きららのきらきら生活

ただ今のんびりソウル旅行記アップ中です~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画 『つぐない』

2008-04-14 | ☆2008年*鑑賞映画☆

  ☆公式サイト

ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。
幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。

1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。
政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と思いを通わせ合うようになる。
しかし、小説家を目指す多感な妹ブライオニー(シーアシャ・ローナン)のついたうそが、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまう。


本年度アカデミー賞作曲賞受賞作品

ってことで、あんまり期待していなかったけどマカヴォイ見たさに(?笑)観てきましたー。
淡々と進む物語の中にも役者たちの演技が光っていて、そしてなによりやっぱり音楽が良かったです♪

 主演はキーラなのかと思いきや、、、ちょっと違ったかな。

この手前にいるセシーリアの妹、ブライオニー目線で物語は進んでいきます。
キーラは、、、イマイチ好きになれない女優さんなんだけど、どんどんよくなっていきますねー。
クラシカルな雰囲気がとっても似合う!
そして子供時代のブライオニーを演じるシーアシャ・ローナンがまた素晴らしく良かった!ってだけに憎たらしくて仕方なかったよー。

 ジェームズ・マカヴォイ

ステキ度は「ペネロピ」には及ばないけど、彼も良かったですー。
お嬢さまに惚れてしまう頭の良い使用人の息子、、、って設定がぴったりだった気がします。
戦争のシーンが思っていたより長くてビックリデシタ。

   ひとつのウソが運命を大きく変えてしまうー。


こちらの作品、観ている最中や観終わった直後よりも少し時間がたってからのほうがじわじわと感動がやってきました。
ちょっと淡々としている部分があって、うとうとしちゃったけどー(ってかやっぱりテアトルタイムズスクエアのイス、悪すぎ!)、大きな余韻を残してくれるような作品。

多感な少女があこがれの男性を思うあまりに憎くもあり、そこでついてしまった取り返しのつかないウソ。
そのウソが愛し合う男女を引き裂き、そして彼女もまた一生罪の意識と共に生きていくことになってしまう。
ブライオニーの3世代の役者の移り変わりが似ている役者さんだったみたいで、とっても自然でした。(でもずーっと同じ髪型なのは不自然)
しかし娘時代のブライオニーが「罪を負って生きている」人にどうしても見えなくて、、、だからこそラストの展開に驚いてしまいました。
あの年齢になってからこそやっと自分の罪を告白することが出来るようになったのかな。21作目の作品って言っていたけど、、、せめて10作目くらいで言えよ!とか思っちゃった☆

音楽の使い方がひじょーにステキでした。タイプライターやモノをたたく音がリズムとなって音楽と重なっていくのは見事だったなー。普段音楽に聞き入ることがないわたしでもうっとりしちゃいました。
あと時間がいろいろ交差していくのが良かった。最初は「んん?」って思ってしまったんだけど、同じシーンを別の視点からもう一度見せてくれたり。それがイヤミっぽくなくて自然なんだよねー。

いくら子供といえども、罪を告白したとしてもブライオニーのしたことは許せず、かってに罪をおって生きてくれよーと思ってしまったんだけど、その代わりにロビーとセシーリアの悲恋は、、、思えば思うほど切なくなってきます。
あの真実、悲しすぎです。。。それゆえに海辺のコテージでの幸せそうなふたりがとても幸せそうなのに悲しく思えてくるのです。


  ★★★★☆    


役者・映像・音楽がどれもとても魅力的な作品。さすが話題になっただけありました!見ごたえありー。


*5月2日、2回目鑑賞してきました!

オープニングタイトルのタイプライターの音から胸がぎゅっとするくらい悲しくなってしまった。
そして途中のタイプライター音もブライオニーが過去のあやまちを文章にしている音なのかなと、思うと苦しくて、、、。
1度目は何を見ていたんだ?ってなくらい2回目鑑賞はとてもまた新鮮な驚きがいっぱいで、
戦場シーンの長回しとか、、、1度目は気づかなかったよー。あれ、すごかったです。
そしてラストはボロ泣き。。。
やっぱり子供といえどもブライオニーのついたうそは許せなかったけど。。。。結局はウソがあってもなくてもセシーリアとロビーの運命はこういう風になってしまったのではないか?と改めて思いました。


★★★★★   今のところ今年1番かも!


Comments (20)   この記事についてブログを書く
« 映画 『王妃の紋章』 | TOP | 『BURN ‐フメツノフェイス‐』... »
最近の画像もっと見る

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2008-04-14 23:31:47
きらりん☆
コメントTBありがと
絵文字が変わってる~。

マカヴォイも良かったけど、シーアシャ・ローナンがやっぱり良かったナ、
ラストにかけてがまた想像してたのと違ってて悲しくてすごく印象的
きらりん最近すごい観てるね~!
明日はザンネンながら試写ないのヨ~
何を観るのかにゃ?楽しんできてね~
爆笑~~ (latifa)
2008-04-15 08:54:13
きらささん~こんにちは!
>ブライオニーの3世代の役者の移り変わりが似ている役者さんだったみたいで、とっても自然でした。
 うん、うん、私もそう思ったわ!
⇒(でもずーっと同じ髪型なのは不自然)
これ笑っちゃった~。でも解りやすかったよねw。

>しかし娘時代のブライオニーが「罪を負って生きている」人にどうしても見えなくて、
 それ、あった!!

>21作目の作品って言っていたけど、、、せめて10作目くらいで言えよ!とか思っちゃった☆
 これも爆笑!!
あの役を演じた人が主演していた「ジュリア」って古い映画を先日BS2で見たのね。(若くて綺麗な頃ね)見た後に、この女性って他に何に出てるんだろ?って見たら、うぎゃ~「つぐない」のあのおばあさまかい!!って、ものすごいビックリしたわ~。
こんにちは! (kira)
2008-04-15 10:58:45
きららさん、私もこれ、
今年の劇場観賞作の上位にきました、好きな作品です~

>21作目の作品って言っていたけど、、、せめて10作目くらいで言えよ!とか思っちゃった☆
ホント、ほんと!
あの時私も心の中で、遅っ~って突っ込んでましたよ

マカヴォイくん、今回も嵌っててステキでしたわん
migちゃん♪ (きらら)
2008-04-16 06:41:31
わわわー!
早速来てくれてありがとう
まだ忙しいでしょー。だいじょうぶか?


そうそうー。
あの妹、、かなり憎たらしいけどそれってやっぱりすごかった、ってことだもんね。
アカデミーノミニーだったんだねすげー。まだ子供だよね。。。

そしてあのラスト悲しすぎるよぅ~。

昨日観てきたヤツはなかなかおもしろかったよ
次は何観るかなー?トムのやつはどうなんだろ?
きららさぁ~ん♪ (ルールー)
2008-04-16 20:19:52
こんばんはー☆
長い?(といっても3週間強くらいかしらん)映画的お休みを経て、続けていろいろ観てきましたわ。
記事がまだ書けてないのでまたあらためて来ますけど、今日はこの『つぐない』観てきたのよー
でも、きららさんの記事きちんと読んでから行けばよかった。。
伊勢丹にちょうど用事もあるからってテアトルタイムズスクエアで観たら、メチャ疲れちゃった・・・
なんか片頭痛のような、身体もバリバリに芯から疲れちゃったような。
シートが狭い上に(お隣との間のひじかけが狭くない?)クッションとかもあまり、、、ってな感じだよね?ココだけの話。

映画はとてもよかったです。
21作目というのは、それだけ自分の中で消化するのに時間がかかったということと、死の間際だからこそ書ける話というか、死を意識してようやく覚悟を決めたというか、真犯人は有名になり過ぎていたしあの従姉もわかっててというところがありそうだから、実名で書くことに躊躇したのかなーと思いました。
あの2人がまだ生きていたのなら、もっと早くに彼の名誉を回復してあげるべきだったけどね。。(ていうか、本来もっと早くに言うべきだったけどね^^;)
観ていて、妹が謝りに行ったシーンのいろんな部分に少し違和感があったので、最後にやっぱりそうだったのか、と納得。
でもあまりに哀しい2人の愛でしたね。。

とりあえず、ノーカントリーだけTBさせてもらいました。
今日はそんなわけで続きの記事が書けそうにないわ。
latifaさん☆ (きらら)
2008-04-16 21:50:30
こんばんは~

わはは☆
いろいろ笑ってくれてありがとうございます
あの3人の女優さんは髪型のおかげで不自然だけど自然でしたね
あの娘時代を演じた女優さんは「エンジェル」にも出ていたそうで、あの時も憎たらしく思っちゃったんですよー。イメージで観てはいけないですね
21作目って、、、本当に許してもらいたかったらもっと早く言うべきだと思うよねー。
まーそれがまた悲しさを深くさせてくれたのだと思います♪

「ジュリア」ってどんな作品なのかなー?
今度探してみます!
ホクロ (chikat)
2008-04-17 00:10:24
>でもずーっと同じ髪型なのは不自然
そうだったんだ~?
そこは気にならなかったんだけど、3人のうちの誰が本当のホクロの持ち主だか気になって仕方ありませんでした。
オダギリジョーの子役たちがよくホクロつけてるじゃないですか、あんな感じで…。
Unknown (りお)
2008-04-17 00:51:43
あは、わたしもうとうとしそうになっちゃったー
ちょっと中だるみするよね、この映画…

同じ髪型は絶対ヘンだよね!(笑)
ま、わかりやすくて良かったけど、やっぱり不自然だわ。
シーアシャ・ローナンが一番似合っていて可愛かった
kiraさん☆ (きらら)
2008-04-17 21:22:48
私も、、、うとうとしちゃった割には今年の上位に行くかもです
26日からは近所でも上映始まるのでもう一度観にいってしまうかもです

ふふふ☆
21作目ってのはやっぱり気になってしまいますよね。
なんであんな数字なんだ?
マカヴォイくんは良かったです~
ルールーさん♪ (きらら)
2008-04-18 21:58:33
ノーカントリーにTBありがと☆
いい作品ばっかり観ていますねさすがっっ!

この映画も素晴らしいものだけど、、、
やっぱりあの映画館はないですよねー
私は交通費ケチって定期でいける新宿を選んでしまったんだけど、、、やっぱり失敗でした
うんうん!あのひじ掛け&ドリンクホルダーはひどいです

ううんー
そうですよね、、、21作目に関してのルールーさんの見解、とてもわかりやすいです☆
でもそう考えるとただの「自己満足」にも思えちゃってねー
あの2人のラストというか真実の部分が悲しすぎて、あのばーさんが憎たらしく思えちゃったのだー。

体調復活しました?
映画館、、、これからはちゃんとチェックしていかねば、、、ですね

Recent Entries | ☆2008年*鑑賞映画☆

Similar Entries