さいごのかぎ / The quest for grandmaster key

「うみねこのなく頃に」の推理を行うブログです。
まずは■うみねこ推理 目次■ ■ローズガンズ 目次■からどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【Ep7情報公開】肖像画の男女は誰だ?

2010年07月05日 20時02分49秒 | ep7
※初めての方はこちらもどうぞ→ ■うみねこ推理 目次■ ■トピック別 目次■


【Ep7情報公開】肖像画の男女は誰だ?
 筆者-初出●Townmemory -(2010/07/05(Mon) 19:53:24)

 http://naderika.com/Cgi/mxisxi_index/link.cgi?bbs=u_No&mode=red&namber=48885&no=0 (ミラー
 Ep6当時に執筆されました]


     ☆


 お久しぶりです。しばらく発言投稿をしませんでしたが、皆さんお元気ですか?
 わたしは、うみねこからしばらく離れていた……のかといえばそうでもなくて、「第2回有志主催うみねこ人気投票」のスタッフなどをしていました。
 こちらに結果発表があります。今回はドラマチックでした。→http://umineko.locker.jp/vote/ep6/


 さて、うみねこEp7「Requiem of the golden witch」。サブタイトルとジャケットと肖像画とスクリーンショットが公開されました。

 http://www.office-mk.co.jp/pcshop/special/umineko.html
 http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_umineko_7


 またしても新キャラが登場しました。しかも、肖像画クラスの新キャラが男女2名です。
 この人たちはいったい誰なんだ。

 はっきりいって、何の情報もないわけですけど、クイズだと思ってあてずっぽうで考えてみたいと思うのですが(当たってたらワーイって言えるしね)、

 これは、若かりし日の金蔵と、金蔵がめぐりあった最初のベアトリーチェではないのかな……と勝手に想像してみました。


 外れてたらまあ、盛大に笑いましょう。わはははは。


●黄金伝説の答え合わせ

 以下、想像の根拠。

「Ep7では、そろそろ本格的に答え合わせをするよ」という予告が、Ep6ラストあたりですでになされています。
 つまり、お話の風呂敷をたたむ時期にさしかかっているわけです。

 そんな時期に、大型の新キャラを2人も出して、大活躍させるとなれば、これは風呂敷をたたむどころか物語がよけいに発散してしまいます。
 肖像画になるレベルの重要キャラですからね、ちょっと出て、おしまい、というわけには当然ゆかないでしょう。

 そこで、
「この新キャラは、既出のキャラクターが別の容姿をとったものではないか」
 という発想がでてくる。

 はっきりいえば、「子供キャラが歳を取った姿」か、「大人キャラの若かりしころ」か、どっちかではないか。

 わたしが最初に思ったのは、「戦人と朱志香が、10年ほど歳を取った姿」ではないかということでした。
 でも、このEp7のタイミングで未来編をやるというのは、いまひとつフィーリングにそぐわない。
 どっちかといえば、「過去編」で、むかしの事件が語られる、というほうが、風呂敷のたたみ方としては、らしい。

 この段階で、「過去編」の主人公としてふさわしい人物がいるとしたら誰か。
 それは金蔵だろう、と想像しました。

 ブルーのコートを着込んだ男性の新キャラ。この人、よく見ると髪に赤いメッシュが入っています。
 赤い髪といえば戦人のトレードマークです。
 そして、戦人は金蔵の若かりしころによく似ている、という情報があるのです。

 男性が金蔵だとしたら、彼とカップリングになる金髪の女性は誰か。
 それはベアトリーチェだろう。しかも、楼座が会った九羽鳥庵ベアトリーチェではなく、金蔵が最初にめぐりあった、「ファーストベアトリーチェ」だろう。

 つまり、「右代宮金蔵の黄金獲得伝説」の正体が、ついに語られるのではないか。
 そういう希望的推測をしているのです。


●肖像画に描かれる資格

 肖像画キャラである、というのもひとつのポイントになるかもしれません。

 これまで、肖像画に描かれたキャラは、以下の人々でした。
 Ep1「ベアトリーチェ(ドレス)」
 Ep2「ベアトリーチェ(ミニスカート)」
 Ep3「エヴァ・ベアトリーチェ」
 Ep4「(なし)」
 Ep5「古戸ヱリカ(真実の魔女)」
 Ep6「右代宮戦人(黄金の魔術師バトラ卿)」

 この流れを見ると、ある程度、「肖像画に描かれる条件」があるような気がするのです。

 ひとつには、
「魔女であること」
 これはよさそうです。

 もうひとつ、これはちょっと微妙な感じですが、
「魔女ベアトリーチェ本人か、もしくは、ベアトリーチェの代行を務める資格があること」
 そんな条件が、ひょっとしてあるかもしれない。

 ラムダデルタやベルンカステルは、魔女であるのに、肖像画に描かれることはないのです。
 ラムダやベルンの階層の魔女(上位魔女)は、どうも描かれないっぽい。
 肖像画に描かれるのは、ベアトリーチェと同じレイヤーまでの魔女らしい。

 というか、Ep3までは、ベアトリーチェ本人と、「ベアトリーチェの称号を受け継いだ人」が肖像画になっています。

 Ep5の肖像画になったのは、「ベアトリーチェを殺して、その座を奪った人」です。

 そしてEp6の肖像画になったのは、「ベアトリーチェの魔法を理解し、ベアトリーチェの遺志を継ぐ決意をした人」でした。


 ようするに、肖像画になるのは、
「ベアトリーチェ本人か、ベアトリーチェに準ずる立場の人」
 という条件が、あるっぽい。


 仮にこれをOKだとすると、Ep7の肖像画に描かれた男女ふたり。
 この2人も、
「ベアトリーチェ本人か、ベアトリーチェに準ずる立場の人」
 であると考えることができる。

 だとしたら、この金髪の女性はベアトリーチェであろう。
 これまでに外見が描写されていないベアトリーチェはひとりしかいません。金蔵に黄金を与えたベアトリーチェです。
 そして、
 ベアトリーチェから「黄金の魔法」を受け継いだ金蔵は、
「ベアトリーチェから黄金の魔法を受け継いだ戦人」と同様に、肖像画に描かれる資格がありそうなのです。


     *


 でも、この条件だと、ちょっとあれっと思うことがありますよね。
 Ep4の、肖像画の空白。
 Ep4には、「エンジェ・ベアトリーチェ」が登場しています。ベアトリーチェの名を継いでいるのですから、肖像画になる資格はありそうなものだ。でも、描かれなかった。

 それは、これもあてずっぽうなのですが、こうではないかな……。

「Ep8の肖像画に、エンジェ・ベアトリーチェを描きたいという腹案があった」

 八城十八は、「縁寿の物語を描こう」と言っています。つまりEp8あたりで「縁寿の物語」が描かれる可能性が高い。
 ということは、Ep8の肖像画は、エンジェ・ベアトリーチェになる可能性が高い。
 Ep8でエンジェ・ベアトリーチェを描くのなら、Ep4でそれを描いてしまったら、重複になる。

 だから回避された。そんな感じでどうかな。


●右代宮縁寿、来島

 Ep7のスクリーンショットが公開されています。
 http://www.office-mk.co.jp/pcshop/special/umineko.html

 この中に、

「緊張に弱い子だ」
「霧江さんと相談して、おかゆのようなものを用意させる」


 という、留弗夫と夏妃の会話シーンがあります。

 まー、ごく普通に考えたら、ここで語られているのは、お腹こわしちゃった右代宮縁寿です。

 ということは、どうも今回、「右代宮縁寿は六軒島に来ている」っぽい……。


「右代宮縁寿は六軒島に来ることができる」という可能性については、検討ずみですので、以下のURLからご覧下さい。
 「【続・カケラ世界】補遺・カケラ紡ぎ「86.6.17の家族写真」」
 ※注:間違えました、こっちもでした。両方読まないと意味が通りません→ 「【続・カケラ世界】下・縁寿を幸せにする「カケラ紡ぎ」」

 上記の記事で、「縁寿と戦人が一緒に六軒島に来ると、かなり解明寄りに物語が動いてしまう」(大きな謎が一気に解明してしまう)という仮説を出しています。
 これはかなり、今回いろんなことが明らかになるかもしれない。

 ただ、こんな可能性も考えられるので、ゆだんできません。

「Ep7では右代宮縁寿は六軒島に来るが、代わりに戦人が来ない」

 これもちょっとありそう。これはこれで、おもしろそう。


 でも今回、「86.6.17の家族写真」の謎(OPムービーVer.Cに、86.6.17の日付で、留弗夫、霧江、縁寿、戦人が六軒島に揃った家族写真がある)が回収されそうな予感がして、そのへん、すごく楽しみであります。


■目次1(犯人・ルール・各Ep)■
■目次2(カケラ世界・赤字・勝利条件)■
■目次(全記事)■
コメント (32)   この記事についてブログを書く
« 犯行告発ep6・サファイア・ア... | トップ | たぶんもう少し。 »
最新の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私もそう思ってます (ベアト☆LOVE)
2010-07-05 23:58:38
こんにちわ。久しぶりのコメントです。

私もこの二人は金蔵と最初のベアトだと想像しています。
金蔵とベアトが黄金を手に入れたストーリーが遂に明かされる!と勝手に期待しています。

しかし腑に落ちないのは金髪女の胸が豊かでないことです。
お前アホだろ、ってコメントされそうですが、結構マジで不思議で思ってます。
今までの肖像画は明らかに豊かに描かれてるのに、
この肖像画は意図的かと思うくらいに平らに描かれてます。
単純にベアトじゃないのかもしれませんが、顔はベアトなので不思議に思います。

この後に及んで新キャラかもしれませんね。
アホコメントで失礼しました。
Unknown (ななし)
2010-07-06 00:20:46
こんにちは 私の予想では、ジェシカとジョージかと思いましたが・・・ はずれかな?
Re:私もそう思ってます (Townmemory)
2010-07-06 04:59:32
●ベアト☆LOVEさんへ
 こんにちは。金髪の女性の胸がふくよかでない……そんなこと気づきもしませんでした(^_^;)。
 ううむ、ということは、減胸処置をしたのでもない限り、女性のほうが朱志香である可能性は著しく低い、ということになりそうですね。

 わたしたちが知ってる、ゆたかなほうのベアトリーチェは、九羽鳥庵にいたほうのベアトリーチェなのではないかな。そっちのベアトさんはスタイル的にめぐまれていたけれど、今回のこっちのベアトさんはそうでもなかった、くらいのまとめ方でいいのかもしれないですね。

●ななしさんへ
 こんにちは。ジョージという発想はわたしにはなかったです。ジョージぼっちゃん……そんなに格好良くなってくれなんて、わたしは頼んでも願ってもないぞう!(笑)
これは気になる (あいん)
2010-07-06 09:14:51
こんにちは。
これはまた、妄想という名の推理心をかきたてられるようなものが出てきましたね~。

私はぱっと見、縁寿と十三なのかと思ってしまいました。
しかも、「物語」中の二人ではなく、現実世界の、ホンモノの。

金蔵とベアトかな?とも思ったのですが、男性が片翼をまとってないんですよね…。
女性はちゃんと、太ももあたりに片翼があるのに。
しかも、男性の背後にさらに肖像画らしきものがあって、それにはどうも片翼が描かれているっぽい…。
うーん。
何か深い意味があるのかないのか。
テーブルの上の、黄金の蝶(を模したブローチ?鍵?)も気になります。
肖像画予想 (alchemist)
2010-07-06 10:30:33
はじめまして、いつも興味深く拝見させていただいております。

私はパッと見の第一印象から、楼座の若い頃?と感じました。となるともう一人の男は真里亞の父親?

我ながら大穴狙いだと思いますが、一応根拠もあるのです。
男の瞳の色……黄金の瞳のキャラは今まで出ていないと思うんですよね。

前述のあいんさんもおっしゃってた片翼の件と蝶のブローチも気になりますね。

片翼は、男が秀吉のような婿養子的存在なら説明がつきます。

ブローチは、過去にこの二人もゼパルとフルフルの試練を受けた。
その結果・・・。

なんて、色々妄想が膨らみますw


これからもTownmemoryさんのブログ楽しみにしていますね。
追加です (あいん)
2010-07-06 12:44:15
何度もすみません!

男性の背後の肖像画。
これ、かの有名なドレスベアトリーチェのもののようですね。
後から気づきました。
とすると、先に描き上がったドレスベアトの肖像画の前で、さらに肖像画を描いてもらっている二人…。
ますます怪しいですね。
肖像画の正体 (Cheshire)
2010-07-06 13:28:31
 はじめまして。Cheshireと申します。Townmemoryさんの考察は、いつも推理の参考にさせていただいてます。

 私は、男性は天界関係者ではないかと考えてます。
 ネックレスのデザインが、ドラノールとかの帽子に付いてる十字架?のマークに似てるのと、目が金色なので……。
 名前の出ているライト卿とか?

 女性は、大人朱志香 or 金蔵妻と予想!
 理由は、胸のブローチが夏妃のものと似ているから。
 だから、夏妃が朱志香にあげた or 金蔵妻からもらった、と推測してます。

 これで外れてたら、私も盛大に笑います(笑)

 EP7、すごく楽しみですね!
肖像画予想 (灰色)
2010-07-06 16:41:07
はじめまして。いつも考察を楽しく読ませていただいております。

EP7ではフェザリーヌ卿がプレイヤーなので、この二人は彼女の駒なのではないでしょうか。(ベルンがヱリカとドラノールを投入したように)

女性側が何らかの形で右代宮に関係する設定を入れた彼女なりの探偵ではないかと。(だいぶ突飛ですが)
男性側はドラノールのように幻想側に対応するわけですが、ならばライト卿かなぁ、と思います。
(家具を召喚する時って「設定的に前のより強い」ばっかりなので、最強設定のドラノールの上って言うとライト卿しかいないかな、と(七杭→シエスタ→ドラノール))
ただし、今まで何かの原型から幻想住人が生まれているので、イメージの元が金蔵だったりするのではないかなどと妄想しています。

EP7を期待しつつ失礼します。
Re:これは気になる (Townmemory)
2010-07-06 19:45:39
●あいんさんへ
「本物の縁寿と天草」というのはアクロバティックで素敵ですね。
 男性が片翼を身につけていないのは、「片翼はもともとベアトの紋章だった・金蔵はそれを受け継いだ」みたいな解釈でいけないかしら。あれってあきらかに日本古来の家紋ではないですものね。

 テーブルの上にあるのは、わたしにも蝶のブローチに見えます。壊れる前か、もしくは修復したかですね。


●alchemistさんへ
 楼座と旦那説! その手がありましたか! 瞳が金色なのは確かに気になります。ドラノールが金色ですから、楼座の相手は「ニンゲン」ではなかった、だから姿を消すしかなかった……みたいな想像もドラマチックですね。


●Cheshireさんへ
 瞳が金色だから、天界関係者だろうという推理には、説得力があると思います。ドラノールがそうですものね。もっともわたしは、「金蔵の目が金目鯛みたいでもいいじゃない」って居直っちゃいましたけど。「ワシの目が金色のうちはーっ」というジョークもさっそく思いついて使いました。


●灰色さんへ
 新たな探偵説・幻想キャラ説ですね。「魔術師狩りのライト」さん説をツイッターでたくさん見かけたのは、やっぱり金色の瞳のせいなのでしょうか。ヱリカとドラノールのような、ニンゲン+幻想キャラの組み合わせというのはいいですね。
Unknown (Unknown)
2010-07-07 02:56:59
独創的かつ説得力のある深い考察に、目から脳漿がダダ漏れです。
初めてコメントさせて頂きます。

件の肖像画の二人…普通に考えると、おっしゃる通り「元祖ベアト」と「ヤング金蔵」だと思います。
しかし自分も大穴狙いで予想してみたいと思います。

とりあえず男の方。これは「ドラノールの父親(名前忘れました)」ではないでしょうか。
目の色つながりで未登場の「ライト卿」というのも踏まえて、更に捻ってみました。親子で身体的特徴につながりがある方がより自然ですし…
髪の色が全然違いますけど、そこは都合よくスルー。

なんでこんな事思いついたかと言いますと、ジャケット見本にゼパルとフルフルがいたからです。この二人が出て来ると言う事は、何らかの愛の試練が行われたと言う事でしょう。
そしてドラノールの父親と言えば、戒律を破って娘であるドラノールに処刑された人です。そこで自分がふと思ったのが「ドラノールの父親と言うのは、愛の試練のために戒律を破ったのではないか」と言う事です。

では相手の女は誰か? …情けない話ですが、特定出来ません。とは言え片翼を身につける事が出来る立場の女性と言うと、候補はそういません。
普通に考えるならやはり「オリジナルベアトリーチェ」なのでしょう。

そうすると、ドラノールの父親と言うのは金蔵の幻想描写の一種…?

もう一つの可能性としては「紗音だったり嘉音だったりする人物」、この人の本当の姿がこれだと言う事です。

その場合、ドラノールの父親は…さて。

戦人がドラノールの父親の依り代なのではないか、とも考えています。あの青いコートの襟の形が当主のマントの襟の形に似ている気がして…
「ミステリーのルールを理解していながら、愛
(試練?)のためにルールを破るような事(罪?)をした」とか。現実世界にミステリーのルールも何も無いですし、具体的に何をしたのかもさっぱり分かりませんが。

…申し訳ありません、グダグダと書いている内に自分でも良く分からなくなって来ました。
ただ、「かつて行われたある愛の試練」が発端となって六軒島連続殺人幻想が生まれた、その背景が解明されるのだろうと言う予想はしています。

戯言の如き予想、失礼しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ep7」カテゴリの最新記事