Piacere・・・ピアチェーレ

ありきたりの毎日でもなにかしら昨日と違う一日です。
毎日、はじめまして・・・。

市川海老蔵 「信長」

2006-02-11 | 映画・観劇
 見てきました!市川海老蔵の「信長」。

 いつも乗っている大阪地下鉄御堂筋線のなんば駅の北行き2両目あたりに松竹座の広告がある。
 電車を待つ間にいつも見ている広告なんだけど、いつからかその「目」に射抜かれてしまって・・・
 市川海老蔵が主演する「信長」

   配役は、
     信長・・・市 川 海老蔵
     濃姫・・・純 名 り さ
     お市・・・小 田  茜
     秀吉・・・甲 本 雅 裕
     光秀・・・田 辺 誠 一

  

 見た席はとってもよくて、花道の横の席から通路を隔てたところで前から10番目。
 ちょうど一階客席全体のど真ん中という位置。
 だから、舞台中央にいる海老蔵と目が合って仕方がない・・・私が思うだけなんだけど・・・。

 歌舞伎ではないけど花道が使われていて、そこを通る海老蔵「信長」がとても素敵!
 特に、斎藤道三と対面する場面、
 「うつけ者」の姿から凛々しい長袴の正装をして現れるシーンで、花道を出てくる姿を見て、あまりのカッコよさに
 「素っ敵!」と叫んでしまった・・・。

 歌舞伎俳優ならではの所作というか、もって生まれた気品というか、圧倒的な存在感を感じる舞台だったわ。

      

 歴史を分かっていないとストーリー的には分かりにくい部分があると思うけど、
 信長は色々ドラマなどでやっているから、詳しくない私でも理解はできた。

 中盤で、自分に必要であるものないものを選別して切り捨てようとする信長に対して、
 「子供を生めない自分はあなた様には必要ないもの、切って下さい」という濃姫が可哀想だった。
 信長のことを理解していたはずなのに、どんどん狂気に陥っていくかのように見える信長についていけず、
 光秀に助けを求める姿は悲しかった。

 でも、不穏な動きがあることを信長に告げるために本能寺に出かけ、信長と心が通じあって、
 一緒に敵と戦って信長の腕の中で最後を迎えられたのは夫婦愛が戻ったことを感じてうれしかった。

 大げさな涙も大げさな笑いもない舞台だったけど、海老蔵を見たかった私としては満足・・・。
 殺陣のシーンや本能寺炎上などは迫力がすごくあって素晴らしかったよ。






コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 世界をまたに駆ける。 | トップ | 韓国ドラマ・映画で最高のス... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・観劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

市川海老蔵「信長」観てきました (ぱるぷんて海の家)
あの小泉首相も絶賛したという「 信長 」観てきました。 大阪松竹座、2Fの最前列しかも花道の真上でした。松竹座は映画館の頃よく行ったけど、今のような演劇の場になってからは、全く初めてです。 映画館の時の松竹座は3階まであり、その3Fは急勾配で、真っ暗.