saderのエッセイ館

saderは自然の中を旅するのが好きです。
四季折々自然が持つ“蠱惑の魅力”を『エッセイ館(やかた)』へとどけます。

吉野山奥千本の紅葉

2022-11-26 11:51:20 | Weblog

今日(11月11日(金))は良い天気のようなので、吉野山奥千本の紅葉が綺麗だと聞いて出かけてみました。三脚も持たず、空身に近い軽装で電車を利用のうえ、青根ヶ峰の南山麓までタクシー利用と言う軟弱ぶりで、ここから愛染の宿、苔清水、西行庵と下って行く事にしました。
遠く奥高野の山々を望み、青根ヶ峰の西側を巻くように下って、愛染の宿にある東屋でティータイム。(と言えば聞こえは良いが( ^ω^)・・・)
ここから西へ山腹を絡む様に進み、新しく植えられた桜の幼木が植えられた坂道をくだると、芭蕉の句が残る “苔清水”に着きます。平坦になった道の先が奥千本の広場になっていて、休憩所と “西行庵”が“あります。紅葉が西行庵を包み込むように”三段染め”になって美しい。周囲は手入れされた吉野杉の林が眺められ、撮影スポットになっています。
     
しばらく、眺めを楽しみ、西行庵を後にして金峯山寺への急坂を手摺にしがみ付いて上がり、滑りやすい奥駈道分岐から境内の坂を奥千本口バス停へむかう。
鳥居から真っすぐ伸びる林道をあるき、紅葉が燃える様な高城山へと登りました。ここからの展望は西に金剛・葛城・二上山から生駒山系、東に高見山を木の間に望めます。更に、広場の北端からは百貝岳や青根ヶ峰を望むことができます。
    
展望に満足して、再び林道へもどって上千本へと向かいました。途中、水分神社に立ち寄り、花矢倉を経て、七曲りから中千本をくだって、蔵王堂へ行きました。

来年4月末に「フォトクラブ大峰」が創設35周年写真展を予定している吉野山ビジターセンターの聚法殿を覗いて、蔵王堂にお詣りして帰りました。(小さい写真はクリックで拡大します)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

高取山の紅葉

2022-11-23 10:45:23 | Weblog

高取山の紅葉は、まだ少し早いかも・・・と思いながら、11月19日(土)紅葉の様子を見に行きました。横着して、壺阪門口に一番近い八幡神社下まで車で行きましたが、まだ午前中の9時なのに片側駐車スペースは駐車する車でふさがっていました。ここから先、“七つ井戸”への林道は通行止めになっていました。
仕方なく林道を引き返してNTT中継アンテナ近くの駐車スペースに置いて、壺阪門登城口まで歩きました。壺阪門跡までの人工林の道は荒れていて、かなり歩きにくい道になっていました。
    
二の丸公園の東屋付近の紅葉は、まだ少し早い感じでしたが、“巽高取 雪かと見れば・・・”の石碑から三の丸跡、上の門跡付近は紅葉が始まっていました。
本丸跡広場は紅葉が見頃の木もあって“三段染め”が綺麗でした。吉野山、大峰山脈方面の山並みは霞んでいて、あまりハッキリしませんでした。基本測量点かある最高点など一巡して昼近くになると、人もドンドン増えてきて、上空に雲が多くなり出しました。
       

今年は、やはり“城祭り”の23日頃に訪れるのが最適期かも知れないナ、と思いつつ、二の丸公園までもどって、“七つ井戸”から林道への道を下り、帰りました。(小さな写真はクリックで拡大します)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩秋の又剱山

2022-11-07 16:38:06 | Weblog

大台ヶ原の紅葉も終焉を迎え、国道169号線の混雑も峠を越えたと思われる11月4日文化の日の翌日に狙いを定め、八十路を過ぎたジジイ3人、晩秋の又剱山へでかけました。
勿論、“介護人兼guide兼ドライバー”として確かな方に来て頂き、いまや“ボケ老人の手に余る”マニアルミッションのロングパジェロを運転してもらいました。
車は、ほぼ予定通り、上北山村を経てサンキリ峠から林道・橡谷西ノ谷線へ入る。サンキリ峠のトンネルを通り抜けたら、即、左折して稜線の道をゆく。紅葉の稜線ドライブ楽しみながら“山想遊行”のペナントがある又剱山南稜登山口へと向かいました。
途中、以前来た時、道標が朽ちて無くなっていた荒谷山登山口道標が、新しく設置されていました。これで、荒谷山の登山口が何処にあるのか分からない、と言う人も少なくなるでしょう。
      
荒谷山登山口から距離にして林道を600㍍程のところに又剱山の南稜登山口があります。登山口付近は紅葉が残り綺麗でした。
思いきりスローペースで最初の1220㍍無名峰へあがる。振り返れば荒谷山が霞んで見えた。ここで道は90度右折して、地形図で1136㍍と記された鞍部へむかいます。鞍部は穏やかな晩秋の散策路ですが、ここから又剱山西登山口が左から出合う鞍部まで、標高差300㍍の登りになります。
   
西登山口の出合からは標高差200㍍程で又剱山の頂です。ここからは、通い慣れた道を僅かに残る紅葉や大峰山脈を眺めながら山頂へむかい、大台ヶ原の全容を眺める事が出来ました。(小さい写真はクリックで拡大します)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藤原京跡のコスモスが満開

2022-10-24 12:47:42 | Weblog

今年もコスモスの咲く頃となりました。藤原京跡のコスモス畑が見頃となったという新聞報道が数日前にあって一週間後、10月22日(土)雲の多い空模様でしたが、コスモス満開になった頃ではないかと思い、人が多いだろう事は覚悟で出かけてみた。
今年のコスモス畑は東側、古代蓮の畑近くを重点的に植えられているので、例年と違って何となく新鮮な感じがします。例年、西側に植えられていたので、西側の駐車場から歩いて来る人が多いようでしたが、新しく、古代蓮の田圃、北側にも駐車場が出来たようでした。
10時過ぎに出かけたのですが、何時もは空いてるはずの藤原京南の外れにある駐車場までが、残り数台しか置けないほどの車の多さでした。
   
藤原京跡の“赤い柱”が並んでいる南側にコスモス畑がひろがっていますが、少し離れた飛び地のような処に “赤い色と黄色”のコスモス畑がありました。そこは、あまり人が多くない感じでした。

一旦、お昼に藤原京跡を離れ、夕方、もしかして夕焼けになるかも・・・、と期待して出かけました。
人も少なくなっただろうと思っていたら、まったく逆で、若い人たちが大勢増えていて駐車場は何処も満車!暫く帰る車を待つ羽目に~。
    
雲が多くて、夕焼けは期待できませんでしたが、雲間に少し光芒か出たので、これを撮影してすぐに帰りました。コスモス畑には、まだ、大勢の人が残っていました。(小さい写真はクリックで拡大します)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

笠山の”蕎麦の花”

2022-10-02 15:38:05 | Weblog

明日香の彼岸花が咲くころ“蕎麦の花”も咲く事を知ったのは、数年前、明日香にも蕎麦があったからである。稲渕の棚田で彼岸花が盛りを過ぎた9月26日(月)のお昼近くになって、思いつきで、桜井市の笠山荒神近くで“蕎麦の花”が咲いている頃だ・・・と、出かけてみました。
因みに、笠山荒神社は桜井市の北東部にある日本最古の荒神山と伝えられ、空海が御神山(三輪山?)の閼伽井(あかい)の瀧で修行を積んだ事により、荒神の守護を得て、遣唐使留学や高野山設立を成し遂げ得たと言う伝説もあるという。また、笠山荒神は、生きることの難事を救い、正しき者の座右を助けて「大難を小難に、小難を無難に」するとも言われている。
   
笠の蕎麦畑は東に貝ヶ平山や額井岳、南には高見山を望むことができる。蕎麦畑丘陵地の中央部を県道247号線が通っていて、その左右一帯に白い蕎麦の花が咲き広がって、絶好のビュースポットとなっている。
この日の気温は29℃、慣れないコンパクトカメラ(SONY・RX10M4)の扱いに大汗をかいて、貝ヶ平山、額井岳を背景に撮影していると、NHK奈良放送局の人に「お話し、聞かせてもらってもいいですか?」と、声をかけられた。久しぶりの事なので少し戸惑ったが、何とか応答できたが短いレポートだったからon airされるかどうか?
   
陽射しが西に傾いたころ、ようやく涼しい風が吹くようになった、やがて空の雲が茜色に染まりはじめました。セピア色に変わりだした蕎麦の花、その向こう、山の端には月が浮かび、美しい景観となったが、帰る時間が来た。

蕎麦の花言葉「なつかしい思い出」をもって家路につきました。(小さい写真はクリックで拡大します)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

葛城古道の彼岸花

2022-09-26 18:02:19 | Weblog

数日ハッキリしない天気が続いたが台風一過、秋分の日は青空と秋の風が爽やかな行楽日和となった。人が多いだろうとは思ったが、彼岸花が最盛期、今日を逃したら花は白っぽくなってしまう。今年も明日香は花が少ないように思われたので、3年ぶりに葛城古道を目指して出かけてみたが、様相が一変していました。
蛇穴(さらぎ)のT字路をすぎ一言主神社へむかったが、まだ、8時少し過ぎた時間だったのに道路まで車が溢れていました。九品寺まで歩くつもりだったが、急遽、行き先を九品寺に変更することにしました。駐車へは滑り込みセーフ!で駐車することが出来ました。

九品寺もスマートホン片手の人達が境内の右手にある“台地”に人が群がっていました。当然の事ながら花畑は“踏み散し”で何本もの踏跡が出来ていました。三脚、一眼レフを持ったアマチュアカメラマン数人が困惑気味に離れた位置からカメラを構え、人が少し減るのをまっている様子でした。
href="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1b/b0/0e579e5c6ede3ddc18acba0d91cb3157.jpg">
この“台地”の古道彼岸花はガイドブック『奈良県の山』(山と渓谷社刊)の概説欄の写真に掲載されるまでは、早朝など人影は稀で、葛城古道も南櫛羅から一言主神社まで、たまにハイカーを見かける程度でしたが、インスタグラムにUPされた途端、人が増え、以前の様にノンビリ撮影を楽しみながら古道散策とは、行かない様になったようです。

境内にある石仏と池を巡った頃には陽も高くなり、暑くなってきたので、九品寺を辞しました。(
小さい写真はクリックで拡大します)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初秋の曽爾高原

2022-09-15 15:47:39 | Weblog

奈良県は相変わらずコロナウイルス蔓延中のニュースが報じられている。リハビリのために歩きたい!が、“基礎疾患トリプル所持者”の熟年では、人の多い土・日を避けなければ、4回目の予防接種をしていても、重症化して人様に迷惑をかける恐れがある。
ススキの季節には、まだ早いから曽爾高原なら人も少ないだろうと、9月12日(月)の早朝でかけました。脚に自信が無いけど、朝焼けの鎧・兜、屏風岩尾根から住塚、国見を眺めるところへ立ち寄ってから中尾峠へゆく事にした。青少年旅行村の右側から遊歩道へ入り、誰もいない小高い丘のベンチまでゆく。幸い、まだ朝焼け雲が僅かに残る山々を眺めることができました。
ここから、尾根伝いに曽爾高原入口の東屋まで行けば、そこから亀山へ登ることができる。緩やかにUP/DNする道の両側はチエーンが続き、穂先を出したばかりのススキの原に咲き残ったキキョウが一輪、その先には“南蛮キセル”が花を開いていました。     
曽爾高原入口の東屋から亀山までの標高差は中尾峠から登るのと変わらないはずである。だとすれば、10年ほど前には、中尾峠から亀山峠まで30分足らずで歩けから、今は1時間?、イヤ2時間かければ( ^ω^)・・・、と思い樹林の中へと続く階段道に足を踏み入れました。
途中、中尾峠からの道を右側から迎え、更に階段の急登しばし。大汗をかいて後古光山への道標が残る旧道(今は廃道)分岐にたどり着きました。ここは、周囲が開け、目指す亀山への階段が目の前から続いている(これ、ホンマに登れるのかいナ~?)。
ボトルの氷水を飲んで暫く休み、頼りない脚でヨタヨタと立ち上がり、周囲の景色に慰められ、一歩一歩登る。最後は手すりを頼りに、何とか亀山に登りつきました。久しぶりに素晴らしい展望を眺める事が出来て大満足。
亀山から亀山峠までは露岩のギャップが二つあるが、二つ目の岩には短い鎖がセットされていました。過去には意識すら、しなかった程度の小さな露岩の下りにさえ、手こずりながら、やっとの思いで亀山峠に到着でした。ここから見下ろす“お亀池”は水を湛えて、今まで見たことのない風景を見せてくれました。
    
立ち寄ったお亀池では、咲き始めたサワギキョウが風に揺れ、人影まばらな曽爾高原の空にも秋の雲が浮かび、ススキのシーズンを迎えよとしていました。(小さい写真はクリックで拡大します)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藤原京跡・遅咲きの蓮

2022-08-15 13:34:40 | Weblog

藤原京跡の蓮が咲いたのを知って、早く行かなければ・・・と思いつつ半月近くの時間が過ぎてしまった。もう、咲き残った蓮が有るかどうか?と思いながら8月5日、雨上がりの午後、蒸し暑さを我慢して藤原京跡へ出かけてみました。
猛暑のなか、誰もいないだろうと思っていたが、蓮田の先にカメラを持った人が数人、蓮を見に来たらしい家族連れ一組の姿がありました。三つある蓮田の二つを撮影しながら一周したら、腕に汗が噴き出て、頬が塩でザラザラしていた。道場や御在所の壁で夏山前にトレーニングした若い頃を思い出した。
        
熱射病になりそうだったので、直射日光を避けて、三つ四つある木陰のベンチに避難し、念のため半分凍らせて持参したペットボトルの水で水分補給しました。蓮の花は二つの蓮田で、まだ咲き残ったものがあって、楽しませてくれました。
木陰の休憩で一息次いで、三枚目の蓮田へむかいました。途中、撮影仲間のT氏から電話があり、しばらく話していたら、再び珠の汗。切り上げる時だろうと思え、真夏の太陽に透けるような蓮の花をあとにしました。(小さい写真はクリックで拡大します)



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

後立山八方尾根「八方池ハイキング」

2022-07-27 17:52:08 | Weblog

夏空に、積乱雲が広がるのを見ていると、後立山連峰にかよった頃を懐かしく思い出した。もう半世紀も前、7月の今頃、岳友と会社をサボって八方尾根から鹿島槍の赤岩尾根へ縦走したとき、120㎏を担いだ“担荷さん”と20㌔のキスリングを担いだ私達が“追いつ追われつ”登った道すがら、“担荷さん”に教えてもらった八方池の美しさは、後に眺めたヨセミテのミラ―レイクやゴルナグラートのリッフェル湖より綺麗だと思っている、唐松小屋近くの草付き斜面に咲いたクロユリの群落、今も、鮮明に思い出す・・・・。
第7波のコロナ蔓延が近いと言うのに不謹慎である。・・・が今、行かなければジジイに来年は無いかも知れないのだ。山小屋も乗り物も、ひと月前から予約してある。連日の雨を覚悟で7月18日(海の日)“Julius Caesar Crosses the Rubicon.‼”のだ、と 阪急三番街からアルピコバスに乗りました。
良く揺れる夜行バスの旅はジジイには無理なのダ~。一睡も出来ないまま、八方尾根バスターミナルに着きました。泣きっ面に雨、ここで降りたのは3名のみでした。
バスターミナルで八方尾根ケーブル乗場までの距離を聞いたら“10分ほどだ、歩いたら?”と言うが、雨の中を歩くのは嫌だったからタクシーを呼びました。これが“大正解!”タクシーで登リ坂を8分余り要したから、もし歩いていたら雨の中、30分以上かかっただろう。
雨のためゴンドラ、リフトともガラ空きで、貸し切り状態でした。雨具を着ての乗り物でしたが、足元には花々が咲き乱れ、幻想的な景観を見せてくれました。今日(7月19日)が、もし天気だったら八方池をピストンするつもりでしたが、雨のため、予約したおいた八方池山荘(標高1,830㍍)に宿泊することにしました。
八方池山荘には朝早く着いたのですが、山荘は快く入れてくれました。三重県から来ているという受付嬢に何処か山の会に所属していますか?聞かれたので“JACで老醜を晒している”と答えたら、2階の個室へ案内してくれました。キャンセルが多かったのか、宿泊客は私を含め5人だけでした。お風呂もあったが、風邪をひきそうなので、やめました。
寝る前に、7月20日の八方尾根の1時間ごとの天気予報をみたら、6時~9時は曇り、10時太陽マーク、12時曇り、13時~18時太陽マークでした。

八方尾根ば、かつてはアルピニストの登竜門と云われていましたが、今ではゴンドラ、リフトを乗り継ぎ八方池山荘(標高1,830㍍)まで労せずして登れるようになり、今や私の様な高齢ハイカーやツアー登山者の対象となっています。
昨夜の八方尾根の1時間ごとの天気予報を信じて、6時朝食、7時、霧雨の中でしたが雨具を着けて飲み物、行動食を持って出発しました。因みに、八方山荘から八方池までは1時間30分の行程ですが道は、木道コースと山道コースに分かれています。登りは足元の安定している木道コースを選びました。木道が終わるあたりで、夜明けとともに八方池山荘を出発した若い女性二人が下山して来るのに出合ました。
       
木道が終わると山道コースと一緒になり、石神井ケルンの先にある建物(立派なトイレ)に着きました。ここには第二ケルンがあり、小広くなっていて、濃霧に見え隠れする八方尾根上部が少し見えました。ここから八方ケルン(標高2,035㍍)まで、急なゴロタ道の登りで20年ほど前に訪れた面影もない悪路になっていました。八方ケルンを過ぎたあたりで霧雨もあがり、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の下の方が見えてきました。“展望案内版”から下の方を眺めると、僅かに雪田を残す八方池が見えまました。木道をくだって八方池の畔にある奥宮の祠に8時30分に着きましたが、残念ながら“八方池の美しい映り込み”は見られませんでした。目的の一つだったユキワリソウも、風が強くて思う様に撮影することが出来ません。
あきらめて、第三ケルンの立つ稜線へでると15㍍を超える強風で、立っているのがやっと、早々に八方ケルンから第二ケルンへと下りました。風もおさまったので雨具を外し、身軽になりました。
下りは、山道コース(尾根通し)を選びました。木道コースとの分岐から下を眺めると、天候が回復すると見たのか、続々とツアー登山の人達が登ってくるのが見えました。

10時過ぎ、ヤナギランが咲く八方池山荘にもどり、預けてあった荷物を回収して、下山しました。リフトの乗継点ではニッコウキスゲの大群落を散策しました。リフトの足元には、シモツケソウ、クガイソウ、クルマユリなどが咲き最高の美しさでした。“あずさ46号”を待つ、白馬駅から返り見する山々は、やはり厚い雲の中でした。(小さい写真はクリックで拡大します)

                                                        

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

吉野山のアジサイ散策

2022-07-05 17:08:10 | Weblog

朝から雨模様だったが、昼頃から雨はあがった。雲は薄いところがあるのか、薄明るい感じもして陽射しが出るかも、と期待したが・・・・。
今頃は吉野山のアジサイも咲いているだろうが、今日は7月3日、日曜日である。人も多いだろうな~。
使い慣れないSONYのコンデジにも少し慣れておかないと、レリーズを買ったコトだし、テスト使用の機会にしようか?。しばし、逡巡のすえ、如意輪寺に向かって出かけました。
         
山門への緩い坂道の両側に咲いたアジサイが出迎えてくれました。何年か前、撮影会にきた時も、ちょうど“雨上がり”だった事を思い出します(あの頃の皆さん、どうしているだろうナ~)。
如意輪寺の境内に入ってみましたが、誰も人影がなく、静かでした。門を出て階段道を下って、登り返せば五郎平茶屋の脇を通って、東南院の前から商店が軒をならべる道を蔵王堂へむかう事も出来るが、そこから更に下千本のアジサイ散策道まで歩いて往復するには遠い。
如意輪寺から一旦もどって、車で蔵王堂を経て下千本にむかいました。途中の道にも色々な種類の紫陽花が咲いていて、道草を食ってゆきます。ホタルブクロが咲いていたので、ちょっとカメラに小細工して遊んでみました。

蔵王堂に人影はなく、軒を連ねる店も閉まっているところが多い感じで、静かでした。下千本の散策道には色んな種類のアジサイが咲いていたので、ケーブル駅の近くまで下ってみましたが、数人の人に出合っただけでした。(小さい写真はクリックで拡大します)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする