日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

天職

2012-03-31 22:36:50 | 生きるヒント
読んで、まとめて、
読んで、まとめて、
読んで、まとめて、・・・

他人が書いたものを理解して
そこからエッセンスを抽出して再構成する、
というのがどうやら天職のようだ。

面白くはなくても、
やればそれだけ進むし、
気分がいい。

今頃わかっても遅いが・・・
コメント

明日死んでもいいように今日を生きる

2012-03-31 22:30:24 | 生きるヒント
明日から新年度。

自分のことも、
家庭のことも、
職場のことも、
日本のことも、
何もかもが、先のことを考えると、
希望が少なく、不安になるばかりだ。

やれやれ・・・

もう仕方がないので、
明日死んでもいいように今日を生きる、
ということに専念しようと思う。

コメント

福島原発事故と物理学者の社会的責任

2012-03-31 22:08:40 | 福島第1原発事故
2012年 3月26日・日本物理学会第66回年次大会で行われた
「物理と社会」領域「物理学者の社会的責任」シンポジウム
発表者スライド(PDF)が公開されている

どれも読みごたえがあるが、やはり、
情報発信に関する奥村先生のものが
一番共感できた。

コメント

世界を包む Ribbon in our herat

2012-03-31 20:43:12 | 音楽
地球イチバンのエンディングソング。
KOKIA だったのだ・・・

今年の紅白は期待できるかな?
コメント

藤原正彦「父の旅 私の旅」

2012-03-31 19:31:57 | 
ポルトガル紀行、ということで
図書館で借りて読んでみた。

けちくさい男の
けちくさい文章だった。

残念。

でも、リスボン、サグレス、ポルト周辺
くらいは行ってみたいなぁ・・・
コメント

Google と Amazon と Facebook

2012-03-31 19:24:49 | PCやIT
IT技術によって生活を大きく変えた企業は、
Google と Amazon だと思う。

Apple というのもあるが、iPhone も使っていないし、
個人的には、この2社ほどのインパクトはまだ無い。

Google: 世界中の情報を整理して利用可能にする
Amazon: 世界中の物を整理して購入可能にする
(オークションまで含めると Yahoo! や eBay もあるが・・・)

最近になって、これらに
Facebook: 世界中の人を整理して遭遇可能にする
が加わっている(使っていないが)。

これらに比べると
Twitter: 世界中のつぶやきを整理して閲覧可能にする
は、粒度が小さい。
Blog などと同じスケールであり、
基本的には(本来は) Google の縄張りの下だと思う。

こうして、情報、物、人、が整理されてしまった今、
残っているのは何だろう?
エネルギー??

たとえば電力供給について、
発電会社、送電会社、電力輸送会社(電池に溜めて輸送する)の上に、
需要と供給とロジスティックスをつなぐ
電力管理販売会社(amazonにあたるもの)がある
という構造はありだろうか?
コメント

春の嵐

2012-03-31 19:19:32 | 雑感
台風なみの風だった。
毎年こんな感じになるのだろうか?

明日はまた寒くなるとか。

やれやれ・・・
コメント

年金のゆくえ

2012-03-31 10:25:39 | 政治・経済・行政情報
今日の「深読み」は、
AIJ問題から出発して、
年金一般の抱える問題について。

清算もできず、
脱退もできず、
議論を聞いていると
本当に、八方ふさがりだ。

根本的な解決策は、飯田さんの言うように、
100年債で一旦リセットしかなさそうだが・・・

消費税引き上げより、
こちらをやってほしい。

 * * *

それにしても、なぜ「公的」年金が
必要なのだろうか?

私的な年金と、社会保障だけでは
駄目なのだろうか?

アメリカはそうやっていた?わけで、
それだと、何も備えない人がさらに増える、
ということなのだろう。

目先の快楽ほうが何十年後よりも切実だし、
現状のように不確実性が高くては、
備えていても無駄の可能性も高い。

人間は本当に愚かな動物だなぁ・・・

朝からあまりに暗い話で、まいった。
笑うしかないのが怖い。
コメント

恐竜型組織と哺乳類型組織

2012-03-31 10:24:50 | 政治・経済・行政情報
大企業はよく恐竜に喩えられる。
中小企業やベンチャー企業は哺乳類だ。

小回りを生かす。
子造り、世代交代を速くする。

私企業はいいとして、
哺乳類のような「国家」の姿とは
どのようなものだろう?
コメント

生きている覚悟

2012-03-31 10:22:18 | 生きるヒント
いつまで、どんなふうに生きるか。
それが覚悟というものだ。

明日死んでもよい、というのが
一番だと思う。

その境地はなかなか難しいが、
ただ長生きすればいい、というのは
何かが違うと思う。
コメント

亡霊は甦るか?

2012-03-31 10:21:23 | 政治・経済・行政情報
野田政権、特に前原さんが
消費税議論を急いでいるのは、
小沢さんの裁判とも関係あるのだろう。

無罪確定となれば、
党内がさらに紛糾するのは
火を見るより明らかだ。
コメント

宗教の意義

2012-03-31 10:19:28 | 生きるヒント
仏の慈悲はあくまでも広い。

善人なおもて往生をとぐ、
いわんや悪人をや。

いわんや異教人をや、だ。

人の心をなごませる、
安らかにするための宗教なのに、
争いの種になっては全く意味がない。
コメント

コントロール・ケア・サポート・ハラスメント

2012-03-31 10:18:39 | 生きるヒント
相手のことを思ってやっているつもりでも
全然そう受け止めてもらえない。

相手を自分が思うようにコントロールしよう
という意図があると、相手にはそれが見える。

たとえするほうが自覚していなくても、
自分をコントロールしようとしている、
という相手の意図が「見えて」しまう。

愛されたい、感謝されたい、報われたい、
などと思うのは、相手をコントロールしようとすることだ。

そう思った瞬間に、すべてが駄目になる。

北風と同じ。
なにかすればするほど、
「あなたの言うとおりにはならない」、
という反発が強まるだけ。

相手の反応は、こちらの本当の気持ちではなくて、
相手が何を見ているかによって決まる。

相手がそういう意図に敏感すぎることもある。
ずっと北風の下で育ってしまった場合。
ちょっとした風でも、すぐにオーバーの襟を立ててしまう。

でも、コントロールしようとする側が、
自分のコントロールしようという邪悪な意図に
目をつぶっている、気づいていないことも多い。

ハラスメントにおける
するほうとされるほうのずれは、
これで説明できると思う。

それは、単に「価値観の違い」
ではないのだろう。

コントロール→ハラスメントだとして、
サポートすることとケアすることは
どう違うのだろう?
コメント

自分でないものにはなれない

2012-03-31 10:17:36 | 生きるヒント
今の自分を肯定する、ということと、
成長する(今の自分から変化する)こと、が
矛盾しているように感じていたのだが、
そういうわけではないのだろう。

何になるにしても、
そのベースとなるのは今の自分だ。
それ以外には無い。

どこかに「隠れた自分」が
いるわけではない。

だから、今の自分を肯定できなければ、
そこから先の変化もありえない。

逆に、今の自分を肯定できれば、
そこから自然に、変化する力が生まれてくる。
「生きる」物は本来そういうふうにできている。

今の自分を肯定できずに、
ただ、変わらなくては、と思っても、
無理が生じるか、から回りするだけだ。

まず、今の自分に向き合う。
今の自分を認めてもらう。
あるがままの相手を認める、受け入れる、
それがすべての出発点だ。

自分でないものにはなれないのだから。
コメント

だますつもりはなかった

2012-03-31 08:47:15 | 今日のひとこと
AIJの浅川和彦社長

「だますつもりはなかった」って、
嘘の報告書作成を指示して、
それで営業していたのに???
コメント