闘う男その1

厚生労働省指定の難病(原発性アミロイドーシス)と闘病中です。
雑談も含め、いろいろお話ししましょう。

手料理を作ってみた

2018年10月24日 21時01分23秒 | Weblog
最近、山荘で仙人生活をしている友人Dさんが手料理を楽しんでいる様子が伝わってくる。そんなことに触発されて、たまには夕食でも作ってみようなんて気になった。家内に冷蔵庫の食材を聞いたところ、冷凍のカジキマグロが有ると言う。さらに、昨日、キュウリを多量に買っていたので、「カジキマグロの和風ソテー」と「キュウリとワカメの三杯酢」を作ってみた。家内はおいしいと言ってくれたが、本当のところはわからない。私自身、十分いけると思うが!!




コメント

十月桜

2018年10月18日 11時58分11秒 | Weblog
すっかり秋めいてきた。私の住む長屋の土手に十月桜が咲き始めた。この十月桜の花を見ていると、いよいよ秋なると感じさせてくれる。




コメント

眉刷毛万年青(まゆはけおもと)

2018年10月16日 10時27分33秒 | Weblog
季節は巡り、秋の気配の今日この頃。異常気象なぞと言われながらも、時期にはそれなりの気候になる。いつもそうであるが、バルコニーの「眉刷毛万年青」(まゆはけおもと)の開花が始まったことに気が付いた。植物は花を咲かせる時期を忘れない。(10月6日の写真)


コメント

フォレスタのコンサート

2018年08月12日 21時32分47秒 | Weblog
はっきりしない空模様で、今にも雨が降りそうである。その分、陽が直接当たらないので気温は33度程度である。ただし蒸す!そんな中、孫を送りがてら、茅ヶ崎の文化会館移転事務所まで「フォレスタ」のコンサートのチケットを購入に行ってきた。YouTubeでいろいろ歌を聴いていると、「フォレスタ」も同じ歌を歌っていて、ここ一二年「フォレスタ」のコーラスを聴いていた。ちょうど、茅ヶ崎でコンサートがあると知り、チケットを購入した次第である。少し先になるが楽しみにしている。



コメント (2)

近所の寺の菖蒲園

2018年06月06日 17時26分28秒 | Weblog
先日、近所のお寺さんの菖蒲園に行ってきた。花菖蒲は最盛期とばかり咲き誇っている。庫裏の廊下に佇んでいると、渡る風が気持ちがいい。鳥のさえずりまで聞こえ、静寂を楽しんできた。











コメント

新緑の季節

2018年04月14日 15時59分44秒 | Weblog
すっかり春の陽気になった。新緑が目に優しい季節で気持ちがいい。遊行寺の境内の樹々の緑を写真におさめてみた。










コメント

木蓮の開花がはじまった

2018年03月13日 10時50分02秒 | Weblog
だいぶ春らしい陽気になってきた。梅の開花は以前より聞いているが、木蓮の開花もはじまった。近所のお寺さんの境内にある木蓮も開花がはじまり、白い花がすがすがしい。




コメント (2)

平成30年元旦

2018年01月01日 12時12分01秒 | Weblog
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
湘南は今日も快晴で風もなく、穏やかな元旦を迎えました。
今年もこのような穏やかな年になればいいです。
自宅から見える初日の出と朝日があたる富士山です。





コメント

ハロウィンの飾り物

2017年10月12日 19時25分26秒 | Weblog
家内が戸棚をさがし始めた。何をさがしているのかと思いきや、ハロウィンの飾り物を出してきた。これは3年前に孫達が作ったもので、いまだ保管してあった。そろそろハロウィンということで飾ったようだ。それにしても持ちがいいものだ。毛糸で編んだカボチャは孫の思音(シオン)がプレゼントしてくれたものである。





コメント

メロンを頂いた

2017年07月06日 12時04分16秒 | Weblog
今年も先輩からメロンが届いた。ありがたく頂戴いたします。それにしても、この先輩の付き合いは長きにわたる。1966年(昭和41年)4月に日本電信電話公社・関東電気通信局・神奈川通信部・横須賀電報電話局に入社以来の先輩後輩の仲で、長きにわたりご指導いただいた。その先輩の後輩への指導法がその後の役に立った。電信電話公社の頃は、全ての仕事のやり方を明記した実施法という書物があり、そこに書かれている通りに仕事をしなければならなかった。職場全体の雰囲気として、先輩に質問する場合はなからずその実施法を読んで、どこの部分がわからないのか、という質問以外は却下された。だから、わからない仕事にあたる場合は一生懸命実施法を読んでからことにあたっていた。特に国際電話や国際電報の受付はわからないことが多かった。例えば、国際電報は文面のWord数で料金が決まるが、New Yorkと書く人もいるし、NewYorkと書く人もいるが、これは1語なのが2語なのかなんて質問したこともあった。(Los Angelesしかり)先輩の回答曰く、俺は固有名詞だから一語にしている。であった。入社して年数の浅い物ものにとってはごく自然な疑問だったように思えるが、ようするに、すべからく「質問は熟慮して、安易な質問はするな」ということであった。今はそんなことも忘れ、口先だけで生きてはいまいか?

コメント