眠りの森の魂とキネシ

魂が眠るこの地球からの脱出方法、輪廻転生からの離脱という意味で悟りを目指します
筋肉反射テストを学べ 身体の声を聴け。

第四エズラ記

2021-04-15 21:00:13 | スピリチュアル
『第四エズラ記』は、
 ユダヤ・キリスト教において外典として扱われる書物、
 第二エスドラス書、
 またはエズラ書( ラテン語 )とも呼ばれる。


旧約聖書にも登場するユダヤ教の祭司エズラが、
「なぜ神はイスラエルを助けようとしてくださらないのか」
「罪を犯さない人などいない。
 なぜ神は人間やこの世界をそのようにお造りになったのか」
「なぜ一部の義人しか救われないのか。
 ごく一部の義人にしか希望がない( 天国へ入れない )というのなら、
 最初から私は生まれなければ良かった」などの、

根源的な問いをゴリ押しで
天使ウリエルに問いかけて議論を求め、
それに対して天使や神が答え、
また七つの幻をエズラに見せるという
「漫談」のようなお話。

「いと高き方は、この世を多くの人のために造られた。
 しかしきたるべき世は、わずかな人のために造られている。
 エズラよ、たとえを話そう。
 あなたが大地に尋ねると、大地は答えるだろう。
 『器を造る粘土は多くできるが、
  金を生み出す土はわずかしかできない』と。
 この世の有様もそうである、確かに造られた者は多いが、
 救われる者は少ない。」
(TAKAの真オカルト学院の動画から書き起こし)

まあまあこの話 面白い。

BUMP OF CHICKEN「Flare」

「全部」を塗りつぶす朝が来る。
コメント