NPO個人ケイ&リルこの世界のために 全日本動物愛護連合 アニマルポリス 動物愛護党

平和と平等と幸福を! 知らないといけない様々な現実と、考えないといけない物語を提供します。命のために、協力してください。

日本毛皮協会 動物を殺す残酷な毛皮の素晴らしさを専門学校などに触れ回る 。

2011-09-11 13:56:34 | No毛皮キャンペーン
2011/9/13更新

友達から転載依頼のメールがきたのでここなりに書き換えてまとめてみます。2011/9/9
メール、意見を送ってください。

初めての方はまず毛皮の実態をご覧ください。

「毛皮にされる動物 中国」中国だけじゃありませんが・・。http://youtu.be/i5llZCWFOUk


ノルウェーの毛皮農場でも3年以上劣悪飼育が続いている (2010) http://youtu.be/Odgf-K-F9-Q


◆韓国で「中国毛皮産業について」が放送された。生きたまま毛皮を剥ぐ行為は現在も行われている事実です。
 http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/09f06aed147ffa3a128f68cc3c13cdb4
◆Danna Karan(ダナ・キャラン)がNoFur宣言を撤回! ファーボイコットキャンペーン!
 http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/518c3cd9e342a3fb58e14aa7a6b14cd7
◆ヘルプアニマルズ - さよなら毛皮 毛皮は動物の死体です - 殺される動物の映像
 http://www.all-creatures.org/ha/Kegawa/Kegawa.html
◆毛皮(ファー)製品の作り方。犬猫編
 http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/928185e338fa289b22042a37d0776eb1


ちなみに、動物愛護のこの日本でこんな残酷な事を推進している日本毛皮協会に、我々の税金から莫大な補助金が出ていることを知っていたでしょうか?

平成23年 補助金等の情報開示(4月~6月)
http://www.meti.go.jp/information_2/data/hojo201104_06.html
【経済産業省本省】(単位:円)
番号 82
事業名 皮革製品デザイン促進事業・皮革産業人材育成事業・皮革製品認知度適正化事業
交付先名 一般社団法人日本毛皮協会
交付決定額 15,420,000
支出元会計区分 一般会計
支出元(目)名称 皮革産業振興対策事業費補助金
交付決定日 平成23年05月13日

  1542万円!!!!

一般社団法人 日本毛皮協会
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-8-7 ミヤジマビル7階
tel : 03-3663-1120 / fax : 03-3663-1439

JFAファーデザインコンテスト事務局
東京都中央区日本橋茅場町2‐8‐7ミヤジマビル7階
一般社団法人 日本毛皮協会内
info@fur.or.jp TEL03-3663-1173 FAX03-3663-1439

経済産業省
代表電話 03-3501-1511(平日8時30分から18時15分)
▼2011/9/9 1.542万円の内訳や金額決定の経緯や許可をした人などを聞こうと電話。
担当者がでかけていて、来週のお昼ぐらいならと言っていたので経済産業省製造産業局にまたかけてみよう。

▼2011/9/12毛皮のコンテスト 人材育成 ファーオブザイヤーなど 計上した3分の2が補助金になる。
1年間の事業なので2月末まで 5月中に計算を終わらせて交付金が決定する。紙業服飾品課
毛皮が店頭に並んだりしてるのが嫌だと言う意見などは消費者庁、国民生活センターなどが良いかも?
奈良県は毛皮のことが根付いてるから奈良県庁に成り立ちなどを聞いてみるといいかも?

メールフォーム
https://wwws.meti.go.jp/honsho/comment_form/comments_send.htm

経済産業省消費経済政策課消費者相談室(本省)
〒100-8901 千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-4657 受付時間/10:00~16:00
▼2011/9/9 電話をしたら時間外だった。
ファッションのために動物を殺して奪った毛皮製品が店頭に並んでるのを見て心底気分が悪い。デパートや飲食店で毛皮を着てる人がいて動物の毛が飛び散らかって鬱陶しい。動物の毛がアレルギーの人もいる。どうにかならないかと相談しよう。


さらにこんなみっともない日も作っています。

11月20日は毛皮の日
日本毛皮協会が1989(平成元)年に制定。「いい(11)ファー(20)」の語呂合せ。

いいファー。いい毛皮。本来良い毛皮と言うのは、人間に殺されはぎ取られることなく動物が幸せな姿で身につけているものを言うのです。毛皮製品の事ではありませんので
11月20日は『毛皮禁止の日』に制定します。
全国各地で一斉にイベントを起こしませんか?


素材加工セミナー JFA FUR MATERIAL SEMINAR 2011
http://www.fur.or.jp/seminar/seminar.html

(HPより)
素材加工セミナー
全国の服飾専門学校や大学等において、毛皮の正確な知識の習得を目的として開講している出張セミナーです。
毛皮の主な種類のサンプル、毛皮の製造工程・加工方法を解説したビデオ、コンテストの入賞作品など、さまざまな資料を活用しながら、毛皮に関して説明し、最後に毛皮のサンプルを実際に触っていただきます。
JFA FUR MATERIAL SEMINAR 2011
平成23年度「素材加工セミナー」開講のご案内を下記のようにお知らせ致します。
お申込用紙をご送付いたしますので、事務局<03-3663-1120>まで、ご連絡ください。
開催期間: 平成23年5月~平成24年1月の間
時間: 1時間30分 開講料: 無料
基本プログラム:
 1.「毛皮~美しき選択」DVD上映
 2.主な毛皮素材と特性・加工技術について
 3.毛皮の活用について
 4.「JFAファーデザインコンテスト2010-2011」の入賞作品解説
 5.素材サンプルに触れていただくこと、入賞作品の着用も可
※お申し込み状況によっては、ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください
※上記の基本プログラム以外のセミナー開催で用具が発生する場合は、実費にてご負担ください。
平成23年度「素材加工セミナー」は、下記の27校で開講予定です。

05月12日  文化ファッション大学院大学 otoiawase@bfgu-bunka.ac.jp FAX:03-3299-2714
05月18日  神戸ファッション専門学校 https://z112.secure.ne.jp/~z112023/contact/contact.html Fax. 078-241-8614
05月20日  ドレメファッション芸術専門学校 https://z108.secure.ne.jp/~z108009/contact/
05月30日  織田ファッション専門学校 design@oda.ac.jp
06月02日  杉野学園ドレスメーカー学院 kouhou@sugino.ac.jp
06月04日  杉野服飾大学短期大学部 info@sugino.ac.jp
●06月07日  東京モード学園 nyugaku@tokyo.mode.ac.jp
06月09日  専門学校武蔵野ファッションカレッジ koho@goto.ac.jp
06月10日  杉野服飾大学 info@sugino.ac.jp(上と同じ)
06月12日  ヒューマンアカデミー名古屋校 http://ha.athuman.com/bussiness/index.html?code=110103
●06月13日  名古屋モード学園 nyugaku@nagoya.mode.ac.jp
06月15日  マロニエファッションデザイン専門学校 https://www.maronie.ac.jp/inquiry.php
●06月21日  大阪モード学園 nyugaku@osaka.mode.ac.jp
06月24日  専門学校ファッションカレッジ桜丘 koho@f-sakura.ac.jp
06月28日  杉野服飾大学モードクリエーションコース info@sugino.ac.jp(上と同じ)
06月30日  名古屋ファッション専門学校 infonsc@nsc.ac.jp
07月01日  中部ファッション専門学校 chubu_8010@cfc.ac.jp
07月05日  宝塚大学 info@takara-univ.ac.jp FAX 072-758-7869
07月07日  石田あさきトータルファッション専門学校 http://www.asaki.co.jp/request/index.php
07月12日  北海道文化服装専門学校 hokubun@cocoa.ocn.ne.jp Fax 011-811-0105
●07月13日  宮島学園ファッションドレスメーカー専門学校 http://www.miyajima-fashion.com/mailform/question-form.html
07月20日  東京家政大学服飾美術科 soumu@tokyo-kasei.ac.jp
07月30日  下関文化産業専門学校 http://shimonosekigakuin.ac.jp/def-cgi/cmail.cgi?id=form FAX: 083-282-0014
●08月09日  松本衣デザイン専門学校 http://www.i-design.ac.jp/info.html
08月31日  愛知文化服装専門学校 fashion@aichi-bunka.ac.jp FAX:052-851-1118
09月22日  専門学校サンモードスクールオブデザイン http://www.smsd.info/
10月01日  ECCアーティスト専門学校 gakuso2@ecc.ac.jp art@ecc.ac.jp FAX(06)-6375-0020
11月08日  東京家政学院大学 https://chicappa-tokyo-kasei.ssl-lolipop.jp/form/index.html

(返信あり=●)

無知で、命と世界の流れに対する意識の低いレベルの学校と公表しているようなものですが。


以下の内容で各校にメールしています。どなたかお手伝いいただけますと嬉しいです!!
★問い合わせのメールアドレスに以下の文章を転載するなどして送信していただきたいと思います。
返事があればまた教えてもらえると嬉しいです。

件名:日本毛皮協会の素材セミナーについて

本文:
初めまして。こんにちは。突然のご連絡失礼致します。

奈良県に住んでいます福島と申します。
今後ファッションを学ぶ人への参考にしたいと思い、このたび、日本毛皮協会さまのHPより貴校のセミナー受講日程を拝見し、ご連絡させて頂きました。

今回ご連絡をさせていただきましたのは毛皮製品の実態と世界的な認識についてお知りいただきたいと思い、それを受けてどのような考えを持っているのか、また、これからどのような方向性で進めていくのかを教えて頂きたいので、お返事よろしくお願いいたします。

ご存じだとは思いますが、毛皮にされる動物は残酷にも殺され、多くはゴミのように毛皮をはぎ取られたあげく捨てられていますね。

映像で見たことはあるでしょうか?
一度見てください。
「中国で毛皮にされる動物」http://youtu.be/i5llZCWFOUk

知っているとしてももう一度見てもらえませんか?
「ノルウェーの毛皮農場でも3年以上劣悪飼育が続いている (2010)」 http://youtu.be/Odgf-K-F9-Q

こちらはミンクをモデルにした素晴らしいアニメーションです。
「(2008) Furcoat」http://youtu.be/uAxczJUCf2M

気分の良いものでしょうか?
目にした時の気持ちを持ち続けている人がたくさんいて、日本、海外問わず、多くの著名人やミュージシャン、芸能人やスポーツ選手、モデルやデザイナーなども公に毛皮に反対していますね。

そちらの生徒の皆さんはこのような事を十分知っているのでしょうか?
また、そちらではファッションと共に、倫理的な教育や動物の生きる権利について、毛皮製品に向けられる世界の冷やかな視線、毛皮のために奪われる命の数についてなどの教育は行っているのでしょうか?


2011年8月8日から開始されたネットでの署名です。
大きな宣伝もしていないのに一か月で1500名を超える署名が集まっています。
それぞれのコメント欄で一人一人の毛皮に対する意見、気持ちを知ることができますので、ぜひ目を通して頂きたく思います。
「神戸コレクション・東京ガールズコレクション両イベントでの毛皮・リアルファー製品の不使用を求める署名」
http://www.shomei.tv/project-1805.html


動物だけではなく、これだけ多くの人の心を傷つけている事を知ってもらいたいのです。
ファッションに興味がない人ではありません。
ファッションが大好きだからこそ、動物の命を奪い取り作った製品、動物の一生すべてを監獄で過ごさせて作った製品に、心底傷ついているのです。
生徒さん達へのアンケートなどを実施してもらえるとありがたく思います。

もし自分の望むデザインやファッションのためなら他人も動物も傷つけて構わないとの考えなら率直にそう返答してください。

誰も傷つけ苦しませることなくファッションを創造していく可能性を求めてもらいたいと思っています。

どうか素晴らしいお返事を聞かせてください。

お待ちしています。

よろしくお願いします。


 福島景 doubutu-no-kaihou@hotmail.co.jp


*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜


これはアニメーションです。見てください。

(2008) Furcoat http://youtu.be/uAxczJUCf2M



●宮島学園ファッションドレスメーカー専門学校
ご質問等いただきましたが、ご返答を差し上げてそのことで福島様が何か方向性を得られるのかどうか疑問を感じますのでお返事は差し控えさせていただきます。ご了承下さい。2011/9/10

●松本衣デザイン専門学校
(※素材セミナーを受講した各学校のアドレスをまとめてくれてる人がいないかなと検索していたらセミナーの事を書いていたブログがあって同じgooブログと言う事もあってコメントを書いてました。メールフォームからメールを送る時はそのブログの先生と同じだとは全く考えてなかったけど同じだったみたいです。ブログの方ではコメントがきっかけで記事を書いておられました。
「毛皮」に関するコメントいただきました・・・・・
http://blog.goo.ne.jp/ideideideide_2006/e/3d521edd4900e13f22b1d130d72093c0
ケイさん(「毛皮」にコメント下さった方)への返事です・・・・・
http://blog.goo.ne.jp/ideideideide_2006/e/b812a0b09a8607af9bae97c7b8da76f8
福島景 様
コメントに続き、メールありがとうございます。以下、回答になりますかどうか・・・・
わが校の「教育方針」という言い方は日ごろして居りませんが もしも言うならば「生きていく力を身につける支援をする」ということでしょう。
その一つの手段としての「ファッションビジネス」という材料です。
毛皮に関する授業は衣服素材の一環です。
どの素材も、そう時間をかけるわけにはいきません。
知識、情報のみならず製造技術、商品管理、販売知識などまで学びます。
1年生の木綿からスタート(ここでは、土壌汚染を問題にせねばなりませんが、マル1日必要になってしまい、常に中途半端です)して順に毛皮を勉強するのは3,4年生の数人ということになります。
素材以外の授業でも毛皮を取り上げることはもちろんあります。
80年代に「世界的規模の毛皮使用反対運動」の声があがったときにはわたしも一生懸命時間を割いてこの問題を語ったものでした。(かなり思いいれた強引な押し付けであったと反省します)
以後、社会学、ファッションビジネス、アパレルデザイン、新聞を読む授業科目の中で機会あれば、社会問題としてとらえるよう伝えております。
こういう問題こそ、自分の問題としてとらえて自習してほしいものだと思います。学校は教師の考えを押し付けてはならないと考えております。
ケイさんのアドレスは「stopsensou]ですね。
わたしも戦争には心から反対します。個人的には関連の活動も細々ながらしております。
そして、毛皮問題が、根っこでは戦争とつながるかもしれないとも想像します。
おそらく私よりもはるかにお若いであろうケイさんへ おせっかいを承知で言わせてください。
正しい意見(という考えこそが危険であった歴史の事実もたくさんあります)こそ、大切に拡げていきましょう。
伝える方法を熟慮しましょう。意見を伝えることで反発を招いてしまっては目的がずれてしまいます。
(今もって菅首相は残念でなりません、下手でした・・・・・・)
戦争反対を訴えるために「虐殺の映像」ばかりではないでしょう。
若い人には、いつ誰がどこで毛皮を着ることを始めたのか、今その必要性はあるのかないのか 誰がどう必要としているのかなどなど考えてほしいです。
わたしももっと学び、考え、機会あれば発言していきましょう。
ヒントは「クジラ」にあるように思っております、現在のところ。以上。
豊かな人生を送られますように。 2011/9/11

●学校法人モード学園 学務室
日本毛皮協会「素材加工セミナー」実施に関する本学園の見解 
本学園はご指摘の「素材加工セミナー」だけでなく、あらゆるファッション素材に関して学生達に均等な知識教育をいたしております。綿、毛、麻、絹などの自然素材はもちろんのこと、化学繊維、再生繊維、合成繊維、鉱物繊維などありとあらゆる全ての素材に関して専門家あるいは企業の研究室の方を招聘し、知識提供をしております。
偏りのない知識教育こそ、正しい判断のできるクリエイターを育成する教育であると思います。
本学園の学生達は卒業後、ご存知の通り世界のファッション業界に巣立っていきます。そこでは世界中の人々のファッションニーズに応えていくことになります。
そのニーズに応えることができるクリエイターを育成することが専門学校としての使命であると考えております。以上 2011/9/12





コメント (9)   この記事についてブログを書く
« ケイ&リル メルマガ配信 2011... | トップ | (転載希望)韓国の動物保護... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふみふみ)
2011-09-10 15:15:19
読んでいて、毛皮協会に対して許せない気持ちでいっぱいです。
11月20日は毛皮の日
「いい(11)ファー(20)」?!
ひどい。

ふみふみさん (ケイ)
2011-09-10 19:48:56
世間の大多数の人に同じ気持ちになってもらおう。

11月20日は毛皮禁止の日。
毛皮禁止の日 (まりんこ)
2011-09-12 18:13:05
世の中の人たちに是非わかってもらいたいですね!!
まりんこさん (ケイ)
2011-09-12 19:44:02
○○の日って制定するのは、特別にどこかに申請するものではなく言ったもん勝ちってことみたいだから、
11(いい)月20(ファー)日は、
動物が生きるために必要な毛皮を守り、動物を殺して奪う毛皮製品をやめる日
ってことであちこちで広めてください。
今日は何の日とかのサイトの管理者にも告知しましょう。
「11月20日は毛皮禁止の日」
経済環境省からの返事 (comugi)
2011-09-12 23:24:00
今日、経済環境省のTさんと言う方から電話をもらいました。
Tさんは「先程までケイさんと言う人と2時間以上も話しをしていました」と少し疲れた様な感じでした(笑)
結局お互いの考え方が違うから、何も変わらない平行線のままだと言ってました。
私が「Tさんは毛皮についてどう思われてるんですか?」と尋ねると、「個人的にはイヤです。あんな動画を見せられてとても不快でした。僕も猫を飼っていますし、動物の里親探しもやっていたので…気持ちは分かります。でも、毛皮の輸入は法に乗っ取ってやっている事なので、ここでは何も出来ない。」と言ってました。
そう言った声が大きく拡がれば所内でも話をするきっかけになる・・・と
なんだかいいように言いくるめられた感がありますが、前に進みましょう。
comugiさん (ケイ)
2011-09-13 22:16:30
報告ありがとうございます。
2時間40分でいたからね、お互い疲れます。
でもいろんな方面の話をしたので飽きなかったです。
また詳しくはメールでお知らせしますね。

とにかく声を上げる人を増やして大きくしないといけませんね。
ずっとやってることだけど。
mixi経由でまいりました。 (らんくす)
2011-10-02 10:26:44
はじめまして。らんくすと申します。
また、毛皮の季節がやってきてしまったのですね。
命ある限りは、毛皮をなくす!
人間だけの勝手な世界にしないように
動いていきます。
らんくすさん (ケイ)
2011-10-05 13:35:31
はじめまして。ケイです。
はい、早くダサい毛皮製品をやめさせましょう。
はじめまして (ゴン太ちゃん)
2013-11-03 11:31:09
このブログを見て涙が止まりませんでした。
私はベジタリアンで衣類などの毛皮製品も買いません。
毛皮禁止の国があったり、他国では大きな問題として取り上げてられているのに、日本は本当に無関心。
無知な人間ばかりで本当に呆れます。
何でも一度自分の目で確かめればいいのに、毛皮を自分で作ってみなさいよ、と心から思います。
私もブログやツイッターで拡散したいと思います。
いい記事を書いて下さってありがとうございます。
毛皮がなくなりますように…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

No毛皮キャンペーン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事