日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

iPad のインプレッション(3)

2010-05-31 21:47:39 | PCやIT
これまでにダウンロードしたアプリは、
iBooks, CloudReaders, GoodReader, i文庫HD。

この中では i文庫HD が一番利用頻度が高い。

iBooks とそっくりなページめくりインタフェースは秀逸。

そしてなにより、デフォルトでかなりの数(=230冊)の本が
バンドルされているのが素晴らしい。

内臓コンテンツの一覧はこちら

日本文学の古典がかなり入っている。
だいたいは読んでいるが、
何度も読み返す価値があるものも多いので、
毎晩、寝る前にパラパラと読んでいる。

寝転がって、手で持って読むのは
少し重いが、なんとか可能。

縦持ちにすれば、文字が大きくて美しくて
実に読みやすく、高齢者に優しい。

屋外でも使ってみたが、
ガラス面の反射が少し気になるが、
直射日光下でなければ読めると思う。

駅のベンチや電車の椅子など、
いずれも問題なかった。

繰り返しになるが、
これで700円は、実に実に安い。
コメント

iPad 向けのコンテンツサービス

2010-05-31 19:20:14 | PCやIT
Apple の eBook (ダウンロード)
  日本語コンテンツはまだ稀少
  例:京極さんの「死ねばいいのに」(講談社) 700円

Kindle for iPad (ダウンロード)
  大量の洋書が米国 amazon から買えるようになるらしい

Viewn ソフトバンクのコンテンツ配信 30日間 450円
  雑誌、テレビニュースなど 30種類以上読み放題(ストリーミング?)

iPad 用写真誌 photoJ(毎日) 1号 350円(ダウンロード?)

産経新聞 for iPad  月額 毎朝配信 月額 1500円(ダウンロード?)

楽天 チラよみ 36雑誌の一部を無料配信

東京都書店商業組合 Booker's ポイント制(ダウンロード?)
 AppStore 経由??

この中では viewn がなかなか魅力的だと思う。

産経新聞の 1,500円というのは、
値づけを間違っているように思う。
だって、配達料も紙代も無いのだし。
コメント

iPad Tips(1)写真転送

2010-05-30 20:17:38 | PCやIT
iPhone を持っている人には常識なのだろうが、
iPad を使っていて気づいたことをメモ。

iPad には写真が1枚も入っていない。

写真を見るアプリを起動すると、
無愛想に「写真がありません」と出るだけ。

サンプルくらい入れてくれればいいのに、
とも思うのだが。

そこで、写真を少し転送することにした。

iPad ユーザーマニュアルを見ると、
iTunes を使って転送するらしい。

1) PC と iPad を接続する
 iTunes が自動的に立ち上がり、
 同期が始まる。

2) iTunes に表示された iPad アイコンを
 クリックして、開いたパネルの中の
 写真タブを選ぶ。

3) 同期するフォルダを選ぶ。
 デフォルトはマイピクチャになっている。

4) 全部のフォルダ/フォルダを選択で、
 フォルダを選択、を選ぶ。

5) プルダウンの中で
 転送したい写真のフォルダを選ぶ。

6) 同期ボタンを押す。

7) 同期が始まる

しかし・・・
いっこうに同期が終わらない。
というか、同期中のメッセージは出ても、
始まっている気配がない。

なぜ???

同期を途中でキャンセルして
何度か試したが同じことの繰り返し。

もしかして、マイピクチャにあるフォルダや
写真の数が多すぎるのがいけないのかも、
と思って、大元のフォルダ自体を
マイピクチャから転送したいフォルダに変更してみたら、
やっと同期が始まった。

写真を1枚ずつ iPad 用に最適化して
転送しているので、かなり時間がかかる。

いろいろ悩んでいた時間も含めて
なんとか30枚くらい転送するのに、
1時間かかってしまった。

やれやれ・・・

転送した後で、1枚だけ消したくなったのだが、
どうすればよいかがわからない。

PC のほうで消して、
もう一度同期させたら、
また最初から送りなおしている。

どうも同期による管理は好きではない。

追記:
後で確認したら、やはり、
マイピクチャの下に、iPod photo chache という
フォルダができていて、その中に全体の
データベースを作ろうとしていたようだ。

やれやれ・・・
コメント

長谷川りん二郎

2010-05-30 09:17:04 | アート
日曜美術館より。

目前の美を発見し、感動し、
そして描ききる。

驚いた。

「時計のある門」
「荻窪風景」

緻密に描きこまれた風景画。
素朴なようで、恐ろしく深い。
ものすごい時間がかけられている。

絵の雰囲気はルソーに似ているのだが、むしろ、
フェルメールの「デルフトの眺望」を連想した。

「現実の世界にこそ、
この世のものとは思えない美が潜んでいる。
それを見出すのが、画家なのだ。」

すべてを平等に扱い、
感情、叙情、物語、といったものを
すべて排する。

特定の視点を消して、
ひたすら受動的に視る。

「私はこう見た」という
声高な主張が溢れている中、
そうしてすべてを排して、自分をも消して、
受動性を突き詰めたところに、
他には無いものが生まれる。

なんという逆説。
これは禅?

「現実は精巧に造られた夢である。」

これは、セザンヌ?

茂木健一郎なら、
「脳が何かを見るっていうことは
 まさにそういうことなんです」
と言うだろう。

6月13日まで、平塚市美術館で展覧会を開催中。

平塚は遠いが、
時間を作って是非行きたい。
コメント

iPad 生産受託工場で連続自殺

2010-05-29 21:28:28 | PCやIT
ちょっと気になるニュース。

iPad の生産を受託している
中国深センの工場で、
自殺者が相次いでいるとか。

なんだか複雑な気持ち。
コメント

本当に辞任しないの???

2010-05-29 19:06:59 | 政治・経済・行政情報
ここまで完璧に期待を裏切っておいて、
辞任しないというのはすごい感覚だ。

罷免しておいて、協力して欲しい、
というのもすごい感覚だ。

普通なら「ありえない」と思うのだが、
今後はこれがこの国の「普通」に
なってしまうのだろうか?

社民党の連立離脱を防ぐためにも、
鳩山辞任は絶対の一手だと思うのだが、
後任が問題か・・・

ここまで壊れていると、
もう何を言っても虚しいという感じ。

それにしても、成算も無いのに
「地元のご理解を求めてゆく」
と言うのがまたおかしい。

今後、アメリカとの約束を守るということで、
基地移設を実行に移すことになるわけだが、
その段階で、沖縄が第二の三里塚になる
可能性は極めて高いと思う。

本当に辞任しないのだろうか?

どうせすることになるのなら、
早いほうがいいと思うのだが・・・
コメント

王位戦挑戦者決定リーグ

2010-05-29 18:46:17 | 将棋・ゲーム
将棋の王位戦挑戦者決定リーグは、
なかなか楽しいことになっている。

最終局の一斉対局が終わったところで、
紅組は、広瀬五段が渡辺竜王を相穴熊で破って優勝。

白組は、これまた進境著しい戸辺六段と
羽生名人が共にしっかり勝ってプレーオフへ。

プレーオフ勝者と広瀬五段とで、
挑戦者決定戦が行われる。

羽生名人はリーグで戸辺六段に負けているので、
当然リベンジをめざしてくるだろう。
戸辺六段も二度続けて勝てれば、
ものすごく大きな自信になるから、
これは本当にガチンコ勝負で楽しみ。

羽生ファンとしては、もちろん
羽生名人に挑戦して欲しいのだが、
若手の広瀬さんや戸辺さんが深浦さんに挑戦するのも
見てみたいような気もする・・・
コメント

iPad のインプレッション(2)

2010-05-29 18:03:40 | PCやIT
それにしても、これまで
タブレット端末はたくさん作られたのに、
iPad は何が違ったのだろう?

と考えてみた。

まあ、誰でも思いつくようなことしか
思いつかないのだが、

1)OSが軽くてサクサク動く。起動も瞬時。
 Windowsなどがベースだと立ち上がりに時間がかかる。
 SSD でスリープモードを使えばそれほどでもないかもしれないが、
 それにしても安いCPUでは動作が重い。

2)ユーザ本位のインタフェース!
 マルチタッチはやはり素晴らしい発明だ。
 Mac以来何十年も支配していた
 マウス+メニューがついに超えられた、という感じがする。
 それをやったのが、またしても Apple だった、
 というのも、すごいことだ。

 細かいフィーリングの作りこみも素晴らしい。
 たとえば、タッチパネルを指で操作していて、
 けっこう細かいリンクとかも正しくタップできるのは
 すごいと思う。

3)電池の持ちが良い
 電池の進歩だが、高速化もあわせて、
 CPUの進歩も貢献しているのだろう。
 3時間でアウトでは使えない。

4)アプリ、コンテンツ、サービスと一貫した生態系を提供
 魅力的なアプリやサービスが自然発生する仕組みを作った。
 それでいて Apple がちゃんと儲けられる。

まとめると、PC を小さくするのではなく、
電子手帳や電子辞書でもなく、
スマートフォンを大きくした、のがポイントか。

個人的には SHARP のザウルスなどにかなり
期待していた時期もあったのだが、
ここまでブレークできなかったのは、
いろいろな意味で少し時期が早かったのと、
4)が欠けていたため、なのだろう。

というわけで、何においても、
タイミングは重要だが、
最良の準備の下に、最良のタイミングで
最良のものを出してきた、という感じ。

しかし、1)から4)まで挙げてみると、
すべて iPhone と共通しているのに、
画面を大きくしただけでこんなに
印象や使い方が変るのが面白い。

iPad を必要とする、便利だと思う人は、
iPhone を必要とする人よりも
ずっと多いと思う。

そういう意味では、大げさに言えば、
iPhone は iPad を生み出すために存在した、
と言えるのかもしれない。

iPhone にはそれほど興奮しなかったのだが、
iPad は本当にエキサイティングだ。
コメント

iPad のインプレッション

2010-05-29 17:54:54 | PCやIT
今日もかなりの時間を iPad で遊んだ。

これは、間違いなく、人類史上最強の
コンテンツ試聴+ゲーム端末だ。

意識して使わないと、
時間が無限に吸い取られてゆくのが問題。

入力は弱いが、外付けキーボードをつければ、
家のPC も代替できてしまいそうだ。
どうせ、メール読み書き、ブログ読み書き、
ネットブラウズくらいしかしかしていないのだ。

ところで、YouTube に行ったら、
おすすめにTV版のエヴァンゲリオンが出てきて、
第6話まで完全に見られるようになっていた。
商売が上手い。

横置きにしてケースをスタンドにして見ていると、
画質的にはテレビと全く遜色ない。
音はさすがにちょっと貧弱だが、
スピーカーをつないだりヘッドフォンにすれば
問題ないだろう。
コメント

iPad のインパクト(2)

2010-05-28 23:39:56 | PCやIT
「Bizスポ」で、
早速iPad を特集している。

電子化で流通コストが下がり、
コンテンツ制作は一気に
レッドオーシャンになりそうだ。

トップ作家にとってはプラス、
普通の既存作家にとってはマイナス、
これまで販路がなかった人にとっては
厳しいながらもプラス、
という感じだろうか。

それにしても、端末1つで
こんなに一気に雰囲気が変る
というのはすごい・・・
コメント

辻井伸行「心の目で弾く」

2010-05-28 23:13:34 | 音楽
あえて「展覧会の絵」に挑戦する
辻井伸行さん。

音楽からどんな絵をイメージ
しているのだろう。

必死に曲を掴もうとする姿を見ていて、
できることなら、ピアニストになりたかったなぁ、

と思った。
コメント

iPad 到着!

2010-05-28 22:20:41 | PCやIT
iPad が無事に到着。

開封の儀も無事に済んで、
まずは一緒に買ったカバーに入れる。
ラバー製でなかなかいい感じ。

USB で PC と接続して iTunes との同期。

AppStore で iBooks をダウンロード。

おぉ、「くまのプーさん」が読める!^^;
英語だけど。

次に、無料のCloudReaders をダウンロード。
中島聡さんありがとう。

「赤毛連盟」が読める!
なんてタイムリー!

PC の中のPDFを Wi-Fi 経由で転送。

CloudReaders で読む。

素晴らしい!

あれ?
数式の文字が一部出ない・・・

フォントが足りないようだ。
これは致命的では?

ちょっと焦って別のファイルを転送。
今度はちゃんと読めた。

たまたま、最初のファイルを作った人が、
PDFのあまり正しくない作り方をしたようだ。

どのくらの割合でちゃんと読めるのかは、
たくさん転送してみないとわからない。
明日以降の検討課題。

Safari で Web を見る。
とてもきれいだ。

YouTube を見る。
これまた素晴らしい!

Google Map を使ってみる。
うーん、美しい。

でも、地図はネットにつながっていないと使えない。
やはり Pocket Wi-Fi が必要かなぁ。

GoodReader をダウンロード。
ここで間違えて iPhone 用を
ダウンロードしてしまった(泣)

これ、間違える人多いのでは?
まあ110円だからいいけど。

気を取り直して、
GoodReader for iPad をダウンロード。

さっき、一部欠けていたPDFファイルを転送。
CloudReaders で文字が消えていたところは、
こちらでもやはり消えている。
システムのフォントの問題ということか。

i文庫HD をダウンロード。

青空文庫が読める!
おぉ、こちらにも「赤毛連盟」が。

さすがに有料だけあってこれは美しい!
ページをめくると裏から文字が透けてみえる!
普通の紙の文庫を読むより読みやすいと思う。
これで 700円はすごく安い!!!

しかし、それぞれのリーダに
登録した文書が相互にやりとりできないのは、
ちょっとあれなのだが・・・

どれかで転送したら、
そのフォーマットに対応している
すべてのアプリで読めるように
なっていて欲しい。

どうにかすればどうにかなるのかなぁ?
これも明日以降の検討課題。

ソフトキーボードはそれほど悪くはない。
たまに同じキーを二度タップしてしまうことがあるが
許容範囲だろう。

ガラス面はすぐに指紋だらけになるが、
使っているときは見えないので、
気にしないことにした。

とりあえず、電子書籍、PDFリーダー、
Webブラウザ、地図帳、ポータブルナビ(3G)、
としてはかなり使えそう。

とはいえ、贅沢を言わせてもらえば、
望みたいこともいくつかある。

まずはインタフェース。

iBooksをダウンロードして、
あれ、アイコンが無い?

と思ったら自動的に新しい画面ができていて、
そちらの画面にあった。

それを最初の画面に動かす
やり方がわからない。

誰でもすぐ使える直感的なインタフェース
というが、そうでもないかも。

文字の大きさは、縦でA4のPDFを表示すると、
なんとか読める範囲。
本当はA4サイズの画面が欲しいところだ。

重さも、もう少し軽いと良い。

しかし、こんなものが普通になると、
情報を「見ている」だけで一生すぐに
終わってしまいそうだなぁ・・・

今日のところは、
こんなところで。
コメント

石川強い!

2010-05-27 20:55:38 | 運動
世界卓球を見ている。

今大会は福原さんの調子が良い。
ものすごいライジング打ち。
バックハンドが超強力。

もちろん平野さんも相変わらず強い。
大逆転の台湾戦を見逃したのは痛恨。

しかし、一番成長著しいのは
石川佳純選手だ。

天才的な柔軟な卓球。
いつも堂々と落ち着いているのが
素晴らしい。

予選全勝1位通過おめでとう!
コメント

Google TV がテレビを iPad 化する?

2010-05-27 20:28:31 | PCやIT
Google TV の具体的な姿が少し見えてきた

要するに、ネット上のどんなコンテンツも
テレビ画面+オーディオで視聴できるようにしよう、
ということらしい。

コンセプト自体はずっと前からあるが、
Google がやると成功しそうに思えるのがなんとも。

コンテンツビューワーという意味では、
iPad とよく似ている。

実際、iPad と AirVideo を組み合わせ+Google検索、
という感じに近いのか?
コメント

Apple がIT関連企業の株式時価総額トップ

2010-05-27 20:24:29 | PCやIT
Apple 2221億2000万ドル
MS 2191億8000万ドル
Google 1514億3000万ドル

Google よりも Apple というのがちょっと不思議な感じ。
売り上げとかではどうなのだろう?

それにしても、約20兆円・・・
日本の企業は、トヨタが11兆でトップ。
IT関連では、NTTが6兆円。

後で、Apple もあのときがピークだったね、
と言われるのか、それとも、
電子書籍などのビジネスでまだまだ成長するのか、
どちらだろう。
コメント