オートバイ・・・

・オートバイは主にGPZ900Rとかツーリングのこと
・野球は野球 広島が好きだ
・サッカーは主に愛媛FCの応援

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盗まれたリード君

2006年02月15日 | オートバイ ツーリング編
 2006年1月17日火曜日の日中、高松市内某所のアパートで1台の第二種原動機付自転車が盗まれた。それが、俺ご愛用のスペシャルリード君(LEAD90)である。ノーマル然としたカスタムがイケイケの、とってもかっこよくて便利でかわいくて元気な奴だった。たくさんの愛と思い出が詰まっていた。そのリード君が盗まれたのである。おそらく近所のクソガキだろう。かわいそうに。

 警察に被害届を出し、それでも発見されぬまま時間は過ぎていった。そして、盗難事件から3週間ほど経過した2月9日木曜日、高松南警察署から電話が入った。リード君発見の一報である。電話で話を聞くと、もう直せないぐらいの酷さらしい。だが、俺は「そんなひどいことないやろー」みたいな感じで、俺の腕でまだ直せるぐらいだと思っていた。そして翌日実車を確認しに行ったわけだが・・・・・・・


なんじゃこりゃああああああ!!!!!!!



こんなに酷いとは思わなかった。ちょっと未練があったけど、もうどうすることもできないと思って、警察に処分を依頼することにした。本当は被害者が引き取って自分で処分しなければならないらしいのだが、如何せん状態が悲惨すぎるとのことで、特別にしてくれるらしい。写真を数枚撮って、その場を後にした。周りには他にも盗難バイクが数台保管されていた。

 話によると、なんかゆめタウン南側の池(どこじゃい!)に捨てられていたらしい。水没していたところを発見されたという。どうせ捨てるのならきれいな状態のままどこかに放置しておいてくれていたほうがよかった。ちきしょう。

 ニンジャ君にはバイクカバーにゴジラで盗難対策をしているが、最近はそれでも心配です。盗まれてからでは遅い。きちんとした盗難対策をしておかなければならない。物騒な世の中だな・・・。

ジャンル:
事故・盗難
コメント   この記事についてブログを書く
« マフラー交換時の小話 | トップ | 写らん会 in 津田の松原 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オートバイ ツーリング編」カテゴリの最新記事