日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

スカイツリーに行ってきた

2012-06-09 09:56:25 | 旅行
昨日は朝からスカイツリーへ行ってきたので、
簡単にレポート。

予約できたのが朝8時の回(初回)だったので、
東京スカイツリー駅に7時半過ぎに到着。
天気は太陽が出て、少し暑いくらい。

駅前には案内の人がいない。
掲示も小さな矢印だけで、わかりにくかった。
小さなエスカレーターを上がって、
スカイツリータウンの横を通って、
ツリーの正面玄関のほうへ回り込む。

既に正面玄関にはかなりの列ができていた。
ツリーの正面は、押上のほうを向いているのだ。
間違った出口から出てしまったのかも。

8時少し前に建物の中に入って、
さらに少し並び、チケットを受け取ったのは
8時10分くらいだったように思う。
あまり待ったという感じはしなかった。

しかし、待つためのスペースはちょっと殺風景。
いちおうディスプレイはあって、
工事の様子なども映すのだが、たいした映像ではない。
もうちょっと期待を膨らませられるような情報とか、
ツリー内部の情報とかをしっかり見せればいいのに。
ディズニーランドを見習うほうがよい。

それから、アテンダントの服ははっきりいってダサい。
チケットカウンターの人のは普通。

予約に使ったクレジットカードを渡すと
すぐにチケットとパンフレットを渡してくれた。
そのまま進むと、ウェイティングゾーンに入り、
そこで、4台あるエレベータに振り分けられる。

乗ったのは「夏」。江戸切子で飾られて、
花火のように明滅するのがとても綺麗。


展望デッキに到着したら、すぐに
展望回廊へのチケット売り場に並ぶ。
ここも朝イチということで列は短くて、
すぐにチケットを買うことができた。

エレベータに乗って、展望回廊へ上がる。
展望回廊はゆっくりとしたスロープで、
思ったよりは怖くなくてちょっと残念。

人がたくさんで外が見られないような状況も
想定していたのだが、そんなことは全く無く、
ゆっくりと全方向の展望を楽しむことができた。

さすがに霞が強くて、富士山などは見えなかったが、
新宿や東京湾までは見ることができて、東京一望。
Googleマップの実物を見ているような感じ。
ビルの多い地域と、下町の小さな家ばかりの地域の
違いがよくわかったりする。


これも意外だったのだが、
一方向に歩かされるというようなこともなく、
自由に見ることができたので、行ったり戻ったりして、
記念写真を撮ってもらったりしながら、
1時間くらい展望回廊に滞在。
最高点のソラカラポイントも到達。
回廊はガラス張りなので日が当たるところはけっこう暑い。

展望回廊にはお店などは何もない。
トイレもすごく狭いのが1つだけ。
女子トイレの前は行列だった。

エレベータで展望デッキに降りる。
展望デッキは3層構造で、最初に一番上の階に着くのだが、
降りてくるのは二番目の階で、そこにショップがある。
エレベータの正面。しかし、ショップに入るのに
並ばなければいけない。ショップが狭すぎる。

今の混みかたでこんな感じでは。
夏休みなどは大変なことになりそうだ。

もう一度、展望デッキの上の階に上がる。
エスカレーターがなくて階段なのがなんか悲しい。
逆行方向なのであまり上がって欲しくはないのだろうが、
見物ルートとしては、最初に展望回廊に上がる人も
多いと思うのだが・・・

展望回廊からの眺めを見てしまうと、
展望デッキからの眺めは普通に見えてしまうが、
逆に、地上がよく見えるという面はある。
展望回廊へのチケット売り場は20分~30分待ちだった。
ゆっくり一回りすると途中に小さなカフェがあった。
ここは空いていた。値段もそんなにぼったくりな感じはしない。

下の階に戻る。ここは半分がレストランなのだが、
まだ営業していないようだった。

さらに降りると、カフェがあった。
ここもスペースが狭いので、
列は短かったが30分待ちと出ていた。
窓際の席だけではないので、パス。

この階には床がガラスになっているところがあって、
上を歩く人でにぎわっていた。
隣り合って2か所あり、そのうちの1か所は、
有料の記念撮影に使われていた。

有料の記念撮影は、展望回廊の端で1か所、
展望デッキの上階(スカイツリーの模型のついた椅子に座って撮る)
と下階(ガラス床の上で撮る)の合計3か所。

サンプルを見た感じでは、
展望回廊まで上がった証拠という意味では展望回廊
おもしろい写真という意味ではガラス床
無難な記念写真という意味ではスカイツリーの椅子
という感じだろうか。

エレベーターで地上に降りる。
空いていたので、降りるエレベータを選べた。
「春」を選んだら、桜の浮彫で飾られていたが、
特に仕掛けはないので、「夏」のほうがきれいだったと思う。

地上のショップも、レジに並んで待たされる。
こういうところも含めて、全体的に、設計があまりよくないような。
お客の流れのシミュレーションとかやっているのだろうか?

スカイツリータウンを冷かしてから、
押上側から建物の外に出て、
隣接する川沿いに少し散歩。
川にかかった橋から、スカイツリーがきれいに見えるが、
日差しが強くてちょっと暑い。

川沿いはきれいに整備されつつあったが、
おしゃれなお店などはまだそれほどない。
ツリーを見ながらビールやワインが飲めるといいのにね。

最後におみやげを買うために、二木の菓子へ。
ここでスカイツリー関連の多くのお菓子は売っているし、
レジで待つこともないし、少し安かったりする。
ショップ限定ものを買わないのならすごくおすすめ。

8時に入って、すべて終わったのは12時過ぎ。
半日たっぷりと楽しませていただきました。

全体的に面白かったが、エンターテインメントとしての
仕上がりはいまひとつという印象。
工夫すればもっと面白くできそうだが、
その辺にはあまり力を入れてない感じ。

スカイツリータウンは、いろいろなお店が出ていたが、
ショッピング目的で来るひとって
どれくらいいるのだろうか???と思ったが、
東京以外から来る人も多いからいいのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« タニマチの心得 | トップ | 返り血を浴びること »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事