グランデ七瀬中町スタッフ日誌

長野市の住宅型有料老人ホーム(高齢者マンション)スタッフのブログです。

りょうさんのマウスオルガン吹き語りコンサート・令和元年晩秋

2019-11-24 21:37:50 | Weblog
11月24日

 篠原りょうさんマウスオルガン吹き語りコンサートを行いました。
 今回は、「音楽世界の旅」と題し、りょうさんのエスコートで、日本からアメリカ、ヨーロッパへと音楽で旅をしました。

  曲目 
   日本    ♪四季の歌・月の沙漠 
   韓国    ♪アリラン
   ロシア   ♪山のロザリア 
   アメリカ  ♪テネシーワルツ
   メキシコ  ♪ラ・クカラーチャ
   イギリス  ♪ダニーボーイ
   イタリア  ♪ラ・ノヴィア
   フランス  ♪バラ色の人生
   チェコ   ♪おお牧場はみどり
   ドイツ   ♪よろこびの歌
   ポーランド ♪森へ行きましょう
   日本    ♪故郷
         ♪千の風になって
  

 「アリラン」では、韓国の音色のマウスオルガンで吹き語りをしてくださいました。
 テネシーワルツは、しみじみと心に染みる曲ですが、まさか恋人を盗られてしまったという歌詞だったというのには驚きでした。

 また、「ラ・ノヴィア」は涙の結婚、「おお牧場はみどり」は、チェコスロバキアからアメリカに渡って労働賛歌になったなど、一つ一つの曲にまつわる歴史や背景を語りながら吹き語りをしてくださいました。
 戦争や解放、貧しさなど悲しみの中から生まれた音楽がたくさんあることを知りました。

    

最後は、みなさん一緒に日本の唱歌「故郷」を大きな声で歌いました。

 

 そして、りょうさんからみなさんへのメッセージ

 生きていれば楽しいことばかりではない、苦しいこと悲しいことがたくさんあるけれど、あるがままを良しとして受け入れることの難しさ、大切さを感じました。

    

      ~花ある時は花に酔い 風ある時は風に酔う~

 りょうさん、今回も素敵なメッセージをありがとうございました。


コメント   この記事についてブログを書く
« 紅葉ツアー | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事