眠りの森の魂とキネシ

魂が眠るこの地球からの脱出方法、輪廻転生からの離脱という意味で悟りを目指します
筋肉反射テストを学べ 身体の声を聴け。

Maison Ikkoku

2021-02-25 21:00:13 | スピリチュアル
「『めぞん一刻』(めぞんいっこく、
 ラテン文字表記: Maison Ikkoku)は、
 高橋留美子によるラブコメディ漫画。」
なんだよラテン語表記って・・・


高橋留美子の作品は
全てイエスとゴルゴン三姉妹のお話
「うる星やつら」と「犬夜叉」は次女の
今やってる「半妖の夜叉姫」は三女の

そして「めぞん一刻」は長女の物語
長女 ヘラさんは もともとアダムの妻
アダム亡き後 イエス(ゼウス)の妻になった
いつも煮え切らない「主」はあんなんだったんだな

時計坂の上のイエスとヘラさん
めぞん一刻を見てわかるのは
犬の総一郎さんが
もとはアダムのしもべだったこと

Maison
意味は「天国のとてつもなく大きな家」
海外の類似品とは関係がない
フリーなんて無粋な言葉は付かない

我らは
イエス・キリストを長とする大きな家族
肝心の家長は失踪中
この世界は はじめからCinema。

Maison Ikkoku - めぞん一刻 - Cinema (2º Ending)
コメント   この記事についてブログを書く
«  悲しみよこんにちはキネシ | トップ | 一直線キネシ »

コメントを投稿

スピリチュアル」カテゴリの最新記事