クローバー日記

女を生きる

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニートへのコラムから

 | 女を生きる
日経マネーのコラムに、
『ニート(働く意欲をまったく失った若者)の諸君へ
「働かざるもの食うべからず」て知ってる?』という題のコラムが載っていた。

「親が必要以上に、精神的にも経済的にも支えてしまった・・・
そして、「専業主婦(母)も働いていないから、私も働かなくてよい」と思ってしまったのかもしれない」という言葉があった。

『働く』ということを、お金をかせぐということのみに捉えてしまい、
無償の尊い働きがあるのに・・・と思った。

子育てほど無償の働きによって支えられている『働き』はないだろう。
オムツを取り替えたり、お乳をやったり、食事を作ったり、
掃除、洗濯・・・
すべて、命を育む営みだ。
それを、お金に換算して働いている専業主婦・母はいない・・・

その働きが、「専業主婦は働いていないから、私も働かない」
という発想になるとしたら、その子供に肝心なことが伝わっていないことになる。

無償の働きの中に、祈りを込めた世界があり、
その祈りのエネルギーは、子供の心に生きる力として蓄えられていく。

その祈りとは、
夫に対する感謝であり、
祖父や祖母に対する感謝につながり、
生きるという、人の営みを支えるすべてのもの、
つまり、宇宙、地球、大自然、
また、人間社会にたいする感謝になっていく。

日々の営みを、
お金に変えられない『働き』にするには
その祈りが大切になる・・・・

女を生きるって、心を働かせることなんだ・・・・
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 偶然は必然? | トップ | 『ハウルの動く城』からのメ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニートは構造的問題 (HageOyaji)
2004-12-13 16:42:37
私は高校生向けにHageOyaji通信を発信しております。第9話は「ニートとは」について話しました。TBしておきますので、読んだら削除してください。ニートの増加は大変な社会問題であり、就労や教育問題の視点のみで捉えるのではなく、社会の安全、経済政策や社会保障制度の再整備などの構造的問題として捉え、取り組むことが必要と思います。
サイトを見ました (クローバー)
2004-12-14 20:08:25
コメント頂き、ありがとうございます。

サイトを見させていただきました。

ニートの問題は大きな社会問題になっているのですね。勉強になりました。ありがとうございます。

私は、こういった問題の根源は、女が女を生き切っていないところにあると思っています。女の心が充実し、その役割を自覚し、女が、母が、幸せであることが、その子供たちの社会に対する信頼につながって行くと思っています。
女を生きる・・すばらしいな (HageOyaji)
2004-12-15 20:20:46
クローバーさま、こんばんわ

 貴女の日記の始まりに、≪むしろ積極的に『女を生きる』女性がいてもいいんじゃないかしら・・・≫と書かれておりますが、HageOyaji熟年族は大いに頼もしく、期待感で一杯です。私の本職はファシリテーターであり、途中でキャリア教育に興味を持ち、高校生向けにHageOyaji通信を配信しております。先日教育委員会より要請があり、≪らしくあれ≫というタイトルで高校の管理者(校長、教頭)に講演しましたが、今の管理者には男らしく、女らしくという教育はマイナス要因に捉えておられるようで、教育の構造改革は管理者を含めた教師から始めなければと痛感しました。クローバーさん、高校生に是非コメントを発信してください。

うれしいコメントをありがとうございます (クローバー)
2004-12-16 01:06:29
高校での講演活動もなさっておられるのですね。若い人たちは本当は何が正しいか、心の底ではわかっているのです。ただ、はっきりと自信を持って言葉に出して提言する大人が少ないから、スイッチが入らないだけだと思います。HageOyajiさんのように、高校生へ、的を絞っての発信をなさっておられることは、すばらしいと思いました。

どのようになさっているのですか?
携帯への配信を・・・ (HageOyaji)
2004-12-16 17:32:44


クローバーさん、こんばんわ



 今、一番の悩みは各学校によっては、フリーメールの主催するプログにアクセス出来ないようにブロックしている点です。



 一部の生徒は、QRコードを読み取って携帯で読んでいるとのメールを頂きますが、当然、HageOyaji通信は学校内のパソコンで読めないことですので、他の対策を考慮中です。



 何か良いアイデアはありませんか?



 ですので、読まれている多くは親、教育者、その関連の方々だと思います。





 英語やビジネスマナーなどの問題を毎回少しずつ携帯に配信して、ちょっとした空き時間に画面上で解答させたり、解説を読ませる研修サービスの記事が、日経新聞に掲載されていましたね。



 そういえば、アメリカの高校で教師が宿題をクイズ形式にして携帯に送り続けたら、クラス全体の成績が伸びたと言う話もありますからね。



 携帯電話でHageOyaji通信を発信と言うのは、意外に若い世代の感覚に合うのかもしれませんね。



 しかし、棺桶に足を入れながら頑張るHageOyajiには、字数(ドコモの場合)問題など悩みが多いです。



ありがとうございます (クローバー)
2004-12-18 20:22:12
まだまだ、研究しなければならないことが多いですね。

出来ることから、トライしてみます。

ありがとうございます。

また、HageOyajiさんのプログを見させていただきたいと思います。

コメントを投稿

女を生きる」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

第9話≪ニートとは≫ (HageOyaji通信)
 高校生のみなさん、(^◇^)ノ お~ぃ~ゲンキか!  フリーターは、「働く意志がありながら職に就けない人」を指しており、社会との関わりを持っているか、あるいは積極的に持とうとしているのです・・・・が、「ニート」は?。  日本でも昔から「親のすねかじり」(今