眠りの森の魂とキネシ

魂が眠るこの地球からの脱出方法、輪廻転生からの離脱という意味で悟りを目指します
筋肉反射テストを学べ 身体の声を聴け。

ポール ソロモン

2021-04-17 21:00:06 | スピリチュアル
「ポール・ソロモン(Paul Solomon, 1936年7月7日 - 1994年3月4日)は、
 精神世界 思想家、教育者、宗教家、福祉活動家、予言者、チャネラー。
 エマヌエル・スヴェーデンボリ、アンドリュー・ジャクソン・デイヴィス、
 エドガー・ケイシーなどの神秘思想に同意しており、
 "The Source"と呼ぶ存在にチャネリングし、アトランティス以前の世界、
 健康、宗教、性欲、地球の未来などについて語った。」


1991年EXテレビに出演して
救世主は日本から現れるとかいう
予言を語ったこと それだけが有名な
ポール・ソロモンさん

その当時 オカルト熱が冷めて
普通に 大学生で遊んでいたおっさんは
この人の本を読んだことがない
なんか面白いこと 言ってんのにね

番組内でポールさん
日本から世界的な指導者が現れて
「愛の法則」と「すべてはひとつ」という教えを説き
宗教間の争い鎮めると予言

「日本から現れることになっている
 世界的リーダーとは誰か?」
という質問に対して
大川隆法ではない!と断言し

その人物は1991年まだ若い男性
日本の北部におり 準備ができていない
彼には「青木先生」という武術を教える師がいる
と答えた

このせいで
救世主が東北から出現する とか言われているが
これが 我らがイエスのことなら
東北には 絶対に居ない

なぜなら あの人は臆病だから
放射能汚染地帯になる予定の
東北に居るはずがない
北陸 または北海道だろう

葛飾柴又か北埼玉の春日部の可能性もあるぞ。

THE BLUE HEARTS / チェルノブイリ

放射能汚染といえばこの曲
汚染地帯となった日本のラジオからは二度と流れない曲
汚染は継続中なのにニュースにはならんな。
コメント

寅次郎 真実一路

2021-04-16 21:00:13 | 魔笛
「真実、諦め、ただひとり、
 真実一路の旅をゆく。
 真実一路の旅なれど、
 真実、鈴ふり、思い出す。」
北原白秋 巡礼


第34作 (昭和59年12月 公開)
男はつらいよ 寅次郎真実一路
このシリーズ最高に面白い
週に一本ずつ見ているがまだまだある

最初の寸劇も
ガッツリ意味がある内容になってる
寅さんが胸から下げているお守りは「魔笛」
アダムの心・チェスト

タコ社長が 海の神ポセイドン
寺男の源ちゃんが 冥界の王ハデス
寅次郎が ゼウスである
今はイエス・キリストの名前のほうが有名か

真実 鈴ふり 思い出す。

寅次郎の夢 怪獣ギララを始末する男
コメント

第四エズラ記

2021-04-15 21:00:13 | スピリチュアル
『第四エズラ記』は、
 ユダヤ・キリスト教において外典として扱われる書物、
 第二エスドラス書、
 またはエズラ書( ラテン語 )とも呼ばれる。


旧約聖書にも登場するユダヤ教の祭司エズラが、
「なぜ神はイスラエルを助けようとしてくださらないのか」
「罪を犯さない人などいない。
 なぜ神は人間やこの世界をそのようにお造りになったのか」
「なぜ一部の義人しか救われないのか。
 ごく一部の義人にしか希望がない( 天国へ入れない )というのなら、
 最初から私は生まれなければ良かった」などの、

根源的な問いをゴリ押しで
天使ウリエルに問いかけて議論を求め、
それに対して天使や神が答え、
また七つの幻をエズラに見せるという
「漫談」のようなお話。

「いと高き方は、この世を多くの人のために造られた。
 しかしきたるべき世は、わずかな人のために造られている。
 エズラよ、たとえを話そう。
 あなたが大地に尋ねると、大地は答えるだろう。
 『器を造る粘土は多くできるが、
  金を生み出す土はわずかしかできない』と。
 この世の有様もそうである、確かに造られた者は多いが、
 救われる者は少ない。」
(TAKAの真オカルト学院の動画から書き起こし)

まあまあこの話 面白い。

BUMP OF CHICKEN「Flare」

「全部」を塗りつぶす朝が来る。
コメント

「ごっこ」

2021-04-14 21:00:13 | スピリチュアル
2016年 奈良の国道で
リカンベントなんて特殊な自転車で
サイクリング中 心筋梗塞でお亡くなりになった
漫画家「小路啓之」氏


当時のニュースを 覚えてる
一度は乗ってみたい 特殊な自転車と
その辺 オレも走ったことあるぞって共感
奈良は おもろい道が多いのだ

彼の漫画の実写化
千原ジュニア主演「ごっこ」
これは イエスの古代の物語だね
殺戮の天使だったころ

ボクこと城宮がイエスで
ヨヨ子はヨハ子=ヨハネ(さくら)
自殺願望の父親がアダム
最後のヨヨ子の名前は「戸神紅葉」

戸神って天国の門の神ってこと
「出会わなければ殺戮の天使でいられた」
あの歌詞の意味がわかる物語
さくらとイエス・キリストの出会いの話

エヴァのシンジも
グレイプニルでも描かれる
女の子の首を絞めるお話
これ有名なんだな~

とことん 我らが主は謎な存在
もともと ハンターハンターのクロロだったのに
今では ケロロ軍曹
優秀なのか?ダメダメな存在なのか?不明

女の子が好きで 怠け者なのは不変

人が人を殺す理由とは?【ごっこ】
【千原ジュニア主演】【感想・考察】【漫画実写化】

クレヨンで世界に色を塗った神様 GOKKOはGOD。
コメント

『鬼の少年』

2021-04-13 21:00:13 | スピリチュアル
「それは、人を食らう鬼の少年だった。」
書き記された 物語の中でしか知らない
とてつもなく昔の神話
鬼の王が やさしくなかった頃の話


あんまり昔過ぎて
今のイエスからは想像できない物語
優しすぎる 我らが「主」の
優しくなかった頃の 物語

彼は自分のことを
聖なる存在とは思ってない
清濁併せ持つ 存在
元々は「悪」だった神

この世界に投げ込まれて
悪に完全に染まった後
大切な存在を守りたくて 悟りを開いた
宇宙に認められた「神聖」な存在

鬼の王 スサノオノミコト
角のある モーシェ
世界の罪を 全部背負った イエス・キリスト
いつか 弥勒と呼ばれる存在

いたずら好きで 怠け者で 女性が大好きな孫悟空

「まさかね」 MusicVideo / clammbon

一度死んだ彼を アダムが復活させて物語は続く。
コメント