くの人にありのままで愛された
最高にチャーミングな人のことを

その笑顔を、そして
そんな人がこの世界に存在したという奇跡を

忘れないでおきたいと思う

コメント

ハエ女度チェック

2012-12-25 22:31:36 | 生きるヒント
「恋するハエ女」は終わってしまったが、
番組サイトに行くと、ハエ女度チェックがあった。

Q1) 自分の方が正しいと思っていても、言いたいことが言えず、我慢することが多い
Q2) 人から責められると、悪いのは自分かもしれない・・・、と思ってしまう
Q3) 自分の人生は、「しょせん、こんなもんだ」と思っている
Q4) 危険をおかすよりは、ささやかな幸せで満足し、我慢すれば良いと思っている
Q5) 食事のメニューは誰かに決めてもらったほうが楽
Q6) 完璧にやらなきゃいけないと思い、結局、いつまでもやり遂げることができない
Q7) やったことがないことでも、やればできると思っていて、結局やらずに終わる
Q8) 頼みごとを断れずに、なんでも引き受けてしまう
Q9) 自分が買いたい服と、店員に勧められた服では、店員に勧められた服を買ってしまう
Q10) そろそろ電話が切りたくても、自分からは切れない

ハエ男度チェックはこちら

Q1) いったん捨てたはずなのに、捨てた途端に、もったいないと思ってしまう
Q2) 周囲の人が楽しそうにしていると、おいてけぼりをされたように感じる
Q3) 誰か決めてくれないかなあと、思っているのに、決められるとイヤになる
Q4) ギリギリになるまでヤル気が出ないが、ギリギリになるとやっても間に合わないと思って、結局やらない
Q5) 財布の中身が寂しいのに、デートのディナー代を割り勘にしてと言い出せない
Q6) 「自立した女性が好きだ」と言いながら、本当に自立している女性は苦手
Q7) 完璧にやり遂げたいと思っているせいで、いつまでも、やり遂げることが出来ない
Q8) 問題を自分で解決するよりも、誰かが解決してくれるまで待っていようと思う
Q9) 女性の前では「俺の夢は!」と語れるが、部長の前ではイエスマン
Q10) 自分の決断に自信がもてず、誰かにOKっと言ってもらわないと安心できない
コメント (2)

悔しいときは「悔しい!」と叫ぶ

2012-12-25 22:28:23 | 生きるヒント
NHK で EXILE の ATSUSHIさんの番組を見ている。

理想を高くもって、
真面目に努力する人だ。

実際、それだけが大切なことなのだが、
なかなかそういうふうには生きられない。

どうしても楽しようと思ってしまう。

いつも100点にはならないが、
悔しいときには「悔しい」と叫んで、
諦めなければよいのだが・・・


コメント

第2回電王戦 対戦カード発表

2012-12-16 21:14:00 | 将棋・ゲーム
選挙で完全にかき消されているが、
プロ棋士と将棋ソフトが対戦する電王戦の
対戦カードが発表されていた。

プロ棋士の大将は三浦さんですか。
GPS将棋が勝てばそれなりにインパクトはありそうだ。

しかしなんで選挙の前日に発表???
注目されたくなかったのだろうか?

まぁ、対戦のときまでに盛り上がればよい
という気持ちなのかなぁ。
コメント

自民圧勝・・・

2012-12-16 20:32:32 | 政治・経済・行政情報
自民圧勝ですか・・・

まぁしかたがないとはいえ、
ここまで勝つのはどうなのだろう。

小選挙区制は怖いなぁ。

中選挙区のときは、最下位で当選する
候補に投票するという愉しみがあったのに、
小選挙区はつまらない。

政治には期待しないで、
生き残れる力を維持しなくては・・・

コメント

一瞬を永遠にする

2012-12-13 20:03:27 | 生きるヒント
松本幸四郎さんの言葉
「一瞬を永遠にするのが役者ですから」

「あぁ、あのときは、あの今は素晴らしかったなぁ」
そういう一瞬を作れるかどうか、が勝負。

というのは役者に限らない。

あぁ、面白かったなぁ、
あぁ、おいしかったなぁ、
あぁ、気持ちよかったなぁ、
あぁ、なるほどなぁ、
あぁ、ありがたかったなぁ、
・・・

そういう瞬間を作り出すことを、
そういうふうに誰かに言わせることを、
目指して生きたいものだ。

コメント (1)

村上隆さんインタビュー

2012-12-13 19:56:36 | アート
現代美術界で世界と闘う
村上隆さんのインタビュー記事

日本の状況がよくわかって面白い。
コメント

総選挙(6)

2012-12-13 19:50:54 | 政治・経済・行政情報
いろいろな政見放送を見ていると、
賛成できる政策もある。

地方分権:
金、人、意思決定を分散させて、
より現場に近づけるのは賛成。
中央集権は、情報通信機能に
限界があった時代のシステムだ。

ただし、そのためには、
地方にも国に頼らない人材が必要だ。

現状のままでただ地方分権すれば、
地方は国からの指令が無くて困るだけ。
ここが地方分権の最大の問題だと思う。

エネルギー政策:
代替の再生可能エネルギー開発に賛成。

なんだかんだいっても、
代替エネルギーは頑張るしかないだろう。
ただし、あまり無理して普及させると
歪が出るのだが。

経済政策:
リフレは目先のカンフルという感じがする。
長期的には破綻への道のような。

池田信夫さん:
> 安倍総裁のいうように200兆円の国債を発行して
> 公共事業をやれば、名目GDPを上げることは可能だが、
> それは持続的な効果をもちえない。
> 日本の財政はアメリカよりはるかに悪いので、
> 実質金利を下げるメリットより財政破綻のリスクのほうが大きい。

福祉政策:
大きな政府か小さな政府かは微妙。
中央を小さくするのはよいが、
地方をその分大きくするのかどうか。

小さな政府=低福祉=民間エリート優遇
大きな政府=高福祉=弱者救済

前者でゆければそのほうがよいが、
日本にはまともなエリートがまだまだ少ない
というのが問題だ。

まずは変えてみて、
必要となる人を育てる
しかないのだろうが・・・
コメント

日本をなんとかしてほしい

2012-12-13 19:45:54 | 政治・経済・行政情報
石原慎太郎さんが政見放送に出ていて、
「今の日本をなんとかしてくれ」
というのが最大の民意のひとつ、
というようなことを言っていた。

きっとそうなのだろうが、
それこそが最大の問題かもしれない。

戦後50年の間に、すっかりみんな(自分も含めて)
「誰かがきっとなんとかしてくれる」
体質になってしまった。

そうではなくて、
「自分たちでなんとかするから、
 政治家は足を引っ張らないでくれ」
が民意の基本でないとまずい、と思う。

だから、日本の将来のためには、
「なんとかしてくれ」という
今の民意に答える政治家ではなく、
それではまずいのだ、ということを教えて、
そうならないように構造改革をする政治家が必要だ。

でも、きっと、
そんなふうにはならない・・・
コメント

二種類の人

2012-12-13 19:43:36 | 生きるヒント
世の中には
二種類の人がいるらしい。

大人になっている人
=自立している人
=世界にコミットして改善してゆく気概のある人

大人になれない・ならない人
=自立していない・しない人
=依存している・したがっている人
=無責任な、現状享楽的な人

いつのまにか後者とばかり
つきあっているとすれば、
自分も同類ということだ・・・
コメント

恋の季節

2012-12-13 19:39:58 | 生きるヒント
最近、身の回りの老朽化が著しい。
自分の体はもとより、家族や設備なども。

歳をとって、自分という人間の質とか、
自分と他人との相性とかが
よくわかるようになったと思ったら、
もう恋をする元気がない、
というのは残念なことだ。

やはり、恋は40代が華ということか・・・

コメント